2019年10月09日

長浜・竹生島紀行(翼果楼)

FJ3132320002.jpg

JR長浜駅に降り立ったのは実に久し振りである。街中を散策するのは、大昔、長浜の曳山を見に行ったとき以来ではなかろうか。今回は時間もあったため、街中をぶらぶら散策した。その前に腹ごしらえである。開店直後の“翼果楼”(長浜市元浜町7-8)に入り、焼鯖そうめんと焼鯖寿司を注文した。日中は入店を待つ人で大行列になるお店である。今回、わざわざ早起きをして長浜に向かったのは、行列が出来る前の“翼果楼”に入店し、お目当ての焼鯖そうめんと焼鯖寿司を食べることが目的であった。所期の目的を達成して満足である。もちろん、焼鯖そうめんと焼鯖寿司も満足の味であった。ただし、そうめんが湯がいたままの温かい状態で出されることは知らなかった。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする