2019年10月28日

後藤明生を読む会(第42回)のお知らせ。

2009年の年末以来、大学時代の同窓生たちと内向の世代の小説家・後藤明生(1932年〜1999年)をめぐる勉強会を立ち上げようと話し合って来た。これまでに何度も会合を重ねた。そして、2010年8月29日に第1回の読書会をもよおすことが出来た。以後、勉強会を重ねて来ている。参加は自由。興味のある方はいらっしゃって下さい。

■第42回後藤明生を読む会の御案内
2009年の暮れから有志で集まり、内向の世代の文学者・後藤明生の評論集を制作・刊行してみようと話しあってまいりました。それに先立ち、後藤明生の文学をより深く理解するため、これまでに「後藤明生を読む会」を企画・運営し続けております。後藤作品について共同で討議をするなかでお互いの認識と協同性を高めあい、後藤明生論集を執筆・刊行してゆく道筋をつけていければと考えております。特に発表者と聞き手とが相互に入れ替わることで各人がテクストの読み手であると同時に書き手であるという相互変換的な存在へと成長していければと願っております。さて、来る11月30日、第42回の「後藤明生を読む会」をもよおします。今回も、前回に引き続き、有志の後藤明生論についての合評会も予定しております。参加資格などは一切ありません。興味のある方はいらっしゃって下さい。

日時 2019年11月30日(土)13:00〜17:00
場所 プレラにしのみや6階603集会室
前半:後藤明生とわらべ歌
後半:有志の論文の検討など
会費 200円程度(会場使用料を参加者人数で割ります)
その他 終了後、某所で懇親会をおこないます(会費は別途)
会場は「GSW読書の会」として確保しています
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

安聖民パンソリの世界in浄住寺vol.5〜お堂に響く声の彩り、言葉の紡ぎ

EIHiaptU8AApmL0.jpg

演題:安聖民パンソリの世界in浄住寺vol.5〜お堂に響く声の彩り、言葉の紡ぎ
日時:2019年11月3日(日)午後1時30分(開場)/午後2時(開演)
住所:京都府京都市西京区山田開キ町9(葉室山浄住寺)
料金:前売り2000円/当日2500円
電話番号:06-6711-7602(金恵美)
アクセス:阪急電鉄「上桂駅」より徒歩約15分
参考URL:京都の古刹でパンソリを!「安聖民パンソリの世界in浄住寺」(https://www.travel.co.jp/guide/article/40478/)
posted by 乾口達司 at 00:55| 奈良 ☁| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

MIHOミュージアム特別展『The 備前』

FJ3132810001.jpg

招待券をもらったため、12月15日まで開催中のMIHOミュージアム特別展『The 備前』へ。室町時代の古備前から現代の作家ものまで多数展示されており、なかなか見応えがあった。現代の作家ものは造型が奇抜で、生活雑器としてはじまった備前焼の展開が良くうかがえる。それはそれで面白かったが、古備前の方も楽しめた。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信楽で昼食

FJ3132800001.jpg

朝から信楽へ。“中華料理吉勝”(滋賀県甲賀市信楽町柞原26-1 )を訪れた。はじめて訪れたお店である。台湾ラーメンとチャーハンのセットメニューを注文。チャーハンの量が多かった。相方が注文したランチメニューにはトリの唐揚げがついていた。こちらもあまりに大きくて驚いた。

posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

西国三十三所巡礼(宝厳寺)

FJ3132400001.jpg

竹生島に渡った目的の一つに、西国三十三所第三十番札所・宝厳寺の巡拝があった。船から降りると、きわめて急な石段を大急ぎで登った。しかし、すでに納経所の前は大行列であった。一人で何十冊もの納経帳を持参しているものがいたようである。そのために長蛇の列となっていたのである。結局、30分くらいは並んだのではなかろうか。待っているあいだに蚊に刺された。
posted by 乾口達司 at 05:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 西国三十三所巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

長浜・竹生島紀行(竹生島)

FJ3132410001.jpg

翌朝は竹生島を目指した。長浜港からだと遊覧船で約30分である。生まれてはじめての竹生島である。宝厳寺や都久夫須麻神社を大急ぎでまわった。工事中の唐門は拝観が叶わなかった。もうそろそろ修復工事が終わるようである。次回は唐門を見学するために再訪しようと思っている。
posted by 乾口達司 at 01:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

長浜・竹生島紀行(琵琶湖)

FJ3132390001.jpg

ホテルではプールにも入った。しかし、八月も終わろうかというこの時期はすでに涼しく、プールサイドで長くくつろぐことは出来なかった。ホテルには温泉もあったので、そちらの方がありがたかった。目の前は琵琶湖である。夕景が美しかった。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

長浜・竹生島紀行(長浜城跡)

後の豊臣秀吉が築城した長浜城の跡地には、現在、模擬の天守閣が建っている。内部は歴史博物館として使われている。屋上からは琵琶湖を一望することが出来た。すぐ近くには人柱となった女性をまつる神社も残されていた。戦国時代の末期においてなお人柱にされた女性がいたということに憤慨した。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

台風19号。

FJ3132790002.jpg

台風19号の接近により、金曜日の深夜から雨風がひどかった。おかげで明け方頃から雨漏りがはじまった。雨漏りの場所は台所の出窓である。雨水を受けるため、あわてて鍋やボウルを並べて、緊急対応。雨漏りは夕方まで断続的に続いた。関東在住の親族や知り合いは大丈夫だろうか。浜松のMは雨の止み間に犬の散歩に出掛けていたという。これはこれで呑気である。しかし、心が和んだ。どうか無事で。
posted by 乾口達司 at 03:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本橋で一杯。

191011_1931~010001.jpg

金曜日の夜は仕事帰りに日本橋へ。来月の打ち合わせをかねて相方と吞んだ。おもむいたのは“とり鹿”(大阪市中央区日本橋1-3-5)である。親子丼まで食べるつもりであったが、焼き鳥で早くもお腹がいっぱいになり、今回もたどり着けなかった。二軒目で訪れた某店も美味かった。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

長浜・竹生島紀行(大通寺)

FJ3132360001.jpg

大通寺は大きくて立派なお寺である。かつての長浜城の追手門を移築したという脇門を見学するため、久し振りに訪れた。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

長浜・竹生島紀行(海洋堂フィギュアミュージアム黒壁龍遊館)

FJ3132330001.jpg

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁龍遊館も訪れた。私はフィギュアの類にはまったく興味がない。しかし、相方に誘われて入ってしまった。フィギュアもさることながら、海洋堂の歴史を紹介した年表を見入っていた。館内には等身大のケンシロウや大魔神もいた。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

長浜・竹生島紀行(翼果楼)

FJ3132320002.jpg

JR長浜駅に降り立ったのは実に久し振りである。街中を散策するのは、大昔、長浜の曳山を見に行ったとき以来ではなかろうか。今回は時間もあったため、街中をぶらぶら散策した。その前に腹ごしらえである。開店直後の“翼果楼”(長浜市元浜町7-8)に入り、焼鯖そうめんと焼鯖寿司を注文した。日中は入店を待つ人で大行列になるお店である。今回、わざわざ早起きをして長浜に向かったのは、行列が出来る前の“翼果楼”に入店し、お目当ての焼鯖そうめんと焼鯖寿司を食べることが目的であった。所期の目的を達成して満足である。もちろん、焼鯖そうめんと焼鯖寿司も満足の味であった。ただし、そうめんが湯がいたままの温かい状態で出されることは知らなかった。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

長浜・竹生島紀行(出発)

8月31日・9月1日の1泊2日で滋賀県の長浜および竹生島を旅した。前日までは仕事に追われ、帰宅後、残っていた原稿の仕事をやり終える。そして、翌朝は早朝に起床した。まったくやれやれである。リュックに荷物を詰め込み、いざ出発。特急に乗り込んで京都駅を目指した。京都駅からは在来線を利用した。在来線で滋賀県に乗り込むのは1年振りではなかろうか。1時間余りでJR長浜駅に到着した。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

龍谷大学龍谷ミュージアム特別展『日本の素朴絵−ゆるい、かわいい、たのしい美術−』

FJ3132780001.jpg

招待券をもらったため、龍谷大学の龍谷ミュージアムでもよおされている特別展『日本の素朴絵−ゆるい、かわいい、たのしい美術−』を観覧した。その名のとおり、日本の「素朴」な造型の絵画や彫像が展示されていた。「へた・うま」の味わい深い作品が目白押しであったが、思いがけず、岩瀬文庫コレクションの『漂流記集』を拝観出来たのは有難かった。「江戸時代に出現したUFO?」として一部では知られている「うつろ舟」の記事が掲載された書物である。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都市の東寺(観智院)

FJ3132750001.jpg

東寺まで出掛けると、以前はしばしば塔頭の観智院まで足をのばしたものである。縁側に座って庭を眺めながら、のんびりと過ごしたものである。高校生や大学生の頃は特にそうだった。招待券をもらったこともあり、今日は久し振りに出掛けることが出来た。お気に入りの縁側は健在だった。無作法ではあるが、足を投げ出してのんびりした。
posted by 乾口達司 at 05:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都で昼食。

FJ3132710001.jpg

京都まで出掛けたついでに“ミスター・ギョーザ”(京都市南区唐橋高田町42)へ。店内で食べるのは久しぶりである。持ち帰って食べるのも良いが、店内で食べるのはやはり格別である。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

伊丹市の有岡城跡(伊丹城跡)

FJ3132640001.jpg

かねてより訪れたいと思っていた有岡城跡(伊丹城跡)を訪れた。南北朝時代、伊丹氏によって築かれ、織田信長の畿内進出後はその配下・荒木村重に支配されることとなった城郭である。村重が信長に謀反を起こした後、説得に訪れた後の黒田如水が幽閉されていたところとしても知られる。周囲に堀や土塁をめぐらし、城内には本丸のほかに武家屋敷、町人屋敷なども展開させたいわゆる惣構の城郭で、さながら小さな都市国家の様相を呈している。その全長は南北1.7キロメートル、東西800メートルにもおよぶという。今回、本丸跡のほか、「岸の砦」のあった猪名野神社、「女臈塚砦」のあった墨染寺などをめぐったが、実際に歩くと、その規模に驚かされる。信長軍の攻勢に一年も持ちこたえた理由が良く分かった。
posted by 乾口達司 at 05:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

園田で一杯。

FJ3132680001.jpg

園田ではじめて夕食をとった。訪れたのは中華料理の“龍華”(尼崎市東園田町2-173)である。酢豚定食を注文。美味かった。どこにでもある街の中華料理屋であるが、ここは何を食べてもおいしいのではなかろうか。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

船詰神社の「船詰狂言」

FJ3132670001.jpg

先日の28日は尼崎市の船詰神社に参拝した。第9回の「船詰狂言」を鑑賞するためである。演目は「膏薬練」と「千鳥」。どちらも馬鹿馬鹿しい話で笑えた。やっぱり狂言は面白い。誰でも無料で鑑賞させていただけるのも有難かった。来年も訪れよう。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

増税。

今日から増税。仕事柄、軽減税率の問題などいろいろ大変である。税率8パーセントのあいだに買っておこうとするものたちで、先月末は駅の通勤定期売り場も混雑していた。私自身も早めに定期券を買っている。しかし、ほかのものよりも少し早めに買い求めたためか、長蛇の列に並ばなくても済んだのは幸いであった。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする