2019年09月15日

京都大学総合博物館企画展『地の宝U 比企鉱物標本』

FJ313253000c.jpg

FJ313251000a.jpg

京都大学総合博物館の企画展『地の宝U 比企鉱物標本』へ。愛媛県の市之川鉱山で採掘された輝安鉱の結晶がやはり素晴らしかった。他にも目を見張る鉱物が多かった。おかげで思いのほか時間をとられてしまった。
posted by 乾口達司 at 20:35| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡山紀行(美作後南朝皇統第九代・良懐親王陵)

FJ3132100001.jpg

FJ3132080001.jpg

旧柵原鉱山の近く、飯岡地区には美作後南朝の皇統を継いだ第九代・良懐親王の「陵墓」が残されている。田んぼのなかにぽつんと残る祠がそうであるという。祠の横からは樹木が伸びている。良懐親王は江戸時代中期の人。美作後南朝第八代・高仁天皇の皇子であったが、幕府によって「親王」の称号をはく奪された後、1709年、吉井川を船で下っているさなかに船が転覆し、溺死。当地に埋葬されたという。ささやかな参道には、美作後南朝の歴史を詳しく綴った石碑が堂々と並べられている。驚いたのは、その石碑に高仁天皇が「正史」に登場する後水尾天皇からの「譲位」を受けて正式に即位していると記されていることである。慌てた幕府は後水尾上皇に撤回を要求。上皇はそれに屈して明正天皇が正式に即位したという。いわゆる「紫衣事件」に美作後南朝がかかわっているとはまったく知らなかった。まさしく驚天動地の歴史がその石碑には刻まれている。それを見るだけでも一見の価値がある。いや、驚いた。
posted by 乾口達司 at 08:20| 奈良 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡山紀行(美作後南朝第三代・忠義天皇陵)

FJ3132250001.jpg

FJ3132260001.jpg

かつての美作国に南朝の末裔がおり、江戸時代中期まで、代々、皇位を継承していたという話は、以前、原三正の『美作天皇記』を読んで知っていた。しかし、実際に彼らの「陵墓」を訪れるのは、今回がはじめてである。写真は後南朝第三代・忠義天皇陵である。墳丘は神社となっており、その頂上には小さな祠がまつられている。その脇には忠義天皇陵を示す石碑が堂々と建立されている。岡山県の県北には、われわれにとって「正史」とされるものとは違うもう一つの歴史が流れているようだ。
posted by 乾口達司 at 01:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コットンボール収穫。

FJ313249000a.jpg

ベランダで栽培している綿に今年もコットンボールが出現した。いつのまに出現したのだろうか。まったく気が付かなかった。何しろ別の綿にはまだ黄色い花がついているのである。これから次々とコットンボールが出現するだろう。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする