2019年05月31日

ソウル紀行(帰国)

帰国は入国と同じく仁川国際空港からである。さいわい、窓際に座ることが出来た。離陸直後、ソウルの街を見下ろせるかと思っていたが、残念ながら、反対側であった。日本列島に入ると、雲が厚みを増して来た。雲のなかに突入すると、機体が大きく揺れた。関西国際空港は雷雨であった。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする