2019年05月28日

ソウル紀行(マスクと日本人)

日本を旅立つとき、マスクをつけていた。花粉症であるからだ。しかし、ソウルに滞在中、マスクをつけていると、韓国人から日本語で話しかけられる機会が多かった。マスクをつけていないと、誰も話しかけて来ない。どうやらマスクをつけているものは日本人であると認識されているようである。これは新たな発見であった。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする