2018年05月29日

後藤明生を読む会(第37回)のお知らせ。

2009年の年末以来、大学時代の同窓生たちと内向の世代の小説家・後藤明生(1932年〜1999年)をめぐる勉強会を立ち上げようと話し合って来た。これまでに何度も会合を重ねた。そして、2010年8月29日に第1回の読書会をもよおすことが出来た。以後、勉強会を重ねて来ている。参加は自由。興味のある方はいらっしゃって下さい。

■第37回後藤明生を読む会の御案内
2009年の暮れから有志で集まり、内向の世代の文学者・後藤明生の評論集を制作・刊行してみようと話しあってまいりました。それに先立ち、後藤明生の文学をより深く理解するため、これまでに「後藤明生を読む会」を企画・運営し続けております。後藤作品について共同で討議をするなかでお互いの認識と協同性を高めあい、後藤明生論集を執筆・刊行してゆく道筋をつけていければと考えております。特に発表者と聞き手とが相互に入れ替わることで各人がテクストの読み手であると同時に書き手であるという相互変換的な存在へと成長していければと願っております。さて、来る6月23日、第37回の「後藤明生を読む会」をもよおします。今回は有志の後藤明生論についての合評会を予定しております。参加資格などは一切ありませんが、諸事情により、今回は特別に大阪市内の某所にておこないます。詳細は参加希望の方にのみご連絡します。参加ご希望の方は、「後藤明生を読む会について」という件名のもと、下記のメールアドレスまでご連絡ください。

連絡先 naranarata@yahoo.co.jp(@を半角にしてご送信ください)
日時 2018年6月23日(土)14:30〜17:00
場所 大阪市内某所
テキスト 有志の後藤明生論(参加希望者には6月中旬までにあらかじめメール送信させていただきます)
会費 500円程度
その他 終了後、某所で懇親会をおこないます(会費は別途)
posted by 乾口達司 at 03:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

2日間だけのオープン商店街@京終

FJ3125420001.jpg

京終界隈で昨日と今日だけもよおされている「2日間だけのオープン商店街」へ。昨日と今日だけ開かれているクッキー・珈琲屋、野菜・雑貨屋、本屋を見てまわる。京終駅にも立ち寄ると、改装工事によって綺麗になっていた。こういったもよおし、応援したい。
posted by 乾口達司 at 16:47| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

ビワの実。

FJ3125330001.jpg

午後、まいこ先生宅でビワの実を発見。小学生の登下校のとき、研究用に栽培されていた大学構内のビワの実を次々に食べて叱られたことを思い出した。しかし、叱られたといっても、私ではない。共犯者の方がいつも叱られていた。そろそろ梅雨である。梅雨といえば、ビワの実を思い出す。
posted by 乾口達司 at 19:39| 奈良 | Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

京都市の京都ハリストス正教会。

FJ3125210001 (003).jpg

先日、京都市中京区の京都ハリストス正教会へ連れていってもらった。そういえば、こんな教会があったなと思い返した。東方正教会の建物である。明治30年代の建立であるという。内部にはたくさんのイコンが掲げられているということであったが、訪れたときは閉まっていた。
posted by 乾口達司 at 23:14| 奈良 ☔| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

京都で一杯。

FJ3125260001.jpg

夜はAをともなって新京極で呑んだ。先月に引き続き、立ち寄ったのは“キリンシティ新京極店”(京都府京都市中京区新京極四条上ルレストランスターB1F)。ビールを大量に飲んでしまった。愉快な酒であった。
posted by 乾口達司 at 00:14| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

-joyful-@Art Space-MEISEIと下御霊神社の還幸祭。

FJ3125180001.jpg

24日までおこなわれているArt Space-MEISEIの「-joyful-」展へ。Aの作品を眺めていると、通りで太鼓の音が聞こえて来た。通りに出てみると、お祭りのお渡り行列が下御霊神社へ向かっていた。下御霊神社の還幸祭であるという。こんなお祭りがあるとは知らなかった。珍しかったので写真を撮った。
posted by 乾口達司 at 00:13| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

-joyful-@Art Space-MEISEI

DdNDBdSUwAED4BI.jpg

- joyful -
奥田耕司・上仲竜太・川崎洋・百武尚美・洪亜沙・まきみち・山本彩
日時:2018年5月15日〜24日/11:00〜18:00(最終日17:00)
於:Art Space-MEISEI(京都市中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町3)
posted by 乾口達司 at 09:50| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

紀寺町のアンデス。

FJ3123890001.jpg

久しぶりに“アンデス”(奈良市紀寺町400-9) の食パンを購入する。お気に入りのパンの一つである。
posted by 乾口達司 at 23:17| 奈良 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

安聖民パンソリの世界@浄住寺

FJ3125090001.jpg

土砂降りの大雨のなか、京都へ。招待券をいただいたため、龍谷ミュージアムの特別展を観覧。その後、上桂の浄住寺でおこなわれる「安聖民パンソリの世界vol.3-お堂に響く声の彩り、言葉の紡ぎ」を観覧。大雨にもかかわらず、思いのほか、観客が多くて驚いた。スタッフの面々の活動には脱帽である。もちろん、パンソリも楽しめた。それにしてもひどい雨であった。おかげで全身ずぶ濡れになってしまった。
posted by 乾口達司 at 19:51| 奈良 ☔| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

寿司。

FJ3124990001.jpg

先月に引き続き、撮影用の寿司をいただく。今夜、いただいたのは一人分だったため、どこにも寄らずに帰宅。おかげで自分以外のものに食べられることなく、すべてを自分の腹におさめることが出来た。美味しかった。Wさん、ありがとう。
posted by 乾口達司 at 22:01| 奈良 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

安聖民パンソリの世界vol.3-お堂に響く声の彩り、言葉の紡ぎ

FJ3124440001.jpg

日時:2018年5月13日14:00〜
於:京都市西京区@葉室山浄住寺
前売り¥2000 当日¥2500
お申込み⇒ハンギル06-6711-7602 pannsori2014@gmail.com
posted by 乾口達司 at 23:54| 奈良 ☔| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

山添村の鍋倉渓。

FJ3124790001.jpg

数十年振りに山添村の鍋倉渓へ遊びに行く。谷間が巨石群で埋め尽されており、奇景を現出させている。伊賀の天狗と神野山の天狗とが喧嘩をして投げ合った岩が積み重なったものであるという伝説があるが、実際は風化にたえて残った岩石が谷底に堆積したものであるという。巨石の下を流れる水の音もした。
posted by 乾口達司 at 19:35| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京終の「ほてい湯」

FJ3123880001.jpg

銭湯へ。京終の「ほてい湯」に行くと、こどもの日(端午の節句)ということもあってか、湯船には菖蒲が浮かべられていた。菖蒲は邪気を払うという。しかし、健康という観点で菖蒲にどれだけの科学的な根拠はあるのだろうか。それはわからないままである。とにかくゆっくりつかった。
posted by 乾口達司 at 10:25| 奈良 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

ナムルとワラビご飯。

FJ3124830001.jpg

FJ3124900001.jpg

昨夜、採集したワラビでワラビご飯とナムルをつくった。ワラビご飯は3合炊いた。醤油大さじ2杯・酒大さじ2杯・みりん大さじ1杯を入れて炊くだけである。ナムルはごま油で炒めて醤油を少しかけただけである。美味しくいただいた。
posted by 乾口達司 at 19:31| 奈良 | Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐川美術館特別展『田中一村展』

FJ3124530001.jpg

佐川美術館で夏の特別展のチラシを発見。『田中一村展』である。これは行かねば。
posted by 乾口達司 at 19:24| 奈良 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

守山で昼食。

FJ3124450001.jpg

滋賀県守山市の“山さんラーメン”(守山市古高町622-4 )へ。鶏ガラ醤油ベースのラーメンはもちろん、やきめしも美味かった。
posted by 乾口達司 at 19:23| 奈良 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐川美術館特別展『神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展』

FJ3124490001.jpg

佐川美術館の特別展『神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展』を鑑賞する。アルチンボルドの作品「ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像」は皇帝に献上されたという。最初は皇帝を揶揄してあのような作品になったのか思っていたが、解説を読み、万物を統べる皇帝の権力と権威を礼讃するために作ったという。少なくとも公式にはいたって真面目な作品であることがわかって意外であった。
posted by 乾口達司 at 19:17| 奈良 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワラビの灰汁抜き。

FJ3124670002.jpg

昨夜は帰宅直後にワラビの灰汁抜きをおこなう。お湯にひたし、重層を少し入れるだけである。今朝、確認すると、真っ黒な灰汁が出ていた。
posted by 乾口達司 at 19:08| 奈良 | Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良町で一杯。

FJ3124640001.jpg

“竹の館”の後は“折衷旬彩 香月” (奈良県奈良市下御門町28-1)へ。マスターと日本酒談議で盛り上がった。日本酒の古酒というのもいただいた。
posted by 乾口達司 at 00:56| 奈良 | Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良町で一杯。

FJ3124620002.jpg

夜は“竹の館”(奈良県奈良市南魚屋町25)へ。久々におでんをいただいた。美味しかった。
posted by 乾口達司 at 00:53| 奈良 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若草山でワラビ採り(第2弾)

FJ3124590001.jpg

午後から若草山へ。先日と同様、ワラビを採る。すでに採取されている箇所もあったが、それでもたくさん採れた。蕨の芽吹く様子も間近で眺められた。
posted by 乾口達司 at 00:51| 奈良 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

上海紀行(老干媽の油辣椒)

FJ3124220001.jpg

空港で買い求めたお土産の一つに老干媽の油辣椒がある。上海滞在中、ホテルでは毎朝ラーメンを食べていた。そのラーメンに振りかける調味料の一つにこれがあった。たまたま空港で見つけたため、即座に買い求めた。確かに辛い。しかし、辛いだけではなく、独特の風味もある。ご飯にかけて食べるのも良い。病みつきになる逸品である。
posted by 乾口達司 at 08:59| 奈良 ☀| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

上海紀行(出前一丁黒蒜油猪骨湯味)

FJ3123550001.jpg

上海で買い求めたお土産のなかに袋麺の定番商品「出前一丁」がある。日本では販売されていない「黒蒜油猪骨湯味」である。ニンニクの香りが香ばしい。お勧めの一品である。
posted by 乾口達司 at 23:32| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

天理参考館特別展『大自然への敬意―北米先住民の伝統文化―』

FJ3124330002.jpg

FJ3124360002.jpg

天理参考館の特別展『大自然への敬意―北米先住民の伝統文化―』を鑑賞。北米大陸に暮らした先住民族の文物がずらりと展示されている。幾何学的な文様の織物や彩文土器には特に目を見張った。
posted by 乾口達司 at 17:01| 奈良 ☔| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

生駒山登山。

FJ3123900001.jpg

生駒山からの下山中、写真のようにゲージでかこわれた花を目にした。絶滅危惧種に指定されているという。生駒山には何度も登っているが、このような花も見られることにはあらためて驚いた。
posted by 乾口達司 at 19:08| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする