2015年08月18日

たびねす掲載情報139(池上曽根遺跡)

20150818-1.bmp

【たびねす】に第138回の記事【古都・奈良を幻想的に彩る光と影の催し「平城京天平祭・夏」】を紹介したことは8月10日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは大阪府の池上曽根遺跡です。ご覧下さい。

【最大級の弥生大型建物に圧倒!大阪府泉南地域の池上曽根遺跡】
日本を代表する弥生時代の遺跡といえば、みなさんはいったいどのような遺跡を思い浮かべるでしょうか。佐賀県の吉野ヶ里遺跡?奈良県の纏向遺跡?実は、大阪府南部の泉南地域にも、考古学上、きわめて重要な遺跡とされる「池上曽根遺跡」が存在します。今回は全国最大級の規模を誇る大型建物や井戸など、数々の埋蔵文化財が発掘された池上曽根遺跡をご紹介しましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/11933/
posted by 乾口達司 at 21:05| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | LINEトラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする