2014年11月30日

同窓生と一杯。

大学時代の同窓生と久し振りに再会した。そして、一緒に酒を呑んだ。かれこれ、4年振りだろうか。同窓生も頑張っているな。それが率直な感想であった。したがって、旧交をあたためたというよりも、未来に向って前向きに頑張ろうといった思いの方が強かった。
タグ:同窓生
posted by 乾口達司 at 20:56| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 同窓会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

雨。

夜中、激しい雨の音で目をさました。雨が降るとは思っていなかっただけに意外であった。雨は朝までしとしと降り続いた。ようやく止んだかと思っていたら、しばらくしてまた急に降り出した。こうやって少しずつ冬に近づいていくのだろう。そんなことを感じた今朝であった。
タグ:
posted by 乾口達司 at 23:58| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

たびねす掲載情報90

20141127-1.bmp

前回、たびねすに第89回【珍しい装束や供物を堪能!奈良・春日若宮おん祭「大宿所祭」】の記事について記したことは11月24日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは兵庫県三木市・伽耶院の正月風景です。ご覧下さい。

【文化財を堪能しながら山伏祈祷!兵庫県三木市・伽耶院の正月】
三木市の伽耶院(がやいん)は東播磨屈指の古刹。境内には重要文化財クラスの建造物や仏像が点在していますが、普段は静まりかえっている境内も正月三が日は参詣者で賑わい、数々の文化財を間近で拝観することも可能です。しかも、修験道と深く関わる由緒ある寺院であるということもあり、三が日は山伏によるお祓いやご祈祷も受けられるのです。今回は伽耶院の正月風景をご紹介しましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/7387/
タグ:山伏 正月
posted by 乾口達司 at 22:31| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

頑張る。

最近、いろいろなところで知り合いの消息を耳にする。それを聞くとみんな頑張っているなという思いを抱く。先日も北海道から嬉しいメールが届いた。北海道の知人も頑張っている。自分自身もこうしてはいられない。あと少し、頑張ってみようと思う。
タグ:
posted by 乾口達司 at 22:43| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

たびねす掲載情報89

20141124-1.bmp

前回、たびねすに第88回【オリジナル煎餅を作ろう!岡山県・畠山製菓の煎餅手焼き体験】の記事について記したことは11月21日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは奈良・春日若宮おん祭「大宿所祭」です。ご覧下さい。

【珍しい装束や供物を堪能!奈良・春日若宮おん祭「大宿所祭」】
春日若宮おん祭とは、奈良・春日大社の摂社である若宮社でおこなわれる例祭のこと。毎年12月17日には華麗な時代装束を身にまとった人々による「お渡り式」などがとりおこなわれますが、その祭礼の本格的なスタートを切るのが、12月15日の午後にもよおされる大宿所祭。今回は安産の霊験あらたかなものまでふくめた、珍しい装束や供物を見学できる大宿所祭についてご紹介しながら、おん祭の魅力に迫ってみましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/7305/
タグ: 春日大社
posted by 乾口達司 at 20:51| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

仕事。

3連休の中日に仕事。朝から出掛けた。仕事は夕方には終了。今日は珍しい出来事もあったため、気疲れをした。もう休みます。
タグ:仕事
posted by 乾口達司 at 23:33| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

たびねす掲載情報88

20141121-1.bmp

前回、たびねすに第87回【備前焼の歴史を物語る無数の陶片!岡山県伊部の備前陶器窯跡】の記事について記したことは11月16日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは岡山県瀬戸内市の畠山製菓・煎餅手焼き体験です。ご覧下さい。

【オリジナル煎餅を作ろう!岡山県・畠山製菓の煎餅手焼き体験】
煎餅といえば、お米を原料として作られるお菓子。カリッとした食感と香ばしいタレの香りが食欲をそそり、おやつとして愛用している人も多いはず。それだけに煎餅を製造・販売するお店も全国津々浦々にありますが、そんな煎餅を自分で焼いて試食することができるスポットが岡山県内にあること、ご存知でしたか?今回は煎餅手焼き体験のできる畠山製菓豊原工場を訪ね、自分だけのオリジナル煎餅の作り方をご紹介しましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/7263/
タグ:煎餅
posted by 乾口達司 at 23:45| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

岡山紀行(楯築遺跡)

20141120-1.bmp

岡山紀行(旧片上鉄道0キロポスト)→こちら
岡山紀行(伊部)→こちら
岡山紀行(鬼ノ城)→こちら

数年振りに楯築遺跡を訪れた。楯築遺跡は弥生時代の墳丘墓であるが、考古学の世界ではきわめて重要な遺跡である。なかでも、墳丘脇の収蔵庫におさめられた弧帯文石は興味深い。石の表面に刻まれた弧帯文には、いったいどのような意味があるのだろうか。収蔵庫の側面に設けられた小窓から内部に安置されている弧帯文石を眺めるのは一苦労である。写真も撮りづらい。今回も小窓と格闘し続けた。
タグ:遺跡
posted by 乾口達司 at 17:16| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

岡山紀行(鬼ノ城)

20141119-1.bmp

岡山紀行(旧片上鉄道0キロポスト)→こちら
岡山紀行(伊部)→こちら

今回の旅では岡山を代表する古代山城・鬼ノ城を生まれてはじめて訪れた。そして、その巨大さに圧倒された。石垣や土塁によって築かれた城壁が山頂の周囲3キロメートル近くにわたって取り巻いており、良くぞこのような巨大な山城を構築したものであると感心する。一説によると、663年の白村江の戦いにおいて敗れた倭国軍が本国防衛のために築いた防衛施設であるという。古代においてこれだけの規模のものはやはり一地方政権だけではとても構築するのは無理であろう。当日は天気も良く、遠く四国方面まで見渡すことか出来た。
タグ:
posted by 乾口達司 at 21:28| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

文学・春風の会編『春風』

20141118-1.bmp

先日、文学・春風の会編『春風』を編集されている某氏から『春風』vol.34を頂戴した。小説あり、随筆あり、作品評あり、俳句あり。みなさん、文学がお好きなんだな。そう思わせる同人誌である。これからゆっくり読ませていただきます。ありがとうございました。
タグ:雑誌
posted by 乾口達司 at 16:32| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

松井博之氏を偲ぶ会。

20140817-1.bmp

昨日は兵庫県西宮市で2012年8月17日に死去した文芸評論家・松井博之氏を偲ぶ会がおこなわれた。今回の偲ぶ会は、今夏、松井博之氏の遺稿集『<一>と<二>をめぐる思考―明治四十年前後』(文芸社)の刊行を記念してもよおされたものである。まずは私をふくめて3名の有志が松井博之氏の業績などについて基調発表をおこない、その後、ほかの参加者もふくめて全員でフリーディスカッションをおこなった。おかげで松井博之氏の文芸評論家としての業績や可能性、さらにはその限界点・問題点までも浮き彫りにすることが出来た。故人があの世で喜んでいるかどうか、それはさだかではない。しかし、私自身には有意義な一日であった。ご参加くださった皆さんに感謝申し上げます。
タグ:松井博之
posted by 乾口達司 at 22:11| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

たびねす掲載情報87

20141116-1.bmp

前回、たびねすに第86回【豪壮華麗な意匠は圧巻!神戸を代表する近代建築・白鶴美術館】の記事について記したことは11月14日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは岡山県伊部の備前陶器窯跡です。ご覧下さい。

【備前焼の歴史を物語る無数の陶片!岡山県伊部の備前陶器窯跡】
備前焼といえば、日本六古窯の一つにも数えられる陶器。その歴史は鎌倉時代にまでさかのぼるとされていますが、事実、それを物語るかのように、備前焼のふるさと・岡山県備前市の伊部地区には室町時代以降に築かれた古窯跡が幾つも保存されています。今回は国の史跡にも指定されている「備前陶器窯跡」をめぐり、備前焼の豊かな歴史を学びましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/7096/
タグ:備前焼
posted by 乾口達司 at 00:29| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

たびねす掲載情報86

20141114-1.bmp

前回、たびねすに第85回【岡山県内を疾走した旧片上鉄道!その出発駅・片上駅の痕跡を探る】の記事について記したことは11月12日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは兵庫県神戸市の白鶴美術館です。ご覧下さい。

【豪壮華麗な意匠は圧巻!神戸を代表する近代建築・白鶴美術館】
白鶴酒造といえば、神戸市東灘区に本社を置く、日本を代表する酒造メーカー。しかし、その経営者が無類の骨董好きで遂にはみずからの蒐集した骨董品を展示する美術館まで作ってしまったこと、ご存知ですか?それが今回ご紹介する白鶴美術館。数々の名宝もさることながら、建物自体が神戸を代表する昭和の名建築といえ、その豪壮華麗な意匠に圧倒されること、間違いありません!今回は白鶴美術館の建築美をご堪能いただきましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/7140/
タグ:美術館
posted by 乾口達司 at 23:14| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

たびねす掲載情報85

20141112-1.bmp

前回、たびねすに第84回【世界遺産・平城宮跡の地下世界!謎の塼積官衙が眠る遺構展示館】の記事について記したことは11月10日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは岡山県備前市の旧片上鉄道・片上駅です。ご覧下さい。

【岡山県内を疾走した旧片上鉄道!その出発駅・片上駅の痕跡を探る】
時代の移り変わりのなかで消えていった鉄道は全国に数多く存在します。岡山県東部の瀬戸内地方と山間部とを結んだ旧片上鉄道もそのうちの一つ。しかし、かつての片上鉄道を顕彰するために片上鉄道保存会が設立・運営されているほど、当路線はいまでも地元民や全国の鉄道ファンから愛され続けています。今回はその片上鉄道の出発駅であった旧片上駅の名残りを求めて駅の周辺を散策し、片上鉄道のありし日に思いを馳せてみましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/7091/
タグ:廃線
posted by 乾口達司 at 21:38| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

たびねす掲載情報84

20141110-1.bmp

前回、たびねすに第83回【奈良に雪山!?奇岩が幻想的な光景を見せる香芝市の「どんづる峯」】の記事について記したことは10月27日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは世界遺産・平城宮跡の遺構展示館です。ご覧下さい。

【世界遺産・平城宮跡の地下世界!謎の塼積官衙が眠る遺構展示館】
平城宮跡といえば、奈良時代の内裏や政庁が存在した平城京の心臓部。当時の遺構の大半は地下に眠っていますが、平城宮跡の一角にある遺構展示館では、発掘調査によって発見された当時の遺構が発掘当時のまま保存・公開されています。しかも、その地下に広がるのは「塼積官衙」と呼ばれる謎の区画なのです!今回は、奈良市にある「遺構展示館」の紹介を通して、平城宮跡の遺構がどのようなものかをご理解いただきましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/7051/
タグ:平城宮跡
posted by 乾口達司 at 21:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

岡山紀行(伊部)

20141109-1.bmp

岡山紀行(旧片上鉄道0キロポスト)→こちら

伊部といえば、いうまでもなく、備前焼のふるさとである。この日は久し振りに伊部周辺に点在する窯跡を見てまわった。写真は田畑の畦に転用されている備前焼の大壷である。こういった使い方もあるのだな。そう思って感心した。
タグ:備前焼
posted by 乾口達司 at 21:38| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

岡山紀行(旧片上鉄道0キロポスト)

20141108-1.bmp

岡山県の西片上には、1991年まで活躍し、その後、廃線となった旧片上鉄道の出発駅・片上駅の跡地が存在する。駅舎はすでに取り壊されているものの、駅舎の前にあったロータリーはそのまま残されている。ロータリー前のバス停の名は往時を偲ぶかのように「片鉄片上」となっている。写真は駅舎跡の西方に残されている0キロポスト。その近くには片上鉄道で活躍したディーゼル車も静態保存されている。
タグ:廃線
posted by 乾口達司 at 09:59| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

無事帰宅。

無事に帰宅しています。所用も兼ねてあちらこちらを見てまわりました。今後、そのあたりのことも少し紹介したいと思います。乞うご期待。
タグ:
posted by 乾口達司 at 21:36| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

旅に出ます。

所要で旅に出ます。数日で戻ります。探さないで下さい。
タグ:
posted by 乾口達司 at 08:16| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

平城宮跡の遺構展示館。

20141102-1.bmp

平城宮跡で秋の天平祭がおこなわれている。しかし、今日は午後から土砂降りの大雨となった。私も時間があったのでゆっくり見てまわろうかと思っていたが、雨にやられ、遺構展示館で雨宿りをしていた。写真は遺構展示館の屋外に展示されている礎石群。佐紀池近辺から出土したものであるという。遺構展示館を久しぶりに見てまわった後、雨がやんでから第一次大極殿付近を見てまわった。東院庭園では雅楽の音色が流れていた。
タグ:平城宮跡
posted by 乾口達司 at 21:23| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

大和西大寺で一杯。

昨夜は打ち合わせを兼ねて大和西大寺で呑んだ。訪れたのはチェーンの焼き鳥屋“鳥貴族”(奈良市西大寺栄町3-12梅守第一ピル3F)。以前、別の場所の“鳥貴族”を訪れたことがあるが、それもかれこれ十数年前のことである。物珍しかったこともあり、おかげで串を色々注文した。飲み物はビールからワインへと移行。帰宅したのは日付が替わる頃であった。
タグ:焼き鳥
posted by 乾口達司 at 15:26| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする