2014年10月27日

たびねす掲載情報83

20141027-1.bmp

前回、たびねすに第82回【リアリティあふれる演出!播磨町の兵庫県立考古博物館で古代を体感】の記事について記したことは10月24日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは奈良県香芝市のどんづる峯です。ご覧下さい。

【奈良に雪山!?奇岩が幻想的な光景を見せる香芝市の「どんづる峯」】
奈良でも真冬になると稀に雪が降り積もることがあります。しかし、それとは別に奈良県内には、一年中、白銀の世界を見せるスポットが存在します。その名は「どんづる峯」(屯鶴峯)。真っ白い奇妙な形の岩が連なる光景はまさしく奇勝であり、訪れるものを幻想の世界へといざなってくれます。今回は奈良県の天然記念物にも指定されているどんづる峯の秘密を探りながら、その独特の世界をご案内しましょう。
(続きは以下のURLをクリック!)

http://guide.travel.co.jp/article/6826/
ラベル:どんづる峯
posted by 乾口達司 at 22:18| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする