2014年04月19日

後藤明生をめぐる旅(福岡篇・学生歌歌碑1)

20140419-1.bmp

後藤明生をめぐる旅(福岡篇・H氏と)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・朝倉高校)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」1)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」2)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」3)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」4)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」5)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・「五月の幻想」6)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・後藤明生文庫)→こちら
後藤明生をめぐる旅(福岡篇・若き日の後藤明生)→こちら

朝倉高校の敷地内には昭和25年に制定された学生歌の歌碑が建立されている。学生歌は昭和23年度になされた校章の制定に次いで作られた。歌詞は生徒および教員から広く募り、数回の募集の末、当時、高校2年生であった後藤明生の歌詞が選ばれた。作曲者は朝倉高校の音楽の教員であった鞭幸枝氏である。後藤明生作詩の歌詞が刻まれた歌碑は横3メートルで本体・台座ともに総御影石。朝倉高校創立70周年を記念して、朝倉二七会会員の浄財などによって、昭和55年3月に建立されたものである。歌碑文の揮毫は後藤明生の同級生でもある佐野俊美氏である。(続く)
ラベル:後藤明生
posted by 乾口達司 at 22:36| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする