2014年01月20日

葛城市歴史博物館特別公開「観音菩薩立像―今在家観音寺の仏像―」

昨日は葛城市歴史博物館の特別公開「観音菩薩立像ー今在家観音寺の仏像−」も見学した。今在家区に伝わる観音寺の本尊・観音菩薩立像は平安時代の作。一木造で像高は約56センチメートルである。面相は目を吊り上げているせいできりりと引き締まっており、腰の部分のどっしりした量感と相俟って、小像ながらも存在感がある。前髪を結い上げた髪型も珍しかった。見学者も稀でじっくり観察することが出来た。
ラベル:仏像
posted by 乾口達司 at 20:25| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする