2013年10月23日

広陵町の竹取公園。

20131023-1.bmp

広陵町の竹取公園は、その名のとおり、竹取物語にちなんで名付けられている。園内には巨大な竹のオブジェが設置されている。もちろん、かぐや姫の生まれた竹をモチーフにしたもので、実際、オブジェの壁面にはかぐや姫の誕生シーンが描かれている。竹取公園でもう一つ注目したいのは、竹取物語について記した説明版である。説明版は数箇所に設置されており、竹取物語の概略が記されている。説明文の横にはイラストも描かれており、イラストの作者は漫画家の里中満智子である。こんなところで里中満智子のイラストを目にするとは思わなかった。竹取公園を訪れたときには、是非、見学していただきたい。
ラベル:公園
posted by 乾口達司 at 20:28| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする