2013年09月16日

台風の爪痕。

朝から京都へ。道中、木津川にかかる橋に大勢の人が集まっているのが見えた。何だろうか。そう思って観察していると、どうやら、みんな、橋の下を覗き込んでいるようである。橋の下は濁流が渦巻いており、水かさも増して、橋のすぐ下まで迫っている。その凄まじい光景を一目見ようと野次馬が集まっているのであった。濁流は宇治川でも見られた。城南宮の周辺地域では、家の前に出て、せっせと掃除をしている人たちを多く見掛けた。自衛隊のジープも何台か出動していた。空にはヘリコプターも飛んでいる。どうやら近くの川が氾濫し、付近一帯が浸水したようであった。確かに昨夜の雨風は尋常ではなかった。凄まじい。その一言に尽きた。ほかにも多くの被害が出ているだろう。
ラベル:台風
posted by 乾口達司 at 21:04| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする