2013年09月30日

香川・岡山紀行(高松丸亀町商店街)

20130930-1.bmp

香川・岡山紀行(フェリー)→こちら
香川・岡山紀行(一鶴)→こちら

「がんばる商店街77選」にも選ばれている高松丸亀町商店街は、商店街再振興のモデルケースとして、全国的に知られている。写真は高松丸亀町商店街のシンボルともいうべき半球形のドームである。その大きさには圧倒される。何枚も写真を撮ってしまった。
ラベル:ドーム 商店街
posted by 乾口達司 at 20:59| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

たびねす掲載情報16

20130928-1.bmp

前回、たびねすに第15回(鹿だけじゃない!奈良公園をより楽しむためのお勧めスポットベスト5)の記事を掲載したことは9月17日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは平城宮跡資料館です。ご覧下さい。

第16回「平城京の歴史を学ぼう!数々の埋蔵文化財を保存・展示する平城宮跡資料館」

http://guide.travel.co.jp/article/1972/
ラベル:平城宮跡
posted by 乾口達司 at 19:09| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

香川・岡山紀行(一鶴)

20130927-2.bmp

香川・岡山紀行(フェリー)→こちら

高松では骨付鶏の“一鶴”高松店(高松市鍛冶屋町4-11)で食事をした。“一鶴”の高松店ははじめてである。親鶏と若鶏の両方を注文。ビールの大ジョッキを呑みながら、素手でかぶりついた。私自身は身の引き締まった親鶏の方が好みである。かぶりつきながら、そう自覚した。鶏の出しをとったスープも美味しかった。
ラベル:骨付鶏
posted by 乾口達司 at 10:45| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川・岡山紀行(フェリー)

20130927-1.bmp

今回の旅では瀬戸内海を渡った。香川県の高松から四国フェリーに乗り込み、岡山県の宇野港を目指した。高松―宇野間のフェリーは以前にも乗ったことがある。しかし、以前とは乗り場が異なっており、はじめは乗り場がわからず迷ってしまった。高松―宇野間の船旅は約1時間。フェリーに乗り込んだ時間が夕方であったため、西に傾いた夕陽が瀬戸内海に反射し、海面がキラキラ輝いていた。
posted by 乾口達司 at 10:37| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

帰宅しました。

旅から帰宅しました。今回は瀬戸内海を旅して来ました。旅の様子は追々アップしてまいります。
ラベル:瀬戸内海
posted by 乾口達司 at 11:30| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

旅に出ます。

この3連休に旅に出ます。探さないで下さい。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 01:30| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

京都市の西本願寺・伝道院

20130919-1.bmp

西本願寺を訪れたら、堀川通を挟んだ東側にある伝道院も訪れたい。伝道院の設計者は伊東忠太。もとは真宗信徒生命保険株式会社の社屋として、1912年に建設されたものであるという。伝道院として使われることになったのは昭和48年から。建設当初は本館のほかに「付属室」「倉庫」(2棟)「物置」「人力車置場」「便所」「屋根付伝ひ廊下」が建っていたが、現在は「本館」のみが残されている。建物の北側と西側には想像上の怪物を据えた車止めがずらりと並んでいる。これも見所の一つである。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 21:36| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

京都市の西本願寺・唐門。

20130918-1.bmp

先日、京都を訪れた。龍谷ミュージアムで開催中の特別展を観覧するためである。しかし、台風18号の影響であいにく終日閉館であった。仕方がないため、龍谷ミュージアムの前にある西本願寺を久し振りに訪れた。国宝の唐門を見学するのも久し振りである。そのゴテゴテした装飾には今回も圧倒された。毎日、目にしていると、かえって食傷気味にもなってしまうのであろうが、久し振りの見学でもあったせいか、反対に細部をじっくり見てしまった。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 21:49| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

たびねす掲載情報15

20130917-1.bmp

前回、たびねすに第14回(五重塔だけではもったいない!世界遺産・興福寺では隠れスポットも訪れよう)の記事を掲載したことは9月10日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは奈良公園です。ご覧下さい。

第15回「鹿だけじゃない!奈良公園をより楽しむためのお勧めスポットベスト5」

http://guide.travel.co.jp/article/1881/
ラベル:奈良公園
posted by 乾口達司 at 21:04| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

台風の爪痕。

朝から京都へ。道中、木津川にかかる橋に大勢の人が集まっているのが見えた。何だろうか。そう思って観察していると、どうやら、みんな、橋の下を覗き込んでいるようである。橋の下は濁流が渦巻いており、水かさも増して、橋のすぐ下まで迫っている。その凄まじい光景を一目見ようと野次馬が集まっているのであった。濁流は宇治川でも見られた。城南宮の周辺地域では、家の前に出て、せっせと掃除をしている人たちを多く見掛けた。自衛隊のジープも何台か出動していた。空にはヘリコプターも飛んでいる。どうやら近くの川が氾濫し、付近一帯が浸水したようであった。確かに昨夜の雨風は尋常ではなかった。凄まじい。その一言に尽きた。ほかにも多くの被害が出ているだろう。
ラベル:台風
posted by 乾口達司 at 21:04| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

台風の接近に際して。

今日は午前中まで仕事。午後からは買い物も兼ねて大和郡山イオンに出掛けた。台風18号が接近するなか、買い物を済ませてすぐに帰宅。予定では午後から奈良町・今西清兵衛商店の春鹿酒蔵まつりに出掛けるつもりであった。しかし、あいにくの雨でキャンセル。久し振りに中井正一の『美と集団の論理』(中央公論社)を読んで過ごす。台風18号の接近にともない、午後から雨がひどくなって来ている。明日は京都まで出掛ける予定。晴れることを祈りたい。
ラベル:本  台風
posted by 乾口達司 at 18:34| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

平城宮跡資料館特別展「平城京どうぶつえん」

20130913-1.bmp

平城宮跡資料館では、9月23日まで企画展示「平城京どうぶつえん」がもよおされている。ウマやサル、ヒツジなど、動物にちなんだ平城京からの出土品のほか、人形(ひとがた)や人面土器なども多数展示されている。これがなかなか面白い。ほかにも、紙で作られた人面土器の模造を自分の手で完成させたりする工作コーナーもあり、子どもたちには大人気である。
ラベル:平城宮跡
posted by 乾口達司 at 20:48| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

文章掲載情報。

20130912-1.bmp

先日、刊行された昭和文学会の機関誌「昭和文学研究」第67集の研究動向欄に「後藤明生」を掲載しました。その名のとおり、後藤明生をめぐる研究動向について、論考紹介を中心にして語っています。ご覧下さい。
ラベル:後藤明生
posted by 乾口達司 at 20:05| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

たびねす掲載情報14

20130910-1.bmp

前回、たびねすに第13回(奈良公園?ちょっと待った!知られざる歴史を秘めた近鉄奈良駅周辺の古社寺探訪)の記事を掲載したことは9月6日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは興福寺です。ご覧下さい。

第14回「五重塔だけではもったいない!世界遺産・興福寺では隠れスポットも訪れよう」

http://guide.travel.co.jp/article/1853/
ラベル:興福寺 石仏
posted by 乾口達司 at 21:23| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

平城宮跡・朱雀門

20130909-1.bmp

朱雀門は平城宮をかこむ門のうちの一つであり、もっとも大きい。奈良時代、ここから南に真っ直ぐ大路が走っていた。朱雀門の基壇の上に立って北方を眺めると、大極殿が見える。その手前を電車が走る。県外から来た観光客には違和感があるかも知れないが、私にはこの光景に違和感はない。
ラベル:平城宮跡
posted by 乾口達司 at 22:25| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

同級生と。

20130908-1.bmp

もらい受けるものがあって、朝から幼稚園・小学校時代の同級生M宅へ。Mの自宅に行くのははじめてであったため、最初は住所がわからず、近くをうろうろしてしまった。お茶の先生をやっていることもあり、自宅にうかがってからは薄茶をいただく。短い時間ではあったが、久し振りにMと閑談することが出来た。薄茶も美味しかった。
ラベル:同級生
posted by 乾口達司 at 19:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 同窓会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

たびねす掲載情報13

20130906-1.bmp

前回、たびねすに第12回(豪壮な建造物にも注目!海に生きる民の暮らしを紹介した志摩半島・海の博物館)の記事を掲載したことは8月30日の日記に記しました。今回、新たな記事を掲載しました。今回のテーマは近鉄奈良駅周辺の古社寺です。ご覧下さい。

第13回「奈良公園?ちょっと待った!知られざる歴史を秘めた近鉄奈良駅周辺の古社寺探訪」

http://guide.travel.co.jp/article/1827/
ラベル: 石仏
posted by 乾口達司 at 21:23| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たびねす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

称名寺の石仏・石塔群4

20130905-1.bmp

称名寺(奈良市菖蒲池町7)の境内裏手の墓地には、大きな五輪塔が存在する。高さは2メートル以上もある。なかでも、注目したいのは、反花座の上端と接する地輪の下部に小さな穴が開けられていることである。この穴は火葬した骨の破片を内部に押し入れるために設けられたものであると考えられる。こういった風習はなかなか興味深い。
ラベル:石塔
posted by 乾口達司 at 21:46| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

東木辻町の称念寺。

20130903-1.bmp

奈良町南方の木辻界隈はかつて木辻遊郭のあったところである。東木辻町・称念寺の境内に足を踏み入れると、本堂の前に大きな墓石群があることに気づく。そのなかには木辻遊郭で働いていた遊女たちのものも含まれているという。境内には芭蕉の句碑もある。
ラベル:遊郭
posted by 乾口達司 at 20:52| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

イトーヨーカドーの鹿。

20130902-1.bmp

買い物でイトーヨーカドー奈良店(奈良市二条大路南1-3-1)へ。写真は出入り口の扉にほどこされた鹿の意匠である。イトーヨーカドーの前に店舗を構えていた旧そごう時代の名残りであろう。こういったところも奈良らしい。
ラベル:鹿
posted by 乾口達司 at 21:36| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする