2012年06月29日

後藤明生『この人を見よ』刊行予定。

来月、後藤明生の『この人を見よ』が幻戯書房から刊行される。『この人を見よ』は「海燕」誌上に1990年1月号から1993年4月号まで計39回にわたって連載された未完の大作である。完結をみなかった原因としては、1993年4月、後藤明生が、当時、勤務していた近畿大学文芸学部の学部長に就任し、校務で多忙をきわめたことが挙げられる。当時は大学院文芸学研究科の開設準備も進行しており、小説を執筆しているだけの時間的な余裕がなかったのである。本人は校務が落ち着いた後に執筆を再開する心積もりであった。そのことは私も直接うかがったことがある。小説である以上、確かにどこで終わっても別に構わない。しかし、中断したところはあまりに中途半端な個所であり、中断するにしてももう少し書き加えてからの方が良いと思っている。そんな話であった。しかし、結局、執筆は再開されないまま、1999年8月2日、後藤明生はこの世を去る。その後、私は後藤明生の遺稿集の刊行を志し、2004年、『日本近代文学との戦い』(柳原出版)の刊行にこぎつけた。しかし、『この人を見よ』はあまりに分量が多く『日本近代文学との戦い』のなかに収録することが叶わなかった。後藤明生が亡くなってから13年の歳月が流れている。今年はご存命ならば生誕80年の記念すべき年にも当たる。そのような年に『この人を見よ』の単行本化が果たされることは悦ばしい限りである。今日は担当の編集者氏ともお話をさせていただいた。編集者氏の話をうかがい、その熱意に感服した次第である。
タグ:後藤明生
posted by 乾口達司 at 22:50| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

シソ。

20120628-1.bmp

梅雨に入り、土に水分が充分行き渡っているせいだろうか。庭ではシソが本格的に生長している。写真のシソ以外にもたくさんのシソが地面から顔をのぞかせている。近いうちにあたりはシソだらけになってしまうことだろう。宿根性の植物であるため、秋になって枯れてもまた翌年になると勝手に芽を出し、生育する。まったく手間いらずである。今日は冷麺に摘んだシソをちらして食べてみた。
タグ:シソ
posted by 乾口達司 at 22:25| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

梅酒。

20120625-1.bmp

今日は終日オフ。今度の土曜日に予定されている後藤明生研究会のための予習をしたり、昼寝をしたり、散歩に出たりしてくつろいだ。おかげでたまっていた疲労の多くが解消されたようである。風呂上りに梅酒を呑む。2年前に造った自家製梅酒である。造ってから2年も経つと味が濃くまろやかになっている。しばらくは梅酒を愛飲することになるだろう。
タグ:梅酒
posted by 乾口達司 at 19:58| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

大和西大寺で夕食。

20120624-1.bmp

今日は早朝出勤であった。仕事はスムースに終了。午後5時には大和西大寺まで戻って来れた。ならファミリー内の“コリアンダイニング李朝園”(奈良市西大寺東町2-4-1ならファミリー6F)で夕食をとった。石焼ピビンバと冷麺のそれぞれレギュラーサイズから成るたらふくセット(780円)を注文。文字どおり、たらふく食った。久し振りの“コリアンダイニング李朝園”は相変わらず安くて美味しかった。
posted by 乾口達司 at 21:17| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

本町で昼食。

20120623-1.bmp

朝から仕事の打ち合わせで大阪へ。打ち合わせの後、仕事仲間の主婦Sに連れられて“888cafe”(大阪市中央区博労町4-3-1)へ。ランチをとりながら1時間ばかり談笑した。注文したのはロコモコ丼。3種類の風味のなかからイタリアン風味を注文した。ロコモコを食べるのはハワイ以来である。珍しいものをいただいた。明日は早朝出勤。午前4時半起床予定である。がんばろう。
タグ:ロコモコ
posted by 乾口達司 at 20:25| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

大雨。

今日は所用で実家で仕事を続けた。途中、銀行へお金を下ろしに行こうとしたものの、昼前から土砂降りの大雨となり、結局、外出を断念。夕方までこもりっきりで仕事を続けた。おかげで身体がなまって仕方がない。明日も仕事である。日曜日の早朝出勤までに一度は散歩に出てリフレッシュしたいものである。果たしてどうなることやら。
タグ:梅雨
posted by 乾口達司 at 22:33| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

メダカの学校3

6月1日の日記ではメダカの水槽に蓮の花が咲いたことを記した。今回はメダカの稚魚が誕生したことを記す。先月来、メスがおなかにたくさんの卵をつけて泳いでいるのが見られた。卵は水槽に繁茂している水草に植えつけられたのであろう。先日、確認すると、4匹の稚魚の姿が確認出来た。体長は数ミリ程度である。稚魚はコップですくい、別の甕に移した。稚魚は他にも誕生しているかも知れない。反対に卵の段階あるいは稚魚の段階で親メダカに食べられてしまったものも多いだろう。それはそれで自然の摂理であろう。これからも卵は産み付けられるはずである。そのなかから何匹の稚魚が立派に育つだろうか。楽しみである。
タグ:メダカ
posted by 乾口達司 at 22:37| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

アプチロン。

20120617-1.bmp

アブチロンはアオイ科の植物である。我が家のアブチロンはひょろ長い低木として立っている。ちょうど今頃から花を咲かせる。花は提灯のように垂れ下がっているので何ともユーモラスである。見た目と違って思いのほか丈夫である。私の好きな花の一つである。
タグ:アブチロン
posted by 乾口達司 at 21:47| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

雨降り。

梅雨である。梅雨入りしてからしばらくは雨の降らない日が続いた。しかし、今朝からは梅雨らしく雨が降り続いている。今日は、終日、自宅で幾つかの作業に追われた。雨がしとしと降るなか、屋内で本を読んだり、勉強をしたりするのも良いものである。おかげで予定の作業がはかどった。こういった梅雨らしい状況は意外と好きである。
タグ:梅雨
posted by 乾口達司 at 23:06| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

金子嗣郎『松沢病院外史』

20120615-1.bmp

書架の整理をしていて金子嗣郎の『松沢病院外史』(1982年8月、日本評論社刊)を見つけた。懐かしい一冊である。かれこれ二十年近く前になるだろうか。ミシェル・フーコーの『監獄の誕生』に感化され、日本の精神病院史をかじってみようとして買い求めたものである。松沢病院の歴史を知ることが出来たこともさることながら、それ以外の関連事項について多くの知見が得られたのは収穫であった。京都の人ならば良くご存知の「岩倉」の歴史が古くは平安時代にまでさかのぼることや「葦原将軍」の存在を知ったのも本書においてである。当時、研究していた牧野信一の『村のストア派』を松沢病院との関わりから探究してみようかと構想していたことも思い出した。
タグ:
posted by 乾口達司 at 21:57| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

ユーロ危機?

17日にギリシャの再選挙が予定されている。ギリシャはEUから離脱するのか。ギリシャの危機はスペインやイタリア、キプロスにまで飛び火している。これでEUも解体に向かうのか。メディアではそういった危機をあおる言説が飛び交っている。しかし、その一方で留意したいのは危機対応のなかで「ユーロ共同債」や「銀行同盟」といったアイデアが打ち出されていることである。「ユーロ共同債」や「銀行同盟」といった考えの行き着く先は各国の経済を統合させることであろう。メディアがEUの危機をあおればあおるほど、こういった統合に向けた動きが加速していることは興味深い。あたかもEUの経済統合を促進させたい勢力が過剰に危機をあおることで自分たちの構想を実現しようとしているかのようでさえある。したがって、ギリシャがEUから離脱するにせよ、離脱しないにせよ、私にはギリシャに端を発する今回の一件がEUの真の危機であるとは思えない。危機は前進のための大きな糧である。今回の「ユーロ危機」はそのことを考えさせられる一件である。
タグ:ユーロ EU
posted by 乾口達司 at 21:17| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

プチトマト栽培2

20120613-1.bmp

5月25日の日記にも記したようにプチトマトの苗を栽培している。苗はぐんぐん成長しており、先日、緑色の実をつけているのを確認した。プランターに植えてからあっという間である。実は他の株にも幾つかついている。これから熟して赤くなっていくのであろう。楽しみである。
タグ:プチトマト
posted by 乾口達司 at 20:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

チヂミ。

20120611-1.bmp

久し振りに自宅でチヂミを食べた。チヂミ粉を購入し、卵と水でとく。そこに適当に切ったニラとタマネギ、さらにタコのぶつ切りを投入。後はフライパンで焼くだけである。チヂミ粉には専用のタレがついているので便利である。いつもは酢醤油+ラー油をつけて食べていた。今回は専用のタレで食べた。
タグ:チヂミ
posted by 乾口達司 at 20:16| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

三条大路で昼食。

20120610-1.bmp

ホテル日航奈良の“セリーナ”でランチバイキングをとるつもりで出掛けた。しかし、あいにく予約で満席であるという。仕方がない。予定を変更して“京中華飛天散華”(奈良市三条大路1-1-47)を訪問した。久し振りの訪問である。家人の長寿の祝いで何年か前に利用して以来である。今回はタンタン麺セットを注文した。注文時には激辛のタンタン麺を想像していた。しかし、実際に食べてみるとまったく辛くない。反対にクリーミーである。これはこれで美味しい。良い意味で裏切られた味であった。
posted by 乾口達司 at 21:45| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

梅雨入り2日目。

20120609-1.bmp

昨日、近畿地方が梅雨入りをしたことは昨日の日記に記した。今日も断続的に雨の降る一日であった。明日は早くも梅雨の晴れ間となるようである。写真は昨日の日記に掲載した写真と同じく庭で撮影した紫陽花の花である。梅雨の季節に入って紫陽花もいよいよ花をつけはじめた。
タグ:梅雨 紫陽花
posted by 乾口達司 at 21:35| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

梅雨入り。

20120608-1.bmp

近畿地方の梅雨入りが発表された。これから40日ほどのあいだ、雨が降ったりやんだりの鬱陶しい季節を迎える。梅雨入りにあわせるようにして庭の紫陽花も開花しはじめた。これからたくさんの花をつけることだろう。
タグ:梅雨 紫陽花
posted by 乾口達司 at 19:54| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

恢復。

昨日は体調があまり良くなかった。しかし、早速、かかりつけの医師にいただいた抗生剤を服用したせいだろう。今日は元気に朝を迎えることが出来た。扁桃腺の腫れもひいたようである。念のため、今日一日は食事のたびに抗生剤を服用した。しかし、明日以降の服用はもう止しても大丈夫だろう。
タグ:風邪
posted by 乾口達司 at 20:51| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

体調不良。

昨夜、喉に違和感があった。明け方には悪寒を感じて毛布にくるまった。朝、起きると吐き気がする。おまけに熱が38度もあった。かかりつけの医師に診てもらう。扁桃腺が腫れているという。薬をいただいたおかげで午後には平熱に戻った。どうやらどこかから風邪をうつされたらしい。いまでは身体が少しだるい程度である。しかし、用心に越したことはない。今夜は早めに休もう。
タグ:風邪
posted by 乾口達司 at 20:43| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

大和郡山市の柳沢文庫。

20120605-1.bmp

大和郡山城跡の一画にある柳沢文庫(大和郡山市城内町2-18)は1960年に設立された図書館である。はじめて訪れたのは高校生くらいのときであっただろうか。何かの企画展を観覧するために訪れたように思う。しかし、当時、図書館であるとは思ってはおらず、郡山藩の旧藩主であった柳沢家ゆかりの品を展示しているところといった程度の認識しか持ちあわせてはいなかった。先日、久し振りに訪問し、当館が柳沢家ゆかりの品のほかにも地理や歴史など数多くの一般書籍を多数収蔵した図書館であったことをあらためて思い知らされた。それにしても時代を感じさせる建物である。資料の閲覧スペースもおもむきがある。一般的な図書館とはまた違った雰囲気でなかなか良い。今回は企画展を観覧するために訪れた。しかし、次回は史料を渉猟するために訪れてみよう。
タグ:図書館
posted by 乾口達司 at 21:26| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

大和郡山市の郡山城跡逆さ地蔵。

20120604-1.bmp

逆さ地蔵は大和郡山城・天守台北面の石垣のなかに組み込まれている。天守台には逆さ地蔵の他にも幾つかの石仏や石塔、礎石がその一部として転用されており、当時、城の完成を急ぐあまり、石材の調達に遠慮がなかったことをうかがわせる。天守台に見られるさまざまな石材を確かめるのも楽しみの一つである。
タグ:石仏
posted by 乾口達司 at 22:56| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

Facebook。

Facebookに登録してみた。とりあえず登録することは出来た。しかし、使い方が良くわからない。教えてもらいながら少しずつ習得していこう。
posted by 乾口達司 at 21:48| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

メダカの学校2

20120601-1.bmp

我が家の“メダカの学校”は相変わらず大盛況である。メダカはすいすい泳いでおり、仲間うちで追いかけっこをしたりしている。水槽に入れておいた睡蓮も花を咲かせた。ピンクの花である。花の脇や下をメダカが優雅に泳いでいる。これからも花を次々に咲かせることだろう。
タグ:メダカ 睡蓮
posted by 乾口達司 at 21:11| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする