2012年05月31日

後藤明生を読む会(第10回)のお知らせ。

2009年の年末以来、大学時代の同窓生たちと内向の世代の小説家・後藤明生(1932年〜1999年)をめぐる勉強会を立ち上げようと話し合って来た。これまでに何度も会合を重ねた。そして、2010年8月29日に第1回の読書会をもよおすことが出来た。以後、勉強会を重ねて来ている。前回の勉強会のことは4月9日の日記に記したとおりである。参加は自由である。興味のある方はいらっしゃって下さい。

■第10回後藤明生を読む会の御案内
2009年の暮れから有志で集まり、内向の世代の文学者・後藤明生の評論集を制作・刊行してみようと話しあってまいりました。それに先立ち、後藤明生の文学をより深く理解するため、これまでに「後藤明生を読む会」を企画・運営し続けております。後藤作品について共同で討議をするなかでお互いの認識と協同性を高めあい、後藤明生論集を執筆・刊行してゆく道筋をつけていければと考えております。特に発表者と聞き手とが相互に入れ替わることで各人がテクストの読み手であると同時に書き手であるという相互変換的な存在へと成長していければと願っております。
さて、来る6月30日、第10回の「後藤明生を読む会」をもよおします。
参加資格などは一切ありません。
万障お繰り合わせの上御出席下さいますよう御案内申し上げます。
謹白

日 時  6月30日(土)13:00〜17:00頃
場 所  大阪市立城北市民学習センター第2会議室(大阪府大阪市旭区高殿6-14-6)
最寄駅 谷町線・今里線→関目高殿駅/京阪電車→関目駅
      ・城北市民学習センターのホームページ→こちら
テキスト 後藤明生『夢と夢の間』(集英社)
参加費用 500円程度(参加者数によって変動します)
その他  終了後、近くの酒場で懇親会をおこないます(会費は別途)
ラベル:後藤明生
posted by 乾口達司 at 23:15| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

火事で全焼・山下商店。

今朝、岡山市の“山下商店”(岡山市中区国府市場153-6)が火事で全焼したようである。とんこつラーメンの名店として地元では知られている店である。私自身も岡山を訪れた折にうかがっている。当分、営業は無理であろう。しかし、いつかまた美味しいラーメンをいただきたいものである。
ラベル:ラーメン
posted by 乾口達司 at 22:32| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

大和郡山市の郡山城跡二面石仏。

20120528-1.bmp

二面石仏は大和郡山城跡の敷地内に立つ柳沢文庫の脇にひっそり置かれている。鎌倉時代後期の作で一方には冥界の十王とその従者が、もう一方には地蔵菩薩がそれぞれ刻まれている。地蔵菩薩は首の部分が欠けているのが残念である。冥界で人々を裁くと十王と人々を救済する側の地蔵という硬軟の取り合わせが当時の信仰のありようを指し示している。
ラベル:石仏
posted by 乾口達司 at 20:08| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

忙しい。

今日は朝から大阪へ仕事の打ち合わせ。午後からは別件の仕事をこなしながら明日の仕事の資料作りにも励んだ。体調はもうほとんど万全である。しかし、明日はいつもより早く起きなければならない。今夜は早めに休もう。
ラベル:仕事
posted by 乾口達司 at 19:33| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

プチトマト栽培1

20120525-1.bmp

4月の終わりにプチトマトの苗木を4株頂戴した。5月に入ってから暇を見つけてプランターに移植。プチトマトを栽培するのは今回がはじめてではない。したがって、多少の心得はある。移植してから半月ほどがたったいまでは枝葉を大きく広げている。そろそろ摘心をしておかねばなるまい。トマトの葉は虫が良くつく。要注意である。夏には美味しい実が出来るだろう。いまから楽しみである。
ラベル:プチトマト
posted by 乾口達司 at 20:40| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

病状経過報告。

病状といっても大袈裟なものではない。喉に細菌が入り込んで扁桃腺が腫れ、咳が出たりするだけである。しかし、昨夜からY医院でいただいた抗生物質や咳止めの薬を服用しているため、経過はきわめて良い。しつこく残っていた扁桃腺の腫れもほとんど気にならないくらいにまでなった。決められた期間中、服用を続ければ、もう問題はないだろう。あとは日々精進である。
ラベル:病気
posted by 乾口達司 at 23:30| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

溶連菌感染症でした。

先日来、喉が痛い。そのことはこれまでの日記にも記して来たとおりである。昨日よりも症状は改善されていることは、扁桃腺の腫れがだいぶおさまって来たことからもわかる。しかし、念には念を入れて、今日は夕方からかかりつけのY医院で診察をしてもらった。診断の結果は溶連菌感染症とのこと。溶連菌感染症とはA群β溶血性連鎖球菌という細菌が喉に感染する病。症状としては喉の痛みや発熱があるものの、抗生物質を1週間ほど服用すれば簡単に完治するという。しかし、なかなかしつこい細菌であるようで定められた期間をきちんと服用し続けなければ、喉に残っている細菌がふたたび増殖し、咳や発熱を繰り返してしまうという。夕食後、早速、抗生物質と喉の痛みを抑える薬を服用した。きちんと服用し、早く病を完治させたい。
ラベル:病気
posted by 乾口達司 at 22:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

喉が痛い(続き)

喉が痛いことは5月18日の日記に記した。あれから咳はほとんどおさまった。しかし、扁桃腺は依然として腫れており、恢復までにはまだ2、3日は要するようである。身体もだるい。今夜はそろそろ休もうと思う。
ラベル: 風邪
posted by 乾口達司 at 21:20| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

二条町の歓喜寺地蔵尊。

20120519-1.bmp

二条町の地蔵堂(奈良市二条町)はあたかも離れ小島のように交差点の中央に建てられている。地蔵堂の周囲は舗装された自動車道となっており、乗用車がひっきりなしに通る。お堂の内部には大小さまざまな石仏が集められている。なかでも、特にもっとも大きな地蔵石仏が実に立派である。舟形光背の前面に厚肉彫りされた地蔵尊は鎌倉時代後期の作で像高は2メートル近く。その魅力としては造型が細やかである上に保存状態がなかなか良いことが挙げられる。流れるような衣紋がはっきりと残されている。右手に持った錫杖の彫りも細やかである。お顔も柔和である。地蔵堂の横には別棟として弘法の井戸も残されている。
ラベル:石仏
posted by 乾口達司 at 21:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

喉が痛い。

先日来、風邪がぶり返し、いま一つ体調が良くない。風邪そのものは治癒する方向に向かっているものの、咳がまだ残っているせいで喉が痛い。おそらく喉が腫れているのであろう。そのせいで食欲もあまりない。来週は大忙しである。それまでには体調を恢復しておきたい。
ラベル:風邪
posted by 乾口達司 at 21:45| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

メダカの学校1

20120517-1.bmp

昨年来、メダカを飼っている。井戸水の入ったプラスチックケースや大きめの甕にメダカを投入。無事に冬も越した。初夏の陽気となった近頃では自由気ままに泳ぎまわっている。まさしく“メダカの学校”である。水温の上昇を抑えるために水底に入れたアサザもたくさんの葉をつけはじめている。メダカはアサザの葉の下をすいすい泳ぐ。すでに尻尾に卵をつけているメスも認められる。これからの季節、たくさんの子どもが生まれることだろう。それにしても“メダカの学校”で子作りとは何とも珍妙な組み合わせである。
ラベル:メダカ
posted by 乾口達司 at 23:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

岡山で昼食。

20120516-1.bmp

岡山紀行(旭川の潮干狩り)→こちら
岡山紀行(備前長船刀剣博物館)→こちら
岡山紀行(弘法寺踟供養)→こちら
岡山紀行(弘法寺踟供養・被仏)→こちら
岡山で昼食。→こちら

今回の岡山紀行ではかねてより行ってみたいと思っていた“梶屋”(岡山市東区竹原1356-1)を訪れることも出来た。梶屋といえば、名物のエビ丼である。もちろん、エビ丼を注文。写真のようにエビフライ3匹がご飯の上に突き立てられており、そこにタルタルソースがかけられている。ご飯とタルタルソースとの相性が思いのほか良かった。もちろん、エビフライも美味しかった。次回は別のものを注文してみよう。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 23:36| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

岡山で昼食。

20120515-1.bmp

岡山紀行(旭川の潮干狩り)→こちら
岡山紀行(備前長船刀剣博物館)→こちら
岡山紀行(弘法寺踟供養)→こちら
岡山紀行(弘法寺踟供養・被仏)→こちら

先日の岡山紀行ではちょっとした集会に出席した。そこで出されたのが“一扇”(岡山市北区田町2-7-10)の仕出弁当(5000円)である。これがまことに美味しかった。刺身、煮物、揚げ物、その他、大変なボリュームである。酒が入っていたこともあってその場ではすべてをたいらげることが叶わなかった。食べ残しは有り難く持ち帰り、後刻に食した。機会があれば、いつか店舗で食事をいただきたいものである。
ラベル:弁当
posted by 乾口達司 at 22:31| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

矢田丘陵縦走41

20120514-1.bmp

久し振りに矢田丘陵を歩いた。前回、矢田丘陵を歩いたことは1月15日の日記に記した。あれからもう4ヵ月がたったのか。早いものである。今回も同じように子供の森から尾根筋へと駆け上がり、松尾寺・法隆寺を経由した。前回の散策時、冬枯れの木々によって占められていた矢田丘陵はすっかり新緑に覆われていた。写真は尾根筋で見かけたヤマツツジ。すでに枯れかけている花が多かった。ヤマツツジの季節が終わるとそろそろ梅雨であろうか。今度はキノコがぽつぽつ出現しはじめる。
ラベル:矢田丘陵
posted by 乾口達司 at 22:40| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

ベルフルール押し花教室押し花作品展。

20120513-1.bmp

5月7日の日記でも案内しているように母親が主宰するベルフルール押し花教室の第11回押し花作品展がもよおされた。8日からはじまった作品展も今日が最終日である。最終日であるということもあって朝から会場であるなら工藝館ギャラリー阿字万字(奈良市阿字万字町1-1)へ見学におもむいた。これまでの作品展と同様、会場には母親およびその教え子らの作品数十点が展示されていた。一人で数点の作品を出展している人もいた。実に熱心である。風景を描いた作品が多かったが、それ以外のものも見られた。日曜日の午前中ということもあって来場者の数は決して多いわけではなかった。しかし、作品を熱心に見ている来場者もいた。お疲れ様でした。
ラベル:押し花
posted by 乾口達司 at 22:09| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

岡山紀行(弘法寺踟供養・被仏)

20120512-1.bmp

岡山紀行(旭川の潮干狩り)→こちら
岡山紀行(備前長船刀剣博物館)→こちら
岡山紀行(弘法寺踟供養)→こちら

毎年5月5日にもよおされる弘法寺(岡山県瀬戸内市牛窓町千手239)の踟供養については5月11日の日記で紹介した。今回は踟供養に登場する迎え仏としての被仏に焦点を当ててみよう。5月11日の日記にも記したように、被仏は中将姫の小さな像をいただく行道一行をお迎えする際に登場する。興味深いのは、その際、実際に人がその被仏のなかに入って一行を出迎えていることである。その様子は以下の写真をご覧いただきたい。

20120512-2.bmp

ご覧のように内部が空洞化しており、裾部から人間が頭を差し込んですっぽり被るようになっている。3枚目の写真は被仏の裾部。人が内部に入り込む際は周囲の人に本体を高く持ち上げてもらっているあいだにここから上半身を突っ込むことになる。

20120512-3.bmp

実際に内部に入った男性の話では、人間の頭部は仏像の腹部あたりに位置しており、それ以上、上部には進まないように肩当てのようなものがもうけられているという。内部から両腕で仏像を支えるだけの空間はない。したがって、自力では内部から本体を支えることが出来ず、両脇から人に支えてもらわなければ、立ったままの状態を維持することは出来ない。腹部にもうけられた覗き穴は内部から外の様子をうかがうためのものである。4枚目の写真はその覗き穴を拡大したものである。

20120512-4.bmp

外界との接点はこの小さな覗き穴しかない。そのため、実際に内部に上半身を入り込ませると息苦しく、酸欠に近い状態になるらしい。もちろん、内部はほぼ真っ暗である。こういった被りづらい形状を勘案すると、はじめから人が被ることを目的にして作られたものではないことが推察される。2011年11月6日の日記にも記したように、上部と裳裾部とを分離させた上下二部式像が一般に現れて来るのは中世以降のことである。弘法寺の被仏も本来は二部式像としてまつられていたものが何かの理由で裳裾部が失われ、上部が行道用の被仏として転用されることになったのであろう。行道の一行が入堂し、迎え仏としての役割を終えると、男性は周囲に助けられて被仏から出て来る。男性は汗びっしょりである。酸欠に近い状態になってしまっているのであろうか。息も絶え絶えである。立っていられず、すぐにその場に這いつくばっている。内部に入っている時間は15分から20分程度である。傍目には大した時間ではないように思われる。しかし、実際には、相当、苛酷な状況なのであろう。踟供養の表向きの主役は小さな中将姫像である。しかし、裏の主役、真の主役は被仏のなかに入る男性であることは間違いない。男性が被仏から出て来ると、周囲からは拍手が起こっていた。
ラベル:行事 仏像
posted by 乾口達司 at 23:33| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

岡山紀行(弘法寺踟供養)

20120511-1.bmp

岡山紀行(旭川の潮干狩り)→こちら
岡山紀行(備前長船刀剣博物館)→こちら

弘法寺(岡山県瀬戸内市牛窓町千手239)では毎年5月5日に踟供養(岡山県指定重要無形民俗文化財)がおこなわれる。踟供養は中将姫が極楽浄土へ導かれる様子を演じた宗教劇とでもいおうか。私の住む奈良県内でも、中将姫伝説のお膝元に相応しく、當麻寺の練供養など、数ケ寺で練供養がおこなわれている。弘法寺の場合、一般に「練供養」と記される表記が「踟供養」と表記されているのがまず興味深い。当日は午後2時から法要がいとなまれ、菩薩面をつけた人たちや僧侶、稚児らの行道がはじまるのは法要が終わる午後3時頃からである。近年の行道は塔頭である東寿院と遍明院とのあいだを行進することになっており、出発地点と到着地点は毎年入れ替わる。今年は東寿院を出発し、遍明院に到着するというルートであった。午後3時、法螺貝を吹き、銅鑼を打ち鳴らしながら、一行が東寿院を出発。坂道を30分ほどかけてゆっくり登り、遍明院へと向かった。何しろ一行のなかには仮面を被り、視界のほとんどを遮られた状態のものも多くいるのである。付き添いのものに介助され、自分でも足元を確かめながらゆっくり進むしかない。遍明院では内部に人が入った被仏(阿弥陀如来像)が迎え仏として待機しており、一行が入堂するたびにお辞儀を繰り返していた。中将姫の木像が入堂すると一連の行事は終了である。当日は寺宝の特別公開もおこなわれており、普段は閉じられている収蔵庫も一般に開放されている。遍明院では5体から成る木造五智如来坐像(国重文)を拝観することが叶った。昨年だったか、一昨年だったか、岡山県立美術館でもよおされた特別展で拝観して以来である。東寿院では本堂にまつられた快慶作の木造阿弥陀如来立像(国重文)を拝観することが出来た。境内ではうどんの接待もおこなわれており、檀家をはじめとする関係者総出で踟供養を盛り上げようという気概が感じられた。ただ、その関係者のなかに若者がいなかったのは気になる。関係者の高齢化が進むなか、その前途に一抹の不安も感じたのも事実である。
ラベル: 行事
posted by 乾口達司 at 21:45| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

岡山紀行(備前長船刀剣博物館)

20120509-1.bmp

岡山紀行(旭川の潮干狩り)→こちら

備前長船刀剣博物館”(岡山県瀬戸内市長船町長船966)を訪れるのははじめてである。その名のとおり、日本刀の名刀を展示した博物館である。備前長船は古くより東の美濃と並んで刀剣の生産がさかんな地域であったという。敷地内にもうけられた鍛刀場では刀身を作る刀匠たちの仕事振りを見学することが出来る。刀剣工房では塗師・白銀師・刀身彫刻の技法を見学することが出来る。刀剣そのものにはさほど興味のない私にも彼らの実演は興味深かった。毎月第2日曜日には古式鍛錬の様子も公開されているという。刀剣の製造過程をビジュアル的に紹介したコーナーも勉強になった。
ラベル:刀剣
posted by 乾口達司 at 22:19| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

岡山紀行(旭川の潮干狩り)

20120508-1.bmp

今回の岡山旅行では潮干狩りも楽しんだ。潮干狩りの場所として選んだのは旭川の下流である。正確にいえば、旭川大橋と岡南大橋とのあいだ、東岸に設けられたT字形のケレップ水制脇に広がる浅瀬付近である。バケツを持ち合わせていなかったため、ペットボトルを切り取った即席の容器を急遽用意した。スコップで砂地を掘る。大小さまざまなアサリを見つけることが出来た。なかには市販のものよりも大きなアサリもあった。翌朝、収穫したアサリ入りの味噌汁を作った。身が大きくぷるぷるして美味しかった。
ラベル:潮干狩り
posted by 乾口達司 at 20:05| 奈良 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

ベルフルール押し花教室押し花作品展のお知らせ。

20120507-1.bmp

宣伝告知。母親が主宰するベルフルール押し花教室の第11回押し花作品展が明日からなら工藝館でもよおされる。母親およびその教え子らの作品が展示されている。近くの人は足を運んであげて下さい。宜しくお願い申し上げます。

日時:2012年5月8日(火)〜13日(日)午前10時〜午後4時(8日は13時〜)
場所:なら工藝館ギャラリー阿字万字(奈良市阿字万字町1-1)
ラベル:押し花
posted by 乾口達司 at 17:10| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

帰宅しました。

ゴールデンウィークの後半は岡山を旅して来た。本日、無事に帰宅。今日は特に帰省のラッシュに巻き込まれることもなく、思いのほか早く帰宅することが出来た。今回の旅の記録は、明日以降、少しずつアップしていこう。旅の疲れが出たのか、調子が悪い。とにかく今日はもう寝ます。
ラベル:岡山
posted by 乾口達司 at 22:14| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

旅に出ます。

ゴールデンウィーク後半に突入した。ゴールデンウィークの後半は旅に出る。帰宅は6日の予定。天気も回復して来たようである。雨が上がり、これから暖かくなるのであろうか。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 10:51| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

京都市の同聚院。

同聚院(京都市東山区本町15-799)は東福寺の塔頭である。 東福寺を訪れる観光客は方丈や本堂、国宝の三門あるいは重森三玲の庭園にばかり目を奪われてしまいがちである。しかし、東福寺を訪れた際、是非にも訪れて欲しいのが、同聚院である。同聚院といえば、やはり不動明王坐像である。像高265センチメートルの丈六仏である。平安時代を代表する仏師・定朝の父親である康尚の作とされており、かつては藤原道長によって建立された五大堂に安置されていたものであるという。創建当初は残り4体の丈六明王像も安置されていたという。現存する一体だけでも充分に迫力がある。5体すべてが揃っていたときはさぞかし圧巻そのものであっただろう。
ラベル:仏像
posted by 乾口達司 at 20:32| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする