2011年05月31日

一条通でテイクアウト。

20110531-1.bmp

パン屋の“こはく。”(奈良市法蓮町417-1)がオープンしたのは昨年の夏のことではなかっただろうか。店の前を通るたびに気になっていた店である。先日、店の前を通りかかった折、思い切って入店した。こじんまりとした店内には無駄な装飾はほとんどなし。テーブルの上に焼き上げられたパンがずらりと並べられている。思いのほか種類が多くて何を買おうか迷ってしまう。新商品の開発も熱心に続けられているようである。自家製の天然酵母でパンを作ろうとする心意気には感服させられる。近いうちにまた訪れてみよう。それにしても、他府県に比べて、奈良県にパン屋が多いのは気のせいだろうか。
タグ:パン
posted by 乾口達司 at 21:01| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

新大宮で昼食。

20110530-1.bmp

今日の昼食は奈良ロイヤルホテル内の“竹の家”(奈良市法華寺町254-1奈良ロイヤルホテル内)にて。注文したのは石焼御膳。牛肉などの石焼の他にも刺身やご飯までついていた。ちょっとした集まりがあったので個室でゆっくりいただいた。それだけに久し振りにくつろいだ気分になった。
タグ:石焼
posted by 乾口達司 at 23:30| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

台風接近。

今日は朝から大阪まで出て仕事の打ち合わせ。明日は台風が接近するなかでの仕事となりそうだ。台風が本格的に接近して来る前にさっさと仕事を終えたいものだ。
タグ:仕事
posted by 乾口達司 at 22:16| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

ヒラヤーチー。

20110527-1.bmp

昨夜は久し振りにヒラヤーチーを作ってみた。ヒラヤーチーは沖縄の家庭料理である。おやつであるといっても良いだろう。小麦粉+卵+鰹のだし汁+ツナ缶のツナを適量混ぜ合わせる。混ぜ合わせたらフライパンに流し込み、中火で数分程度焼く。流し込んだ直後にざく切りにしたニラを適当にちらし、固まって来たらひっくり返す。そして、弱火で待つこと数分。完成である。ソースをつけていただいたが、ポン酢で食べても美味しいはずだ。
posted by 乾口達司 at 22:06| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

大和郡山でテイクアウト。

20110525-1.bmp

大和郡山の大型ショッピングセンター“イオンモール大和郡山店”(大和郡山市下三橋町741-122)には薄皮たい焼きの“銀のあん”がある。以前にも何度か立ち寄ったことがある。今回は3種類のたい焼きを購入。かりんとうの入った皮に包まれた“黒たい”2個・白玉抹茶ぜんざい1個・薄皮醤油1個である。特に“黒たい”は珍しく、その香ばしい香りに魅了された。
タグ:たい焼き
posted by 乾口達司 at 21:52| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

パスタ8

20110523-1.bmp

昨日はカレーであった。通常のカレーの具の他にもホウレンソウとカマンベールチーズを入れてみた。カレーは昨日のうちにすべてを消化することが出来なかった。今夜はその残り物のカレーを消化しなければならない。思い切って茹で上げたパスタにふりかけてみた。カレーパスタである。カレーをご飯にかけるか、パスタにかけるかの違いしかない。パスタにかけても美味しかった。
posted by 乾口達司 at 22:22| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

北京終町の地蔵院石仏。

20110522-1.bmp

北京終町の一画に阿弥陀三尊石仏がまつられている。石の高さは私の背丈よりも大きい。大きな船型光背である。残念ながら先端部分が欠落しているが、石像自体が立派であるために気にならない。近くを散策するときにはしばしば立ち寄る。一見の価値のある石仏である。
タグ:石仏
posted by 乾口達司 at 21:40| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

白昼の遭遇。

今日は仕事の合間に外出をした。所用があって某大手ショッピングセンターを訪問。自宅からかなり離れているため、普段、頻繁には訪れないところである。今年に入ってはじめての訪問ではなかろうか。店内に入ったところでいきなり小学時代の同窓生KMと遭遇した。数年振りの再会である。KMは都合が悪くて昨年末の同窓会には出席していなかった。そのKMとまさかこんな白昼にこんなところで遭遇するとは思わなかった。不思議なことは続くものである。KMと再会した後、店内では仕事仲間のTを目撃。Tの方は私には気づいていなかったようである。くわばら、くわばらである。
タグ:同窓会
posted by 乾口達司 at 22:36| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 同窓会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

今市町の帯解寺。

20110519-1.bmp

帯解寺(奈良市今市町734)は全国的に名の知られた安産祈願の寺院である。平安時代、文徳天皇の妃・藤原明子に子どもが出来ず悩んでいた折、春日明神のお告げによって帯解子安地蔵菩薩に祈ったところ、間もなく懐妊。生まれたのは後の清和天皇となる惟仁親王である。懐妊を喜んだ文徳天皇は伽藍の建立とともに寺号をあらため、無事に帯が解けた寺であるという意味で帯解寺と命名したという。以来、安産祈願の寺院として多くの参詣者を集めている。特に戌の日には安定期に入った妊婦が夫や家族にともなわれて大挙として押しかける。写真は受付に置かれている腹帯のサンプルである。安産祈願の寺ならではの光景である。鎌倉時代に造られた本尊の地蔵菩薩坐像(国重文)も立派である。
タグ: 安産
posted by 乾口達司 at 23:13| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

高畑でおやつ。

20110518-1.bmp

空気ケーキ”(奈良市高畑町738-2ふれあい会館1F)は開店当初から何度も訪れている。先日もU子が来訪するということでお土産に購入した。写真は店の名前にもなっている名物の空気ケーキである。写真で見るよりもサイズが大きい。空気ロールもお勧めである。
タグ:ケーキ
posted by 乾口達司 at 22:46| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

山陵町の津風呂地区移転記念碑。

20110517-1.bmp

神功皇后陵古墳(五社神古墳)の東側の道を北上してゆくとやがて山陵町の津風呂地区に出る。津風呂という名称から思いつくのは吉野町にある津風呂ダムであろう。津風呂地区はダムの建造によって移転を余儀なくされた住民の一部が移転して来た地である。石碑はならやま大通りから南下して来た道と神功皇后陵古墳の東側を北上する道とがぶつかる地点に建てられている。建立は昭和45年4月29日。碑文には移転にいたる経緯が記されている。なかでも、印象深いのは、津風呂ダムにたたえられた水が大和平野の旱害を救うとともにそこで使われる工業用水が奈良県の産業の振興に役立つことを願うと記されている部分である。そこからは奈良県のために住み慣れた郷里を移転することを決意したという彼らの複雑な思いを透視することが出来る。散歩の折、石碑の前の道を通ることがある。石碑の前を通ると必ず立ち止まって碑文を読む。繰り返し読んでも感銘を受ける文章である。
タグ:石碑
posted by 乾口達司 at 22:26| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

タイツリソウ開花。

20110516-1.bmp

タイツリソウを栽培し始めたのは5、6年前のこと。以来、毎年、この時期になると順調に花を咲かせる。今年もいよいよ花が咲き始めた。これからたくさんの花を咲かせるはずである。それにしても不思議な形をした花である。花が咲くたびにいつもそう思う。
posted by 乾口達司 at 22:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

種村季弘『食物漫遊記』

20110515-1.bmp

種村季弘氏には、一度、お会いしたことがある。当時、私が勤務していた大学に講演に来られた。そのときは織田作之助について話されたのではなかっただろうか。講演の後、近くの酒場にお連れしていろいろお話をうかがった。酒場では泉鏡花や大阪に点在する渡来人の旧跡について語ったおられたように思う。氏が亡くなる5年ほど前のことである。懐かしい思い出である。氏の書物は何冊か持っている。先日、所用があってそのなかの『食物漫遊記』(筑摩書房/1981年3月)を引っ張り出した。久し振りに再読したが、その飄々とした文体に相も変わらず魅了された。序章に当たる「嘘ばっかり」の書き出しは次のようなものである。「よだれが出るほどうまそうな物をチラ付かせながら、アレがうまかった、これはこたえられない、と能書きを並べた食通随筆を読まされると、正直のところ、あんまりいい気持ちはしない。こン畜生、一人だけいい思いをしやがって。酢豆腐。きいたふう。半可通。生唾が嫉妬と羨望の毒を吸ってすっかりどす黒くなったのが、うらみがましくペッペッとそこいら中に吐き出されるような塩梅である」。当該部分からもあらかた想像がつくように『食物漫遊記』はいわゆるグルメエッセイではない。「嘘ばっかり」という序章の章題と絡めると食べ物にまつわるさまざまな虚構(嘘)を描いた作品であるといって良い。なかでも、興味深いのは「絶対の探求」で綴られる「岡山にある日本一の焼鳥屋の話」である。岡山には所用でしばしば出掛ける。しかし、岡山に住む知人に訊ねてみても、そのような店が実在するのかどうか、さっぱり要領を得ない。無理もあるまい。著者である種村氏自身が実際にそのような店が存在するのかどうかを自分の目で確認することが出来ないまま、筆が置かれているのである。虚実のはざまをたどるうちに食べ物にまつわる迷宮のなかを彷徨うような感覚をおぼえる作品である。
タグ:種村季弘
posted by 乾口達司 at 21:44| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

奈良町で一杯。

20110513-1.bmp

日中に仕事を終えた。夕方から奈良町へ繰り出した。おもむいたのはワインバーの“seve”(奈良市西寺林町19-1)である。事情で開店早々に訪問。赤ワインをいただいた。午後6時を過ぎていたとはいえ、外はまだ明るい。明るいうちから酔うのは良い気分であった。
タグ:ワイン
posted by 乾口達司 at 21:37| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

桜井市の安倍文殊院。

20110509-2.bmp

安倍文殊院では先日まで本堂内部の改装工事がおこなわれていた。その際、巨大な獅子像に乗った本尊・渡海文殊坐像は獅子像から分離し、別の台座の上に置かれていた。昨年の平城遷都1300年祭の一環として公開されたときには獅子像を降りた本尊としてさかんにPRされていたものである。しかし、安倍文殊院の場合、やはり獅子像の背中に乗ってこそのお姿である。今回、改装工事の完了に合わせてその雄姿がふたたび見られるようになったのはまことに悦ばしいことである。写真は境内の西古墳の前に建つ安倍仲麻呂の望郷詩碑である。2010年1月に建立されたものである。碑文は仲麻呂が詠んだとされる「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」。榊莫山先生の揮毫である。
posted by 乾口達司 at 17:29| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜井で昼食。

20110509-1.bmp

桜井市で昼食をとった。立ち寄ったのは中華料理の“ターボー”(奈良県桜井市芝303-1)である。大神神社に参拝に出掛けた折など、以前より気になっていたお店である。今回、念願の入店を果たすことが出来た。オススメのねぎらーめんと焼飯のセットからなるB定食を注文。さらに水餃子も追加をした。ねぎらーめんは醤油ベース。ネギがスープに絡んで美味しかった。水餃子もつるっとした食感である。ラーメン屋ではなくてあくまで中華料理店である。おそらく他のメニューも美味しいだろう。近いうちにまた訪れ、今度は別の料理を注文してみようと思う。
タグ:ラーメン
posted by 乾口達司 at 17:23| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

西国三十三所巡礼(総持寺)

20110508-1.bmp

西国三十三所巡礼の旅に出た。今回の目的地は第22番札所・総持寺(大阪府茨木市総持寺1-6-1)。阪急総持寺駅から歩いて5、6分のところにあるため、交通の便はすこぶる良い。以前、本尊が御開帳されている期間に訪れて以来である。周囲もゆっくり散策することが出来た。
posted by 乾口達司 at 21:27| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三所巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

後藤明生を読む会(第4回)

後藤明生を読む会(第3回)→こちら

後藤明生を読む会の第4回目がもよおされた。場所は1回目におこなわれたプレラにしのみやである。本日のテクストは『日本近代文学との戦い』(柳原出版)であった。『日本近代文学との戦い』は私も編者として関わっただけに想い出深い。そして、責任もある作品である。いつものように代表の発表者が基調報告をおこなった。その後、参加者で討議がおこなわれた。今回も話題となった事柄をアトランダムに列記しておこう。3つの関係=関係A:私⇔(見る/見られる)⇔他者・関係B:私(教師)→他者(学生)・関係C:私⇔(話す/テレビを見るように見る)⇔学生、「私語との格闘」ではなく「私語と格闘」という題名であることの意味、「『真似』と『稽古』」における最後の一文=「私のフィクションである」という告白を書くか書かないかということ、他者との関係によって崩れてゆく文章、「談話」「講義」「講演」「送辞」「答辞」といった話し言葉をテーマにしていることの狙い=後藤明生風の「言文一致」の試み。内田魯庵の孫娘でポーランドの児童文学翻訳者である内田莉莎子をめぐるエピソードについて、特にその時間的重層性について、フィツォフスキ作・内田莉莎子訳『ジプシーのむかしばなし』の引用部分について。1箇所の誤植だけで1篇の小説を書き上げてしまう力量について、「シーシー蝉」に見られる「死」の予感、唐突に書き込まれる「かねこさん」と「うたこさん」とは何者か。次回の開催は8月。次回は『行き帰り』について討議をおこなう予定である。
タグ:後藤明生
posted by 乾口達司 at 23:31| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

実家でバーベキュー。

20110505-1.bmp

今日は良い天気であった。暑いくらいである。今年はじめてのバーベキューを実家の庭でおこなった。牛肉・豚肉・鶏肉・ソーセージ・野菜類などを七輪の上に並べて焼いた。快晴のもと、絶好のバーベキュー日和であった。昨年の初夏から夏にかけては何度かバーベキューをもよおした。しかし、それ以降はもよおしていない。それだけに新鮮な気持ちでバーベキューを愉しんだ。
posted by 乾口達司 at 22:14| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

平城宮跡で昼食。

20110502-1.bmp

昨日に引き続き、今日も所用で平城宮跡へ。昼食は東鮓のケータリングサービスで注文した弁当をいただく。同じ町内に住む幼馴染が東鮓に勤務していることもあり、東鮓の弁当はしばしばいただく。今日の弁当も見た目以上にボリュームがあり、もちろん、美味しかった。平城宮跡をわたる風も清々しかった。
タグ:弁当
posted by 乾口達司 at 21:05| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

平城宮跡でおやつ。

20110501-1.bmp

今日は昼前から平城宮跡へ。平城宮跡では4月29日から5月5日まで平城京天平祭(昨年までの平城遷都祭)がもよおされている。私が訪れたとき、第一次大極殿前に設けられたステージではせんとくんダンスショーが繰り広げられていた。佐伯門から第一次朝堂院にかけて設けられた東市・西市にはさまざまな出店が軒を連ねていた。写真は買い求めたイチゴ大福。普段は道の駅・針テラスの敷地内に店舗を構える“和菓子処 純 針テラス店”(奈良市針町345道の駅針テラス内)のイチゴ大福である。特にイチゴののったレアチーズクリームが美味しかった。明日も所用で平城宮跡に出没する予定である。

タグ:大福
posted by 乾口達司 at 21:57| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする