2011年01月31日

風邪をひいた。

昨日は早朝出勤。昨日の日記にも記したように背中の激痛はやわらいだ。その代わり、今朝は身体がだるかった。悪寒もする。風邪をひいたようである。どうやら昨日の寒さが影響したようだ。昨日、スタッフとして働いてくれたSからもメールが届いた。Sも風邪をひいたようである。今日は散歩に出る予定であった。しかし、風邪では仕方がない。自宅で大人しく寝ていた。
ラベル:風邪
posted by 乾口達司 at 19:57| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

背中に激痛でも仕事。

今日は早朝出勤。昨日、背中に激痛が走ってこともあり、昨夜はあまり眠れなかった。おかげで寝不足である。ふらふらになりながらも仕事をこなした。仕事中も姿勢によっては背中に激痛が走る。ときどき「あっ」とか「うっ」とか呻き声を出しそうになりながらも我慢し続けた。仕事は夕方には無事に終了した。不思議なものである。仕事が終わると激痛は大幅に和らいでいた。現金なものである。とにかく仕事も終わり、激痛も和らいでやれやれである。
ラベル:仕事
posted by 乾口達司 at 21:44| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

背中に激痛。

今日は朝から心斎橋で打ち合わせ。終了後、書類を作成して帰宅した。帰り道、どこでどう間違ったのか、背筋に激痛が走った。寒いせいだろうか。入浴によって問題の箇所の筋肉を揉みほぐしておいた。しかし、まだ少し痛い。明日は早朝出勤。大丈夫だろうか。とにかく頑張ります。
ラベル:仕事
posted by 乾口達司 at 20:55| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

常夜鍋―その後。

常夜鍋という名前のとおり、常夜鍋の続篇である。ホウレンソウと豚肉の他にもすいとんや中華ソバを投入。これもまた美味しかった。明日はさすがに別のものを作ってみよう。
posted by 乾口達司 at 23:19| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

常夜鍋。

20110126-1.bmp

寒い時期である。ホウレンソウと豚肉を使った常夜鍋を作った。作り方はいたって簡単。鍋にホウレンソウと豚のバラ肉を投入するだけである。今夜はポン酢で食べてみた。久し振りのヘルシー料理に満足した。
posted by 乾口達司 at 23:03| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

矢田丘陵縦走35

20110124-1.bmp

仕事をようやく終えたのは今朝のこと。今日は終日オフである。疲れた身体をリフレッシュさせるためまたまた矢田丘陵を縦走して来た。前回、矢田丘陵を縦走したのは3日前。そのときのことは1月21日の日記に記した。いつものように東坂・追分を経由して子供の森へ。子供の森からは一気に尾根筋へと駆け上がった。松尾寺に立ち寄ってから法隆寺へ。法隆寺では韓国人小学生の一団を目撃した。修学旅行なのであろうか。旗を持ったガイド嬢(彼女も韓国人)に先導されて境内をぞろぞろ歩いていた。写真は追分集落から少し登ったところに立てかけられている看板である。国道308号線沿いに建つ某工務店から50メートルほど進んだ先の藪のなかに立てかけられている。看板には地図が記されている。どうやらここから霊山寺の奥の院へと抜けるハイキングコースが設けられていたようである。しかし、現在は通り抜けが出来ない。そのような注意書きが看板の脇に記されている。第二阪奈道路が開通するまでは奥の院へと抜けることが出来たのであろう。しかし、第二阪奈の開通によって山が削り取られ、奥の院へと続くハイキングコースも消滅してしまったのではなかろうか。看板の前には立ち枯れた雑草類が生い茂っている。もちろん、立ち入りを禁止された奥のハイキングコースも同様であった。
ラベル:矢田丘陵
posted by 乾口達司 at 18:20| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

餅2

20110123-1.bmp

餅米をいただいた。せっかくなので店で餅に作り直してもらった。写真はついてもらった餅である。これでしばらくはまだ餅を食べ続けられそうである。2009年1月17日の日記にも記したように、今日は私の好物であるバター餅を食べた。焼いたお餅にバターを絡めるだけである。私にはこれで充分に美味しかった。
ラベル: バター
posted by 乾口達司 at 23:38| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

頑張って仕事中。

昨日、矢田丘陵を縦走して来たせいだろう。身体が軽い。昨夜から仕事を再開したが、おかげで快調である。現在も仕事を続行中である。あと数時間はこのまま頑張ってみようと思っている。明日中には仕事を一段落させられるのではなかろうか。頑張ります。
ラベル:仕事
posted by 乾口達司 at 23:55| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

矢田丘陵縦走34

20110121-1.bmp

仕事が山のように届いている。おかげで身体がなまって仕方がない。身体の調子を取り戻すべく、昼前から矢田丘陵を縦走して来た。前回、矢田丘陵を縦走したのは10日前のこと。そのときのことは1月11日の日記に記した。いつものように追分を経由して子供の森から尾根筋へ。松尾寺を経由して法隆寺へと下った。写真は尾根筋に点在する休憩ポイントの一つ・まほろば展望休憩所である。まほろば展望休憩所からは奈良盆地の北部一帯を見渡すことが出来る。手前に垂仁天皇陵古墳の森が見える。遠く若草山のふもとには東大寺大仏殿の大屋根も見える。しかし、視界は思いのほか狭い。もう少し樹木を左右に切り開くと絶景になるのであろうが、樹木の状態を考えると無理はいえない。平日だったせいだろう。尾根筋では2人のハイカーとすれ違っただけであった。
ラベル:矢田丘陵
posted by 乾口達司 at 22:07| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

お尻が痛い。

お尻が痛いといっても病気であるというわけではない。仕事が忙しく、一日の大半を机の前で過ごしている。その影響で椅子に坐りっぱなしのお尻が痛くなっているということである。そろそろ疲れて来た。明日も仕事はまだ残っている。しかし、このままでは腰痛になってしまう。痔にもなるかも知れない。明日は気分転換に歩いて来ようと思う。
ラベル:仕事
posted by 乾口達司 at 23:48| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

仕事で忙しい。

今月は仕事で猛烈に忙しい。最近は24時間のうちの半分くらいは仕事に費やしているのではなかろうか。とにかく猫の手も借りたいくらいである。おかげであちらこちらへと出掛けることがなかなか難しくなってしまった。来週は別件の仕事も入っているので今週よりもさらに忙しくなる予定である。限られた貴重な休日は血行の悪くなった身体をリフレッシュさせるべく出来るだけ散歩に出ようと思っている。
ラベル:仕事
posted by 乾口達司 at 23:05| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

寒い。

年末以来、寒い日が続いている。先週末からの寒波も身体にこたえた。小雪のちらつく時間帯もあった。しかし、それはそれで冬らしくて良いではないか。生暖かい風が吹く真冬よりもよほど良い。そんなふうに思っている。この寒さはまだまだ続くのだろうか。望むところである。春の到来まで、この寒い季節をもう少し満喫したいと思っている。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 21:50| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

西国三十三所巡礼(圓教寺)

20110117-1.bmp

西国三十三所巡礼の旅に出た。今年に入ってはじめての巡礼である。今回の目的地は第27番札所・圓教寺(兵庫県姫路市書写2968)である。JR姫路駅からバスに乗り込む。そして、書写山ロープウェイで山上へ。ここからさらに森のなかを歩いて境内に足を踏み入れる。広大な敷地を有した寺院である。おかげで拝観にはかなりの時間を要した。写真は食堂(国重文)の2階廊下から撮影したもの。食堂と大講堂・常行堂(ともに国重文)にかこまれた左手の広場は映画やテレビの時代劇の舞台として使われたこともある。山上からの眺めは素晴らしかった。ロープウェイの山上駅の近くには椎名麟三の文学碑が建てられていた。そこには「言葉のいのちは愛である」という言葉が刻み込まれていた。筆の主は岡本太郎であった。
posted by 乾口達司 at 22:30| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三所巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

後藤明生を読む会(第3回)のお知らせ。

2009年の年末以来、大学時代の同窓生たちと内向の世代の小説家・後藤明生(1932年〜1999年)をめぐる勉強会を立ち上げようと話し合って来た。これまでに何度も会合を重ねた。そして、8月29日に第1回の読書会をもよおすことが出来た。そのときのことは2010年8月30日の日記に報告したとおりである。11月20日には2回の読書会がもよおされた。そのときのことは2010年11月20日の日記に記した。参加は自由である。興味のある方はいらっしゃって下さい。

■第3回後藤明生を読む会の御案内
謹啓 酷寒の候、益々御健勝のこととお慶び申し上げます。
2009年の暮れから有志で集まり、内向の世代の文学者・後藤明生の評論集を制作・刊行してみようと話しあってまいりました。それに先立ち、後藤明生の文学をより深く理解するため、これまでに「後藤明生を読む会」を企画・運営し続けております。後藤作品について共同で討議をするなかでお互いの認識と協同性を高めあい、評論集の執筆へと発展してゆければと考えております。特に発表者と聞き手とが相互に入れ替わることで各人がテクストの読み手であると同時に書き手であるという相互変換的な存在へと成長していければと願っております。
さて、来る2月12日、第3回の「後藤明生を読む会」をもよおします。
万障お繰り合わせの上御出席下さいますよう御案内申し上げます。          
謹白

《日時》…2011年2月12日(土)午後1時〜4時半頃
《場所》…阿倍野市民学習センター第3会議室
《住所》…大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-300(あべのベルタ3F)
《TEL》…06-6634-7951
《交通案内》…地下鉄谷町線「阿倍野」駅F番出口より、「あべのベルタ」地下2階通路を通って3階へ上がって下さい。
《テクスト》…後藤明生『吉野大夫』(平凡社・中公文庫/あらかじめ読んで来ていただけると幸いです)
《参加費用》…1000円程度(資料代を含む/参加者数によって若干変わります)
《その他》…終了後、近くの店で打ち上げをおこないます。要実費負担。
posted by 乾口達司 at 23:37| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

矢田丘陵縦走33

20110111-1.bmp

今日はオフ日。仕事で疲れた身体の調子を戻すため、朝から矢田丘陵を縦走した。前回、矢田丘陵を縦走したのは1週間前のこと。そのときのことは1月4日の日記に記した。今日は平日だったせいだろう。矢田丘陵では数人のハイカーとすれ違っただけであった。いつものように追分を経由して子供の森から尾根筋へ。松尾寺を経由して法隆寺へと下った。夕方から人に逢わなければならない用事があった。そのため今回はJR法隆寺駅から帰宅の途についた。写真は追分集落に鎮座する追分神社の鳥居。正月の注連飾りが取りつけられていた。
ラベル:矢田丘陵 神社
posted by 乾口達司 at 22:05| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

仕事終わりに。

連休中にたずさわっていた仕事が終わったのは今日の午後であった。何とか今日中に終わらせることが出来た。まったくやれやれである。しばらく部屋に閉じこもっていたこともあり、身体の血のめぐりが良くない。血のめぐりを良くするため、仕事を終えてから2時間ほど散歩に出掛けた。しばしば歩くルートをぐるりと一巡。自宅を出たときは寒く感じた。しかし、歩いているあいだに血行が良くなったのであろう。寒く感じることはなくなった。おかげで身体の調子も良い。明日は夕方に人と逢う予定が入っている。しかし、それまではオフである。健康のためにもう少し散歩の距離をのばしてみようと思う。
ラベル:仕事
posted by 乾口達司 at 22:50| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

生駒市の音の花温泉。

今日は昼過ぎまで仕事に明け暮れた。午後からは思い立って生駒市の音の花温泉(生駒市小平尾1008-12)へ。平日だったせいだろう。湯船には数名の老人が浮かんでいるだけだった。明日からはまたかなりの分量の仕事をこなさなければならない。英気を養った半日オフだった。
ラベル:温泉
posted by 乾口達司 at 23:30| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

咳が出る。

先日来、頻繁に咳が出る。熱はない。風邪をひいたのであろうか。それにしては体調が悪いわけではない。むしろ絶好調である。しかし、咳が出る。これはいったいどういうわけだろうか。周囲では、年末年始、ずっと寝込んでいたもの、ギックリ腰を患ったもの、インフルエンザにかかったものなどさまざまである。咳が出るくらいは大したことではないのかも知れない。しかし、来週は少しバタバタする。それまでには咳も止めておきたいものである。用心に用心を重ねよう。
ラベル:風邪
posted by 乾口達司 at 23:16| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

矢田丘陵縦走32

20110104-1.bmp

今年に入ってはじめて矢田丘陵を縦走して来た。前回、矢田丘陵を縦走したのは年末の12月27日のこと。そのときのことは2010年12月27日の日記に記した。今回もいつものように追分・子供の森・松尾寺を経由して法隆寺へと下った。松尾寺には初詣客が多く見られた。法隆寺も同様である。年末に訪れたとき、いずれの境内も閑散としていたものである。それだけでも年が明けたことを実感させられた。葉を落とした木々の寂しいたたずまいが冬の矢田丘陵を良く表していた。
ラベル:矢田丘陵
posted by 乾口達司 at 23:37| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

初詣。

20110103-1.bmp

年末からの積み残しの仕事が今朝ようやく終了した。午後からは京都まで初詣に出掛けた。向かったのは北野天満宮(京都市上京区馬喰町)である。初詣に北野天満宮を訪れるのは久し振りである。相変わらず参拝者の数が多かった。帰り道、参道に並ぶ屋台をひやかしに眺めた。その後、近くの椿寺地蔵院(京都市北区一条通り西大路東入る大将軍川端町2)まで足をのばす。1月1日から3日までは等身大の十一面観音菩薩立像の特別開帳もおこなわれていた。慈覚大師の作として伝えられているという。穏やかな表情の仏さまであった。
ラベル:神社 仏像
posted by 乾口達司 at 23:44| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

謹賀新年。

20110101-1.bmp

新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。年末以来、仕事を続けています。仕事は3日くらいまでかかりそうです。それからが私にとっては本当の正月休みとなることでしょう。それまでは必死に頑張ります。
ラベル:正月
posted by 乾口達司 at 23:59| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする