2010年12月30日

新年を迎えるに当たって。

昨日は小学校の同窓会だった。帰宅後、深夜未明まで仕事に励んだ。今日も終日仕事を続けた。明日も自宅にこもって仕事を続ける予定である。おそらく新年3日くらいまでは仕事に励んでいることだろう。有り難い限りである。今年は何かと忙しい一年だった。来年も現状以上の頑張りを見せてゆきたい。来年も宜しくお願い申し上げます。
タグ:正月
posted by 乾口達司 at 20:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

小学校の同窓会。

今日は小学校の同窓会だった。場所はならファミリー内の桃谷樓西大寺店(奈良市西大寺東町2-4-1ならファミリー6F)。幹事は開宴の1時間前に現地に集合した。先生方へのお土産を購入したりして時間を潰した。年末ということもあって出席者数は思いのほか少なかったが、それでも懐かしく、充実したひとときを持つことが出来た。Hと数十年振りの再会を果たすことが出来たのも収穫だった。会食後はフードコートに移動してお茶。夕刻からの2次会は近くの“千歳”(奈良市西大寺北町1-1-9)でとりおこなわれた。2次会からはI・Y・U・N部長も参加してくれた。皆さん、お忙しいなかを駆けつけていただき、ありがとうございました。
posted by 乾口達司 at 21:41| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 同窓会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

嵐の年末。

今日の日中は思いのほか寒くはなかった。しかし、夕方以降、西方から急速に黒雲が流れ込みはじめた。そうかと思っていると、突然、雷鳴が轟いた。あっというまに土砂降りの大雨である。その様子は「嵐」という言葉に相応しいほど荒々しいものであった。まさしく嵐の年末である。年末の気忙しさに追い撃ちをかけるようにして荒れ狂う様子がいちだんと騒々しさをかき立てる。年末年始も仕事を続ける我が身にとっては確かに厳しさを感じさせる嵐の一夜である。
タグ:
posted by 乾口達司 at 22:50| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

矢田丘陵縦走31

20101227-1.bmp

昨日は忙しかった。今日は久し振りの完全オフ日である。矢田丘陵を縦走して来た。前回、矢田丘陵を縦走したのは10月24日。そのときのことは10月24日の日記に記した。あれから2ヶ月も経ったのか。早いものだ。いつものように追分を経由して子供の森へ。そこから尾根伝いに松尾寺・法隆寺へと下った。前回の縦走時から比べると尾根筋はすっかり冬支度を調えていた。道筋には落ち葉が降り積もっていた。昨夜の雪の名残も見られた。今年の矢田丘陵縦走はこれが最後であろうか。来年も何度か歩きたいものである。
タグ:矢田丘陵
posted by 乾口達司 at 22:16| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

難波&梅田で一杯。

23日・24日は忘年会であった。23日は今年の夏からはじめた後藤明生研究会のメンバーと難波の“銀鱗亭禅”(大阪市中央区難波5-1-60なんばCITY本館地下1F)へ。午後5時から呑みはじめた。私はビールと日本酒をいただいた。体調が芳しくなかったこともあり、あまり食は進まなかった。しかし、M氏によそってもらった鯛めしは美味しかった。W氏とは久し振りに再会を果たした。W氏の談論風発は相変わらず心地良かった。24日は午後から京都の柳原出版へ。私の著書『花田清輝論』や私が編者を務めた後藤明生の『日本近代文学との戦い』を担当してくれた編集者のA氏と歓談。今年、訪れた沖縄と中国・北京の話題、後藤明生研究会で読まれた『吉野大夫』などについて語り合った。夜は梅田に出て新梅田食道街の“あさぎ”(大阪市北区角田町9-10新梅田食堂街内1F)へ。“あさぎ”を訪れるのは久し振りである。A氏とは刺身をつまみながらビールや焼酎を呑んだ。
タグ:焼酎
posted by 乾口達司 at 21:52| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

あなたにめぐり逢ったのは。

あなたにめぐり逢ったのは寒い夜のことだった。その日、あなたは忙しそうにしていたね。僕も何だか気忙しい気分だった。しかし、そんな夜に僕たちには一つの絆が生まれた。出逢ったその日に絆が生まれようとはせっかちな僕でも思わないことだった。これは偶然だったのだろうか。それとも必然だったのだろうか。僕には神さまが引き合わせてくれたとしか思えない。そう思わせるほど僕たちの出会いは運命的なものだった。僕はそう思っているよ。絡まる指のあたたかさを僕はいまも忘れられないでいる。そして、今夜、僕たちはふたたびめぐり逢った。出会いの瞬間が衝撃的であったからこそ今夜の僕たちは穏やかな時間を過ごすことが出来た。おかげで僕はあなたの意外な一面を知ることが出来た。これは神さまに感謝していいことだろう。次回、あなたと逢うのはいつのことか。その日は決して遠くはないはずだ。あなたと逢えるその日まで僕はあなたの指のぬくもりをしっかりと憶えていよう。
タグ:出逢い
posted by 乾口達司 at 22:44| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

東向商店街のイルミネーション。

20101220-1.bmp

東向商店街の親愛幼稚園がいまイルミネーションで飾り立てられている。なかでも、大きなツリーは人一倍眼をひく。観光客も少ないのでゆっくり眺めることが出来る。教会のなかに立ち入ることも出来た。
posted by 乾口達司 at 20:43| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

N部長宅カニ鍋パーティー。

20101218-1.bmp

仕事がなかなか終わらない。そのようななか、今夜は仕事を途中で抜け出してN部長宅でのカニ鍋パーティーに駆けつけた。参加したのはN部長一家・マリンバ奏者のM・主婦のMT・公務員OKである。カニ鍋の後は雑炊をいただいた。カニのエキスが染み込んだ雑炊も美味しかった。シーズン中にもう一回くらいはカニ鍋パーティーをもよおしたいものである。N部長、宜しくお願い致します。
タグ:カニ
posted by 乾口達司 at 23:54| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

奈良町で一杯。

20101216-1.bmp

今夜は奈良町でクリスマスディナーを楽しんだ。場所はいつものワインバー“seve”(奈良市西寺林町19-1)である。今年は白と赤を一杯ずついただいた。昨年、感動したフォアグラのテリーヌはまだ作られていなかったため、今年はオマール海老をいただいた。リンゴのタルト&アイスクリームのデザートも美味しかった。来年のクリスマスディナーはもっと賑やかになるだろう。来年も楽しみである。
タグ:ワイン
posted by 乾口達司 at 23:08| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

奈良町で夕食。

20101215-2.bmp

のっぺ汁は春日若宮おん祭の大宿所祭で振る舞われる。数センチ四方の厚揚げの他に乱切りにされたゴボウ・人参・大根・こんにゃく・里芋などが入った汁物である。素朴な味である。しかし、寒いなかにあって身体があたたまる。今夜も御湯立神事を待つ間にいただいた。
タグ:汁物
posted by 乾口達司 at 23:10| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春日若宮おん祭(大宿所祭)

20101215-1.bmp

夕方、所用があって奈良町に出向いた。所用が済んだ後、そこから歩いて5分ほどのところにある餅飯殿商店街の大宿所へ出掛けた。春日若宮おん祭の一環である大宿所祭を見学。午後6時から執りおこなわれた御湯立にも加わった。大宿所祭は昨年も見学している。そのときのことは2009年12月15日の日記に記したとおりである。去年の日記にも記したように今回も境内の片隅に吊るされた「懸鳥」(雉や塩鮭の御供物)をしげしげと覗いていた。昨年は、祭の終了後、“蔵”(奈良市光明院町16)で夕食を済ませたものである。しかし、今年は真面目に真っ直ぐ帰った。
タグ:
posted by 乾口達司 at 23:03| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

天理駅前のイルミネーション。

20101213-1.bmp

所用で天理方面へ出掛けた。夕方、天理駅の駅前広場を通りかかると、さまざまなイルミネーションで飾られているのを発見。なかなか綺麗であった。普段は閑散としている地味な駅前広場が一気に華やいで見えたものである。イルミネーションは来年の1月9日まで点灯されているようである。
posted by 乾口達司 at 22:21| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

水間で昼食。

20101212-1.bmp

社会福祉法人・青葉仁会が経営する“カントリーカフェハーブクラブ”(奈良市水間町3020-3)は奈良市東部の水間町にある。前回、訪問したのは5ヶ月前のこと。そのときのことは7月15日の日記に記した。前回の訪問は平日であった。しかし、今回は日曜日である。店内は客でゴッタ返していた。森や田んぼ、茶畑にかこまれた長閑な山中にこれだけの人が集まるのは稀有ではあるまいか。それだけ人気の店であるということだろう。今回もスペアリブランチとピザを注文した。スペアリブは相変わらずジューシーでボリューム満点であった。石窯で焼いたパンも美味しかった。
posted by 乾口達司 at 22:38| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

西ノ京で夕食。

20101210-2.bmp

夜は“SHABATON”(奈良市六条町124-1)ヘおもむいた。今年の10月に開店したばかりの無鉄砲グループのお店である。現在、ラーメンのメニューは「豚そば」「豚つけ麺」「あっさり中華そば」の3種類。まだ販売されていない「豚まぜそば」というメニューにも惹かれる。今回は同行者と一緒であったため、「豚そば」と「豚つけ麺」をそれぞれ注文。さらに「豚めし」も追加してみた。ラーメンはこれまでの無鉄砲グループのラーメンとは趣きが異なり、比較的、ソフトである。事前に二郎系ラーメンとの類似性を聞いていた。しかし、二郎系とも一線を画していると思う。やはり無鉄砲グループのラーメンである。これはこれで魅力的であった。隣の大きな製麺室も興味深かった。
タグ:ラーメン
posted by 乾口達司 at 22:45| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルフルール押し花教室押し花作品展。

20101210-1.bmp

母親が主宰するベルフルール押し花教室の押し花作品展について案内したのは12月6日の日記だった。今日は時間が作れたため、作品展が開かれている国際奈良学セミナーハウスへおもむくことが出来た。作品は敷地内の旧世尊院の屋内にずらりと並べられていた。作品の数が思いのほか多かった。テーマも制作者によってまちまちである。今年、話題になったせんとくんをかたどったものも見られた。観覧者もちらほら訪れていた。N部長のお母さんにも昨日来ていただいたとのこと。ありがとうございました。
タグ:押し花
posted by 乾口達司 at 22:26| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

鶏レバー入り団子スープ。

20101207-1.bmp

鶏レバーを使った団子を作った。血抜きをした鶏レバーをまずは熱湯で10分ほど茹でる。その後、湯から引揚げて粗熱をとってみじん切りにする。みじん切りにした鶏レバーはあらかじめボウルに入れておいた鶏のミンチ(適量)+みじん切りにした玉ねぎとショウガ(適量)+溶き卵+パン粉(適量)+酒(大匙2杯程度)+顆粒状の鶏がらスープ(適量)+コショウ(少々)と混ぜ合わせる。それを団子状にして沸騰した鶏がらスープ(みじん切りにした玉ねぎ入り)に入れると完成である。先日のパン教室で作ったシュトレンや食パンと一緒にいただいた。
タグ:スープ
posted by 乾口達司 at 22:59| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

ベルフルール押し花教室押し花作品展のお知らせ。

20101206-6.bmp

宣伝告知である。母親が主宰するベルフルール押し花教室の第10回押し花作品展が国際奈良学セミナーハウスでもよおされている。母親およびその教え子らの作品が展示されている。近くの人は足を運んであげて下さい。宜しくお願い申し上げます。

日時:2010年12月6日〜12日午前10時〜午後4時(最終日は午後0時まで)
場所:国際奈良学セミナーハウス(旧世尊院/奈良市登大路町63)
タグ:押し花
posted by 乾口達司 at 22:53| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大和郡山市の慈光院。

20101206-3.bmp

20101206-4.bmp

20101206-5.bmp

広陵町からの帰り道、慈光院(大和郡山市小泉町865)にも立ち寄った。久し振りの慈光院である。先日、仕事で片桐半右衛門や片桐且元に代表される片桐一族について調べる必要があった。その関係もあって慈光院に立ち寄ったのである。いうまでもなく、慈光院は大和小泉藩の藩主であった片桐貞昌(石州)が且元の弟に当たる父・貞隆の菩提を弔うために建立した寺院である。見所は茶室と回遊式の庭園(写真)である。特に庭園は素晴らしい。京都とは異なり、奈良には名の知られた庭園は少ない。その少ない庭園のなかにあって慈光院の庭園は随一の素晴らしさを誇っている。そういっても過言ではない。ツツジをはじめとする木々によって形作られた大刈込が見事である。奈良盆地を借景としたところも巧みである。いまでは借景のなかに近代的な建物が入り込んでしまう。しかし、それはそれで現代的で良いと思う。茅葺屋根の書院ものどかさを演出している。手水鉢では「角ばらずの手水鉢」(写真)に注目したい。手水鉢の四方の角をわざと切り取って「角ばらず」と名づける洒落っ気もさることながら、その構造の単純さがかえって存在感を引き立たせている。当寺の山門に当たる茨木門から書院へと続く石畳(写真)にも惹かれた。いつか雪化粧をしたときの情景を眺めてみたいものである。
タグ:
posted by 乾口達司 at 22:40| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上牧町で昼食。

20101206-2.bmp

広陵町に足をのばした。そのついでに昼食もとろうと思い立った。向かったのは以前にも訪れたことのある“やまざき屋”(奈良県北葛城郡広陵町馬見北9-1-38)である。しかし、あいにく定休日であった。結局、そこから北へ数キロ行ったところにある“本吉製麺”(奈良県北葛城郡上牧町上牧3423-1クリエイトプラザII)へ。こちらははじめて訪問する店であった。一番人気の「東京とんこつらーめん」を注文。マー油を浮かせたスープは真っ白で実にまろやかである。ミルキーであるといっていいかも知れない。これが東京風のとんこつラーメンなのか。替え玉が無料であるというのも嬉しい。もちろん、私も替え玉をいただいた。替え玉無料で1コイン(500円)とはリーズナブルである。同じ道沿いにある“やまざき屋”とはまた違ったとんこつラーメンをいただく機会に恵まれてラッキーであった。
タグ:ラーメン
posted by 乾口達司 at 22:16| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はしお元気村のかぐや姫。

20101206-1.bmp

今日は終日オフである。広陵町まで足をのばした。多目的ホールや飲食店をそなえたはしお元気村(奈良県北葛城郡広陵町弁財天295-3)には巨大なかぐや姫の像が建っている。かぐや姫の像はこれまた巨大な竹の筒のなかにおさまっている。広陵町が『竹取物語』のかぐや姫伝説にゆかりの場所であるということにちなんで建てられたものなのであろう。それにしても大きい。周囲に大きな建物がないこともその大きさを引き立たせている。今日は休館日で内部の施設を見てまわることは出来なかった。
タグ:かぐや姫
posted by 乾口達司 at 22:02| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

N部長宅パン教室。

20101205-1.bmp

N部長宅でパン教室が開かれた。前回、パン教室が開かれたのは9月のこと。前回はあいにく仕事で参加することが出来なかった。今回も午前中は仕事に追われて遅刻してしまった。次回は最初から参加したいものである。今回のテーマはシュトレン。クリスマスにぴったりのパンである。いつものようにニーディングを2回に分けておこなう。1回目のニーディングではいつものように水ではなく牛乳と全卵を投入。2回目のニーディングではくるみ・オレンジピール・レモンピール・カレンズなど投入するものが多かった。写真は焼き上がったばかりのシュトレンである。あとはここに粉砂糖を振り掛ければ完成である。いつものように生地を発酵させたりしている合間にあらかじめ用意してもらっていたサンドイッチを食べた。サンドイッチを食べながらワインをいただいた。
タグ:パン
posted by 乾口達司 at 21:54| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

岡山で昼食。

20101202-1.bmp

兵庫・岡山紀行(11月5〜8日)ではうどんも食べた。立ち寄ったのは“よこた手打ちうどん店”(総社市井手1134-11)である。こちらでは季節限定のはまぐりうどんを食べた。はまぐりがたくさん入っている。うどんもこしがある上にボリュームたっぷりであった。これだけでお腹がいっぱいになったものである。ちなみに地元のライブハウスを中心に活動している“よこたうどんズ”は当店の兄弟が中心になって結成されたバンドである。店内では“よこたうどんズ”のCDも販売されていた。CDは我が家でも1枚所蔵している。
タグ:うどん
posted by 乾口達司 at 22:55| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

あと1月。

今年もあと1月である。早いものだ。あたりもすっかり晩秋のよそおいである。そろそろ来年の準備に取り掛からなくてはならない。しかし、その前にやっておかなければならないことがまだ残っている。仕事もしかり。勉強もしかり。特に来年以降の本格的な活動のために必要な文献を丁寧に読み進めなければならない。師走というだけあってなかなか忙しくなって来た。
タグ:時間
posted by 乾口達司 at 22:48| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする