2010年07月24日

地蔵盆とセミの抜殻。

昨日と今日は仕事の打ち合わせで大阪へ。昨日は帰宅が少し遅くなった。帰り道、あちらこちらで地蔵盆がとりおこなわれていた。奈良の地蔵盆としては毎年7月23日におこなわれる十輪院福智院の地蔵盆、8月23・24日におこなわれる元興寺の地蔵盆などが知られている。しかし、そういった名刹だけが地蔵盆をとりおこなうわけではない。昨夜は街角の一角にたたずむ小さなお地蔵さまにもさまざまなものがお供えされていた。お地蔵さまの前で子どもたちが手を合わせているのも実に夏らしい光景であった。子どもたちの足もとにはセミの抜殻が転がっていた。
ラベル:地蔵 セミ
posted by 乾口達司 at 17:31| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする