2010年07月09日

天理市の高良神社。

20100709-1.bmp

高良神社(天理市櫟本町1496)は楢神社の参拝の後に訪れた。高良という名称からは福岡県久留米市の高良大社を真っ先に思い浮かべる。私も以前に一度訪れたことがあるが、高良大社は筑後国一宮と称えられているだけあり、当社とは規模がまったく違う。しかし、両者のあいだには何かつながりがあるのではなかろうか。社殿はかつて長寺と呼ばれた古代寺院の跡地の上に立っているという。実際、付近には古代の布目瓦の破片と思しきものが散見された。それより以前には弥生時代から古墳時代にかけての古代集落も存在していたようである。付近一帯が古代豪族・和珥氏の本拠地であることとどこかで関係があるのであろうか。高良大社との関わりや和珥氏との関わりなど、興味の尽きない神社である。
ラベル:神社
posted by 乾口達司 at 21:56| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする