2009年12月30日

新年を迎えるに当たって。

20091230-1.bmp

今日は午前中に仕事を終わらせて法隆寺方面へ。法輪寺・法起寺・藤木古墳を見学。夕方からは音の花温泉で一年の垢を落とした。快適である。明日はいよいよ大晦日。午前中は仕事を頑張るつもり。午後からはお出掛け。年越し蕎麦を食べた後は奈良町界隈へ繰り出し、その後、除夜の鐘を突きに東大寺まで出掛ける予定である。久し振りに国宝・鐘楼の大鐘(上記の写真)を突けるとあっていまから楽しみである。来年はどんな一年になるのだろうか。仕事の面では数年がかりのプロジェクトがはじまりそうである。プライヴェートではこれまで以上に充実した一年にしてゆきたい。精進、精進、日々精進である。
ラベル:正月 温泉
posted by 乾口達司 at 22:02| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

京田辺市の大御堂観音寺。

20091229-1.bmp

数年振りに大御堂観音寺の国宝・十一面観音菩薩立像を拝観した。大御堂観音寺(普賢寺)は藤原氏の氏寺・興福寺の別院であったようである。そういった経緯もあり、長らく藤原氏の庇護を受けている。しかし、中世以降はその力も失われていったようである。いまでは田舎の小寺に過ぎない。もちろん、木芯乾漆で作られた十一面観音菩薩立像は相変わらず素晴らしい。柔和な身体の線が女性らしさを感じさせる。本像は奈良県桜井市・聖林寺の国宝・十一面観音菩薩立像としばしば対比される。同じ奈良時代に制作された十一面観音でありながら、女性らしさを感じさせる本像とがっしりとした体躯が男性らしさを感じさせる後者。両者の差異は実に興味深い。今回は本堂の西側に位置する地祇神社の裏山にも登ってみた。山の頂上には塔の心礎があった。お寺の方にうかがったところ、かつてそこには五重塔が建てられていたという。古瓦があたりに散乱していた。
ラベル:仏像
posted by 乾口達司 at 22:19| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

大学時代の同窓生たちと。

昨夜は大学時代の同窓生と難波で会食をした。集まったのはK・O野・O田・Yそして私。野郎ばかりの愉快な会食と相成った。Kとは、先日、難波で呑んだばかりである。そのときのことは12月20日の日記に記した。O田とは14、5年振りである。その変わり果てた姿が卒業以来の月日の長さをあらためて感じさせた。何とも残酷なものである。KやYとは一緒にあるプロジェクトをはじめようと話し合った。私はFチャとの会食の約束があって先に抜けた。その後、別の店でふたたびK・Yと合流。Fチャを含めて終電間際まで呑んだ。
ラベル:大学
posted by 乾口達司 at 17:40| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 同窓会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスコンサートと手作りサンドイッチ。

20091228-1.bmp

26日は小学校の同窓生であるマリンバ奏者M嬢のプライヴェートスタジオでクリスマスコンサートが開かれた。シュンたちを連れて夕方からM嬢のスタジオ“かまぼこ”へ。午後6時半からはじめられたコンサートではマリンバの他にもピアノやヴァイオリン、ハンドベルも加わり賑やかだった。小学校の同窓生ではMT親子、N部長、I嬢が出席。I嬢はハンドベル隊の一員として参加していた。終演後はN部長手作りのサンドイッチをつまみながらささやかな宴がもよおされた。サンドイッチも美味しかった。コンサートも楽しかった。来年も出席するつもりである。
posted by 乾口達司 at 17:33| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

奈良町で一杯。

20091226-2.bmp

20091226-3.bmp

20091226-4.bmp

20091226-5.bmp

20091226-6.bmp

昨夜は奈良町でクリスマスディナーを楽しんだ。場所は行きつけのワインバー“seve”(奈良市西寺林町19-1)である。まずはシャンパン。その後はレ・コロンビエール・ド・フェイティ・クリネのボトルを1本開けた。カリフラワーのスープからはじまり、サーモンマリネのタルタルソースかけ、フォアグラのテリーヌ&パン、スズキ・ホタテ・エビのソテーウニ和え、鴨肉のトリュフ添え。デザートはリンゴのクレープとキャラメルアイスおよびコーヒーだった。特に特製のジャムと一緒にパンに乗せて食べるフォアグラのテリーヌは絶品だった。ジャムはこの時期にしか作ってもらえないものであるという。フォアグラとジャムの組み合わせがこれほど美味しいとは思わなかった。来年も楽しみにしておこう。
posted by 乾口達司 at 17:30| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

家呑み8

20091226-1.bmp

23日は夕刻から“家呑み”だった。前回、家呑みを楽しんだのは2月である。そのときのことは2月28日の日記に記した。参加者はマリンバ奏者のM嬢、ピアニストのF嬢、それにN部長である。今回もカニ鍋。カニはN部長が調達をしてくれた。カニの身もさることながら、雑炊が美味しかった。シーズンのうちにもう一度くらいはカニ鍋パーティーを開きたいものである。
ラベル:カニ
posted by 乾口達司 at 00:27| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

笠の餅

先日、法事(四十九日)で珍しいものを見た。“笠の餅”である。法事は浄土宗の僧侶によって営まれた。読経の後、“笠の餅”が用意される。48個の小さな丸餅の上に大きな笠型の餅がそれらに覆いかぶさるように乗せられる。そして、その上に小さな丸餅1個がちょこんと乗っている。僧侶が笠の部分をキッチンバサミで切り分けてゆく。切り分けた部位を組み合わせて人の形に仕上げる。完成後、笠の下に置かれていた48個の丸餅と人型は切り分けられて参列者に配られる。腰の悪い人は腰の部分を、腕の調子が良くない人は腕の部分を、といったようにそれぞれの身体の良くない部分を持ち帰って食べる。そうするとそれぞれの部位が良くなるといわれている。最後に残った傘の上の丸餅は屋根に向かって放り投げる。それはやがて鳥によって啄ばまれたり、どこかへ運ばれたりするのだろう。“笠の餅”の存在は民俗学関係の書物で読んで知っていた。しかし、実際に自分の目で見たのはこれがはじめてである。人型はあの世へと旅立つ死者の姿を表しているそうである。その人型=死者を食べるという行為には穢れを払うという意味が込められているのであろう。読経のときは神妙な顔で控えていた参列者も僧侶が“笠の餅”を切り分けるときだけは好奇心丸出しでその作業を覗き込んでいた。餅は持ち帰っておすましで食べた。
ラベル: 法事
posted by 乾口達司 at 22:02| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

大学時代の同窓生と。

18日の夜はミナミへ繰り出した。そして、大学時代の同窓生と会食をした。場所は今夏以来の“鳥勘”(大阪市中央区難波4-2-8-2F)。焼き鳥やから揚げが相変わらず美味しかった。Kと逢うのは久し振りである。Kの変わったところ、変わらないところがうかがえてなかなか有意義な一夜だった。数年がかりのプロジェクトをはじめようかと話し合った。前途多難である。しかし、はじめられるところからはじめてみよう。そんなことを話し合った。Kのほかに大学院の後輩Yや呑み友だちのDも参加をしてくれた。
ラベル:大学
posted by 乾口達司 at 22:31| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 同窓会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東大寺。

18日は午後から東大寺界隈を散策した。大阪からやって来た友人を案内するためであった。友人は何度も東大寺には足を運んでいる。しかし、今回は一般にはあまり知られていない東大寺を案内しようと考えた。最初に向かったのは五劫院。毎年8月には本尊の五劫思惟阿弥陀仏坐像が御開帳される。それ以外の時期でも事前に予約をしておけば、拝観は可能である。しかし、今回は予約をしていなかったため、見返り地蔵などの境内の石仏を見学。その後、三笠霊苑の一画にある俊乗房重源の墓に参った。さらに空海寺を経て知足院へ。二月堂で休憩をとった後、三昧堂(四月堂)へ。ここの千手観音菩薩立像は私の好きな仏の一つである。かつては法華堂に客仏としてまつられていたという。脇から伸びる何本もの太い腕が野生的である。しかし、同時に何とも生々しく艶かしい。平安時代前期の仏像であるという。友人は三昧堂を拝観したことがなかったらしい。灯台下暗しです。何度もそう呟いていた。その後、鐘楼を眺めて、春日大社のお旅所へ。お旅所ではちょうど春日若宮おん祭の後宴能がもよおされていた。狂言の『呼声』に大笑いをした。
ラベル:仏像 東大寺 重源
posted by 乾口達司 at 18:27| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

春日若宮おん祭(お旅所祭/還幸の儀)

仕事を終えてから春日若宮おん祭へ。お旅所に到着するとすでに午後9時半前。芝生の上では舞楽の『散手』が演じられていた。引き続いて『貴徳』『抜頭』と演じられてゆく。最後の『落蹲』が舞い終えられたのは午後10時半過ぎ。いよいよ待望の還幸の儀である。今回は二の鳥居付近で参拝をした。今日の未明におこなわれた遷幸の儀と同様、森閑とした真暗闇の参道を2本の大松明が引き摺られながら神の道を作ってゆく。どうやら一方の松明が燃え過ぎているようだ。二の鳥居の下では大松明に少し水がかけられていた。その後ろからは「ヲーヲー」と低く唸るような警蹕の声を発する神官たちにかこまれて神さまが若宮社へと戻ってゆく。遷幸の儀のときと同様、繰り返し拝観しても素晴らしいの一言に尽きる。今年のおん祭もとどこおりなく終わった。来年も参拝しようと思っている。
ラベル:春日大社
posted by 乾口達司 at 01:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

春日若宮おん祭(遷幸の儀/暁祭)

春日若宮おん祭・遷幸の儀を拝観して来た。遷幸の儀は本日の午前0時より若宮社の神さまを本殿よりお旅所へと遷す行事のこと。写真撮影が禁止であるばかりか、神さまが目の前を通過する際は懐中電灯をつけることも許されない。真暗闇のなか、春日大社の参道を本殿へ向かって歩んだ。二の鳥居の近くで神さまの通過を待つ。午前0時を過ぎると若宮社の方から太鼓や雅楽の音色が聞こえはじめる。やがて太鼓や雅楽の音色に混じって「ヲーヲー」という低く唸るような声も響いて来る。神さまをお遷しする神官たちによって発せられる警蹕の声である。やがて参道の両脇を掃き清めるようにして2本の大きな松明が引き摺られて来る。引き摺られた松明が落としていった燃えカスがそのまま2本の光の道のように見える。まさしく神の道である。白装束を身にまとった神官たちに幾重にもかこまれて神さまがゆっくりとお旅所に向けて進んでゆく。神官たちに隠されているせいか、その姿を確認することは出来ない。本当に神さまが神官たちの中心にいるのかどうか、それすらもわからない。しかし、確かにいま自分の目の前を神さまが通り過ぎているのだ。そんな思いに駆られるから不思議である。子どもの頃より、今夜の午後11時頃からはじめられる還幸の儀(神さまをお旅所から本殿に戻す行事)と遷幸の儀は何度も拝観している。しかし、拝観のたびに敬虔な思いを新たにする。雅楽の音色、警蹕の声、そして、真暗闇のなか、神官たちに幾重にもとりかこまれて進む御神体。いずれをとっても何とも表現出来ぬほど不気味である。しかし、そうであるがゆえに神秘的でもある。遷幸の儀と還幸の儀を見たことのない人は、是非、一度は拝観するべきである。21世紀の現代日本にこのような神秘的な行事が残されているということに驚かされるはずだ。お旅所ではそのままの流れで暁祭も拝観。大太鼓の音が満点の星空に響き渡っていた。今夜の還幸の儀も拝観するつもりである。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 02:52| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

東大寺開山堂&法華堂御開帳。

今日は仕事の合間をぬって午後から東大寺へ。12月16日は開山堂に安置された実忠和尚坐像と法華堂・執金剛神立像の一年に一度の御開帳日である。法華堂には物見遊山の修学旅行生グループも訪れており、堂内は若干混雑をしていた。開山堂は見学者の数も少なかった。おかげで狭い堂内を何度も巡回しながら実忠和尚坐像をしげしげと観察することが出来た。大仏様の組物も愉快である。12月16日は、毎年、時間の許す限り、開山堂と法華堂には足を運んでいる。来年も拝観したいものである。ちなみにこれから春日大社まで出向いて春日若宮おん祭・遷幸の儀を拝観して来るつもりである。外は寒そうだ。厚着をしてゆこう。
ラベル:東大寺
posted by 乾口達司 at 22:36| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青蓮院“青不動明王二童子像”御開帳。

12月14日の日記の続きである。六角堂を拝観後、訪れたのは青蓮院。12月20日まで国宝・青不動明王二童子像の御開帳がおこなわれている。青不動明王二童子像は三井寺の黄不動・高野山の赤不動と並ぶ日本三大不動の一つ。私にとっては生まれてはじめての拝観である。迷路のような建物を進むとやがて受付でもらった祈願記入用紙の筆記場が現れる。そこでお願いすることを記入し、次の間へ。青不動はそこに鎮座していた。想像していたよりも大きな掛け軸である。青不動ですら等身大近くあるのではなかろうか。部屋が暗いため、青不動の体躯に塗られた群青がわかりづらい。地文に立湧文をほどこし、墨線で団花文を置いた条帛の様子も見えづらかった。しかし、反対に赤や黄で彩られた背後の紅朱の火焔は実に鮮やかである。しかも、目を凝らすと、火炎のなかに火の鳥である迦楼羅が7羽も描かれているではないか。特に青不動の頭上を舞う迦楼羅は翼を大きく広げ、躍動感にあふれている。岩の隅から顔を覗かせる迦楼羅はどこかユーモラスである。だまし絵の手法が平安中期に描かれたとされるこの絵画のなかで駆使されていることに驚かされた。
ラベル:不動明王
posted by 乾口達司 at 22:26| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

春日若宮おん祭(大宿所祭)

20091215-1.bmp

夕方から餅飯殿商店街にある大宿所へ出掛けた。午後5時から春日若宮おん祭の一環である大宿所祭を見学。午後6時から執りおこなわれた御湯立にも加わった。境内の片隅には「懸鳥」と呼ばれる鳥(雉)や魚(塩鮭)の御供物が吊るされている。特に塩鮭が塩の良い香りを発散させていた。商店街の関係者によって振る舞われる「のっぺ汁」(野菜類と厚揚げから成る精進料理)とあめ湯も美味しかった。大宿所祭には毎年のように足を向けているが、観光客の数が年々増加しているように思われる。大宿所祭も有名になったものである。祭の終了後は“蔵”(奈良市光明院町16)で夕食を済ませた。明日の夜(正式にはあさっての未明)は、仕事の手が空けば、春日大社まで出向いて遷幸の儀を拝見させていただこうと思っている。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 21:53| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

西国三十三所巡礼(六角堂)

今日は終日オフであった。午後から京都まで出掛けた。京都駅から烏丸通を北上して到着したのは西国三十三所第18番札所・六角堂である。紫雲山頂法寺が正式な寺号であるようだ。しかし、六角形の本堂を擁する当寺の姿を目の当たりにすると「六角堂」という名称で呼びたくなる。WEST18の展望エレベータに乗り込んで本堂を見下ろしたり、「へそ石」を見たりしながら境内をぶらぶら散策をした。
posted by 乾口達司 at 22:27| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三所巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

『HAWAIIAN SCULPTURE』

20091212-1.bmp

『HAWAIIAN SCULPTURE』はハワイ滞在中に訪れたビショップミュージアムの売店で購入した。ハワイの彫刻類を写真付きで解説した図録である。ビショップミュージアムでもっとも惹かれたのはハワイ諸島をはじめとするポリネシア地域の彫刻類であった。なかには朝鮮半島のチャンスンを連想させるものまであった。朝鮮半島とポリネシアがどこかでつながっているのではないかと思ったくらいである。そういうこともあって幾つかの図録のなかから本書を買い求めたのであった。ページをめくると奇妙な彫刻が数多く登場する。その姿は怪異そのものであるといって良い。しかし、怪異であるからこそますます魅了される。おそらく魔よけの意味合いがあるのであろう。ハワイの土俗的な側面を知るのに格好の一冊である。
ラベル:ハワイ 彫刻
posted by 乾口達司 at 23:26| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

クリスマスツリー。

20091210-1.bmp

季節柄、クリスマスツリーを出してみた。飾りつけも完了。クリスマスまであと2週間である。仕事の方もいよいよ忙しくなって来た。
ラベル:クリスマス
posted by 乾口達司 at 22:36| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

奈良町で一杯。

N部長宅のパン教室が終わったのは午後6時前。終了後、呑み足りない有志で奈良町へ繰り出した。最初に訪れたのは“蔵”(奈良市光明院町16)。すでにサンドイッチとワインでお腹がいっぱいであったため、梅酒だけを呑んでそそくさと退散。次の“seve”(奈良市西寺林町19-1)では赤ワインとチーズの盛り合わせを堪能した。店を出たのは午後9時半過ぎだった。25日のクリスマスディナー(8000円)も予約をした。25日の夜は“seve”で一杯と相成る予定。いまから楽しみである。マスターはこの日の朝におこなわれた「大仏マラソン」(5キロコース)に参加したそうである。
posted by 乾口達司 at 20:21| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

N部長宅パン教室。

20091207-1.bmp

20091207-2.bmp

昨日はN部長宅でパン教室が開かれた。前回、パン教室が開かれたのは8月9日。そのときのことは8月9日の日記に記した。今回は食パンを作った。私たちが到着した時点ですでに1回目のニーディングが完了していた。朝早くからあらかじめ作業をおこっていただいたN部長とその母上に感謝したい。生地を発酵させたりしている合間にみんなでサンドイッチを作った。サンドイッチを食べながらワインもボトルであけた。今回もたらふく食べて、呑んでしまった。来年のパン教室も宜しくお願い致します。
ラベル:パン
posted by 乾口達司 at 20:10| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

ニョッキ2

20091205-1.bmp

先日、ニョッキを作った。前回、ニョッキを作ったことを記したのは2008年2月28日の日記だった。あれ以来のニョッキである。作り方は前回と同様である。茹で上げたジャガイモをすりつぶし、卵黄・強力粉・パルメザンチーズ・塩を混ぜ合わせてこねてゆく。適当な大きさに切り分け、後はそれを茹でるだけである。あいにくクリームソースがなかった。今回はバターとチーズでソースを作ってみた。フライパンにバターを溶かし、細かく刻んだニンニクを弱火で炒める。そこにチーズを絡める。それを茹で上げたニョッキにかけて黒コショウを振りかける。これで完成である。久し振りのニョッキはとても美味しかった。
posted by 乾口達司 at 23:41| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

せこがに。

20091204-1.bmp

ズワイガニのメスである「せこがに」を頂戴した。オーソドックスに茹でて食した。身はそれほどでもなかった。しかし、カニ味噌と内子が美味しかった。今年はじめてのカニを堪能した。
ラベル:カニ
posted by 乾口達司 at 22:38| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

榛原で昼食。

11月30日に長谷寺を訪れたことは12月2日の日記に記した。その後、昼食をとりに向かったのは“はぎ乃”(宇陀市榛原区長峯45-1)である。いつもは天ぷら定食を注文する。しかし、今回は蕎麦定食を注文してみた。蕎麦は相変わらず美味しい。かやくご飯も美味しかった。蕎麦湯で割った蕎麦焼酎を呑んでみたい誘惑に駆られたが、我慢をした。次回は一品ものを食べてみたいものである。食後は“大宇陀温泉あきのの湯”まで足をのばした。温泉につかってのんびり過ごした。
ラベル:蕎麦 温泉
posted by 乾口達司 at 22:51| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

西国三十三所巡礼(長谷寺/法起院)

20091202-1.bmp

11月30日は完全オフだった。前日は早朝出勤。夕方からは仕事仲間と大和西大寺で呑み続けた。翌日の30日は二日酔いではあるまいか。そう思っていた。しかし、目覚めは快調そのものだった。午前中から西国三十三所巡礼に出向いた。向かったのは第8番札所・長谷寺である。紅葉の季節であるせいだろうか。平日であるにもかかわらず、境内にはたくさんの観光客が見られた。巨大な本尊・十一面観音菩薩立像とも再会を果たす。特別拝観として1000円を払えば、内陣から本尊を見上げることも出来る。しかし、私は内陣で真下から見上げるよりも表の舞台のあたりに立って遠くからお顔を覗くのが好きである。写真は本堂回廊部分の留め金具。ご丁寧にも「長谷寺」という文字が刻印されている。長谷寺の後、番外の法起院にも参拝をした。
posted by 乾口達司 at 23:11| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三所巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする