2009年07月30日

明日から旅に。

今日は終日仕事に明け暮れた。まだまだ終わらない。明日の午前中まではかかりそうである。午後からは旅に出る。下記のライブハウスに出没する予定。忙しい、忙しい。

http://www.desperado-okayama.com/live.html
タグ:ライブ
posted by 乾口達司 at 00:27| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

富雄で一杯。

26日は早朝出勤。優秀な部下たちが奮闘してくれたおかげで仕事はつつがなく終了した。夕方からは近鉄富雄駅前の焼き鳥屋“一番”(奈良市富雄元町2-4-5)へ。先に仕事を終えて職場を後にした部下の主婦連合のお誘いを受けて彼女たちと一杯やっていた。私は自宅に戻って着替えてから参加。私と一緒に職場を出たSAなどは、一度、マイカーで自宅まで戻り、子どもの晩飯を作ってから、再度、富雄まで駆けつけてくれた。まったく大したものである。参加したのは私やSAの他に主婦連合のSM+M+O、それに女性社会保険労務士のY、さらに直属の部下Hの計7名だった。私+O+H+SAは後から駆けつけたが、それ以外の主婦連合や女性社会保険労務士などは午後5時から早々と呑みはじめていた。結局、夜の10時過ぎまで延々と呑み続けた。おかげでいささか酩酊してしまった。最後の方はSAに向かって私自身の仕事のスタンスや仕事の心構えなどを語り続けていたように思う。昨日は心配してくれたYやSMやSAから「ちゃんと帰れたの?」というメールまで頂戴した。もちろん、無事に帰宅した。昨日は二日酔いもなく絶好調だった。朝から雑務のために外出していたほどである。今日は朝から仕事だった。仕事がなかなか終わらず先ほどまでかかってしまった。おかげで小学校の同窓生たちのお誘いを断ってしまった。明日も終日忙しい。とにかく今月・来月は大忙しである。
タグ: 仕事
posted by 乾口達司 at 23:16| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

仕事でバタバタ。

今日は朝から仕事の打ち合わせで大阪へ。打ち合わせが終わって会社を後にする頃には雨が降りはじめていた。明日も雨だろうか?明日は早朝出勤。朝から雨だと鬱陶しい限りだ。とにかく明日を乗り切れば来週はささやかな旅が待っている。明日は何事もなく仕事を終えたいものだ。がんばろう。
タグ:仕事
posted by 乾口達司 at 22:11| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

ストーカー?

19日は小学校の同窓生らと家呑みに興じた。そのときのことは7月20日の日記に記した。宴席上、私はしばしばN部長の家の前を通り過ぎることを話した。歩くことを趣味としている私は近鉄奈良駅あたりまでなら歩いて出掛けることが多い。経路の都合上、どうしてもN部長の家の前を通らなければならない。そのたびにいつもN部長の実家に目をやる。実家のベランダにはTシャツが干されていることが多い。ああ、N部長のTシャツだな。そう思いながら通り過ぎる。N部長は家にいるのだろうか。それともデートに出向いているのだろうか。ひょっとするとお得意のB級グルメツアーを敢行しているのだろうか。そんなことを思いながら通り過ぎることもある。たぶん、そういったことを考えているときの私の顔はにやけているはずである。そんなことを話しているとN部長からは「まるでストーカーやな」と手厳しく批評されてしまった。しかし、N部長の家の前を通らなければならないにもかかわらず、家から敢えて目をそらすことの方が不自然ではないか。N部長のことを考えまい、考えまい、と思い続けながら通り過ぎる方が怪しいではないか。N部長のストーカー発言に対して私はそのように反論したものである。愉快だったのは、その話の直後、N部長が「この前、たっちゃんの実家の前を通ったで。実家をリフォームしたっていうから見に行った」と口にしたことである。それこそまさしくストーカーではないか。私たちはいわゆる「アラフォー」と呼ばれる年齢である。まったくもっていい大人がお互いにいったい何をやっているのでしょうか。ストーカーごっこ?仲良きことは美しきかな、である。
タグ:リフォーム
posted by 乾口達司 at 21:49| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 同窓会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

奈良県立美術館。

今日は午後から奈良県立博物館(奈良市登大路町10-6)へ出掛けた。特別展“シュルレアリスムへの誘い”を鑑賞した。池島勘治郎の『虫の舞』『かがしと蛾』『ががく・ばとう』や桂ゆきの『大きな木』、それに先年亡くなった前田常作の『夜の人々』『化身』『鳥と子ども』などは特におもしろかった。観覧後、東大寺境内を散策。夕方からは“蔵”(奈良市光明院町16)でビールや日本酒を呑んだ。午後10時過ぎからは近くの“一人亭”(奈良市南市町4)でジントニックやウィスキーを呑んだ。実に良く呑んだものだ。
posted by 乾口達司 at 01:37| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

同窓生たちと。

今夜は家呑みであった。出席者は小学校の同窓生のN部長・MT・マリンバ奏者のM、それにN部長の知人のF、マリンバ奏者Mの友人のFおよびDであった。今夜は手巻き寿司といももちを作った。手巻き寿司を作るのは1年ぶりである。寿司酢の分量をすっかり忘れてしまっており、せっかく固めに炊いたシャリにあまり寿司酢の香りが漂わなかった。大いに心残りである。それにしても良く呑んだものだ。さまざまな話題で盛り上がった。なかでも、今回はMTの話が面白かった。やはりMTはキュートである。そして、その日常の行状を知れば只者ではないことがわかる。今年中にみんなで一緒に旅に出掛けたいものである。
posted by 乾口達司 at 00:24| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 同窓会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

夏祭り。

今日は仕事の打ち合わせで夕方から大阪へ出た。実家へ帰って来ると、遠くから風に乗って河内音頭が流れて来る。町内の夏祭りであった。ささやかな舞台が設けられていた。その上では中年女性の歌い手がマイクで河内音頭を唸っていた。私が子どもの頃にはもっと大きな櫓が立ち、その上で歌っていたものである。それから思うといまは寂しい限りである。踊り手もわずかである。多くの家族連れは河内音頭よりも射的やカキ氷といった出店に関心があるようであった。河内音頭が流れて来ると季節がもう夏になっていることを思い知らされる。
posted by 乾口達司 at 22:46| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

カブトムシ7

前回、カブトムシについて記したのは7月3日の日記だった。あれから2週間が経過した。そして、今朝、一匹のオスがプラスチックケースのなかで仰向けになって昇天しているのを発見した。成虫として地面に出現してからまだ一月もたっていない。したがって、寿命が尽きたわけではない。身体のあちらこちらに大小さまざまな傷が見られた。角を突き合わせるオス同士の喧嘩によって傷つけられたものと思われる。死因はどうやらオス同士の喧嘩にあったようだ。昇天したオスは今度の日曜日に顔を合わせるMTの子どもにプレゼントしようと思っていたうちの一匹だった。それだけにまことに残念である。これ以上、無益な喧嘩でカブトムシを死なせたくないものだ。
タグ:カブトムシ
posted by 乾口達司 at 22:43| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

『平城宮跡照映』

20090716-1.bmp

『平城宮跡照映』(1973年4月刊)は平城宮跡の保存に尽力した溝辺文和(1903〜1972)の論考および氏について言及した識者の追想録から成る記念文集である。子どもの頃、溝辺家から頂戴したものである。平城宮跡に関する論考を中心にさまざまな文章が収録されている。私が超昇寺の存在を知ったのも本書に収録された「超昇寺考」や「超昇寺再考」がきっかけであった。追想録では青山茂や池田末則、末永雅雄、坪井清足、永島福太郎、山田熊夫など奈良にゆかりの人々の文章が収録されている。氏が存命であれば、来年、平城宮跡を中心にとりおこなわれる平城遷都1300年祭についてどのような感慨をもよおすだろうか。是非とも訊ねてみたいものである。
posted by 乾口達司 at 21:03| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

醜悪きわまりない。

久し振りにテレビをつけたら政権与党内の内紛劇が話題としてとりあげられていた。危機的な状況にのぞんで立ち現れる人と組織の負の側面がありありと映し出されていて実に興味深かった。景気の良いときは勇ましいことばかりのたまっている連中である。しかし、ひとたび危機的な状況におちいると自分たちの保身のことしか考えない。こんな連中が有事の際にも政治家として振る舞うのかと思うと寒気がする。後退局面に入ったとき、それまでの勇ましい言辞などあっさり捨て去り、さっさと敵前逃亡してしまう連中なのであろう。醜悪きわまりない。危機にのぞんではじめて人としての真価が問われる。昔の人はまことに正しいことを述べたものである。
タグ:政治
posted by 乾口達司 at 23:43| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

ミナミで一杯。

20090714-1.bmp

なんばCITYにある“北新地鳥屋”(大阪市中央区難波5-1-60なんばCITY南館1F)を訪れたのは午後4時過ぎだった。早い時間帯であったせいだろう。店内に他の客の姿はなかった。夏にもかかわらず、鳥屋鍋を注文。追加としてさらにラーメンを注文して鍋のなかに投入した。他にも手羽先の唐揚げなどを注文。ビールにピッタリのメニューだった。
タグ:ミナミ
posted by 乾口達司 at 23:31| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

実家でバーベキュー。

20090711-1.bmp

今日は朝から仕事場に戻った。その後、すぐに実家に戻り、名古屋からやって来た妹一家と合流した。お昼前から宇陀市のあきのの湯へ。その後、スーパーで牛肉・豚肉・野菜類などを購入して実家へ帰って来た。実家では午後6時過ぎから庭でバーベキューをはじめた。買い求めた牛肉・豚肉・野菜類の他にソーセージなどを焼いた。戸外でバーベキューをおこなうなどはじめてのことである。さいわいにも天候に恵まれた。蚊に悩まされることもなかった。おかげで炭火で焼かれた肉類や野菜類を堪能した。途中、K一家がカブトムシを引き取りに来てくれた。K一家も今日の日中はバーベキューをやっていたという。今日はバーベキュー日和だったようである。
posted by 乾口達司 at 22:36| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

選挙カーとの遭遇。

奈良では12日に市長および市議会議員選挙の投票を控えている。そのせいもあって、街中ではさまざまな選挙カーが走り回っている。なかでも、私のように歩くことを趣味としている人間の場合、選挙カーと遭遇する確率がきわめて高くなる。今日などは仕事場から実家へ帰って来る途中、同じ選挙カーと3度も遭遇してしまった。一度目の遭遇は近鉄学園前駅界隈。二度目はあやめ池の住宅街。三度目は大和西大寺駅周辺だった。同じ選挙カーに3度も遭遇するとさすがに気まずく感じられる。大和西大寺駅周辺で3度目の遭遇を果たしたとき、私は思わず携帯電話の画面を覗き込み、選挙カーから目をそらしてしまったほどである。そして、それは選挙カーのなかでマイクを握っているウグイス嬢も同じ気持ちであっただろう。こいつはなぜ自分たちの行く先々で姿を現すのか?何かの意図があるのではなかろうか?あるいは新手の嫌がらせではあるまいか?相手は私に対してそんなことを思っているに違いない。今年はもう一つ大きな選挙(衆議院議員選挙)が控えている。そのときもやはり気まずい思いをするのであろうか。考えれば考えるほど憂鬱である。
タグ:選挙
posted by 乾口達司 at 22:35| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

実家のリフォーム7

前回、実家のリフォームについて記したのは7月6日の日記だった。前回にも記したとおり、すでにリフォームは完成している。今日は大きなダイニングテーブルが搬入された。これですべてが整ったわけだ。先週来、新しく設けられた風呂を使用している。湯船がこれまでになく大きい。寝そべることが出来るほどだ。そのぶん、深さはこれまで使用していた湯船よりも若干浅くなったようである。あまりにも快適であるためにいつか湯船のなかで眠り込んでしまわないだろうかと心配である。今度の湯船は眠り込んでしまうとそのままずるずると水面下に沈んでしまいそうである。気がつけば水死体となって湯船の底に沈んでいた。そんな状態にだけはなりたくないものである。
posted by 乾口達司 at 23:14| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

焼きうどん4

20090708-1.bmp

焼きうどんを作った。前回、ブログで紹介したのは2008年11月30日の日記だった。もちろん、それからも何度か作っている。作り方はいたって簡単である。今回はキャベツとピーマンを炒めた。そこにうどんを投入。あとは適当に炒めるだけである。隠し味として柚子コショウを混ぜ合わせた。完成後、さらにお茶漬けのもとを振りかけてみた。さっぱりしていて意外と美味しかった。
タグ:うどん
posted by 乾口達司 at 17:47| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

実家のリフォーム6

前回、実家のリフォームについて記したのは6月20日の日記だった。あれから2週間以上が経過してリフォームはほぼ完了した。今日は仮設トイレと風呂の撤去作業がおこなわれた。解体に当たり、まずは仮設トイレに蓄積された糞便を取り除く作業がおこなわれた。バキュームカーが姿を現したのは午前9時過ぎのこと。バキュームカーに対する思いを綴ったのは5月19日の日記だった。久し振りに姿を現したバキュームカーに思わず心をときめかせた。象の鼻のような長いホースも懐かしい限りだ。作業を終えたバキュームカーは強烈な臭気だけを残して早々に立ち去った。
posted by 乾口達司 at 17:36| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

鶴橋から難波へ。

20090705-1.bmp

今日は午後3時にJR鶴橋駅でW氏と文芸評論家のM氏と合流した。近鉄鶴橋駅の高架下に広がる鶴橋市場を散策。豚足やキムチに心を惹かれながらも、結局、何も買わずに迷宮のような市場のなかを彷徨った。そこからさらに足をのばして織田作之助の墓がある楞厳寺や井原西鶴の墓がある誓願寺を訪れた。大学時代、付き合っていた彼女とデートで参拝して以来ではなかろうか。懐かしい記憶がよみがえって来た。その後、高津宮を経てミナミへ繰り出した。ミナミでFとFの中学時代の友人Dと合流。“KICHIRI”難波駅前店(大阪市中央区難波千日前13-10 アソルティなんば5F)で呑み続けた。愉快な一夜だった。
posted by 乾口達司 at 23:46| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

矢田丘陵縦走17

20090704-1.bmp

前回、矢田丘陵を縦走したのは6月13日だった。そのときのことは6月13日の日記に記した。いつものように霊山寺の裏山から子供の森を目指した。子供の森からは一気に尾根まで駆け登った。昨日の雨で山道がぬかるんでいた。少し歩きにくかった。松尾寺の山門には「松尾山夏期心身修練教室」(一休さん)の立て看板が立てかけられていた。今年も7月と8月に計2回にわたってもよおされるようである。私が参加したのはいまから二十五年以上前のこと。そのときのことは2008年5月6日の日記に記したとおりである。今年の夏もかつての私と同じような小坊主どもが夜な夜な警策棒で叩きのめされるのであろう。立て看板の前では野良猫が惰眠を貪っていた。
posted by 乾口達司 at 21:32| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

カブトムシ6

前回、カブトムシについて記したのは6月29日の日記だった。今日、早速、オスとメスのカップルが引き取られていった。引き取り手は仕事仲間のSである。Sは息子のTを連れて実家に現れた。息子は飼育マットの入った大きなプラスチックケースをぶら下げていた。カブトムシをケースのなかに入れてやるとその様子をしげしげと観察していた。夏の終わりまで大事に育てて欲しい。そう願って実家を後にするS親子の後姿を眺めて続けた。
タグ:カブトムシ
posted by 乾口達司 at 18:44| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

疲労困憊。

昨日は仕事に明け暮れた。夜は仕事を終えてから奈良町に繰り出して酒を呑んだ。帰宅したのは午前0時前だった。今朝は朝から疲れがたまっていた。疲れがなかなかとれない。6月の疲れがここに来てどっと出て来たようである。おかげで今日は仕事が思うようには進まなかった。明日は前向きに頑張ろう。
タグ:仕事
posted by 乾口達司 at 19:27| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする