2009年04月30日

暉峻康隆『日本の書簡体小説』

20090430-1.bmp

暉峻康隆の『日本の書簡体小説』(1943年8月、越後屋書店刊)は日本の古典文学における書簡体小説の流れをたどった論考である。リチャードソンの『パミラ』やラクロの『危険な関係』など、西洋の書簡体小説について触れた論考はこれまでにも何度か目にした。書簡体小説が三人称客観小説の成立する以前の文学形式であるという先学の指摘も知っている。しかし、日本の古典にも書簡体小説の系譜が認められるとは思いもよらなかった。私にとっては大きな収穫である。筆者は『堀川院艶書合』を書簡体小説の嚆矢として位置づけている。『堀川院艶書合』については何も知らない。筆者によると、「康和四年、堀川院が当時の宮廷歌人に勅して、男女を左右に分ち、四十八首の艶書を合わはさしめられたものである」という。平安時代後期におこなわれた歌合せの一種のようである。もちろん、これを書簡体小説の典型と見なすことは出来ない。書簡体小説が成立するためには、発信するもの(送り手)と受信するもの(受け手)とのあいだを書簡が行き来するための社会的=物質的な条件が必要不可欠である。事実、ヨーロッパにおいても、郵便制度が整備されてはじめて書簡体小説の成立が可能となるのだ。狭い宮廷内でのやりとりをもって書簡体小説と名付けることにはやはり無理があろう。筆者もそのことは自覚している。筆者は西鶴の『萬の文反古』を書簡体小説の最高峰として位置づけ、その卓越した技量を分析している。西鶴が如何に書簡体という形式に自覚的であったかを教えられた。『萬の文反古』のような作品を踏まえて書簡体小説の衰退した今日の日本文学に思いを馳せると、文学にはまだまだ試みるべき課題や形式がたくさん残っていることに気付かされる。
タグ:小説 西鶴
posted by 乾口達司 at 22:51| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

矢田丘陵縦走14

20090429-1.bmp

前回、矢田丘陵を縦走したのは3月5日だった。そのときのことは3月5日の日記に記した。あれから2月近くたっている。早いものだ。今朝は午前10時過ぎに出発した。今回は実家から歩きはじめた。まずは自宅に立ち寄った。それから霊山寺の裏道を通って子供の森へ向かった。写真は霊山寺の裏の墓場のなかにある墳墓である。墳丘の上には五輪塔が建てられている。霊山寺ゆかりの高僧の墓であろうか。子供の森からは矢田丘陵を縦走した。法隆寺からは大和郡山方面に向けて歩いた。結局、実家まで歩いて帰って来た。実家と法隆寺のあいだを往復したことになる。25キロメートルくらいはあっただろうか。実に良く歩いたものだ。
posted by 乾口達司 at 19:29| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

平城遷都祭2009

20090427-1.bmp

昨日は妹一家が名古屋から遊びに来た。一緒に平城宮跡でおこなわれている平城遷都祭2009を見物に出掛けた。「にぎわいの白虎エリア」ではさまざまな屋台が軒を並べていた。甥っ子のシュンはまんとくんと記念撮影をして喜んでいた。下のユウは恐がって逃げまわっていた。あいにくのお天気だった。突風と突然の大雨に見舞われたためさっさと退散した。せんとくんとは会えなかった。
タグ:平城宮跡
posted by 乾口達司 at 19:07| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

パスタ5

20090425-1.bmp

前回、パスタを作ったのは4月22日だった。そのときのことは4月22日の日記に記した。今回はイカの塩辛を使った。パスタを茹で上げる一方、フライパンでホウレンソウを炒める。パスタのゆで汁とイカの塩辛を加える。そこへ茹で上がったパスタを投入して絡めるだけである。酒盗のパスタを作ったことはある。しかし、イカの塩辛を使ったのははじめてであった。意外と美味しく出来上がった。
posted by 乾口達司 at 22:28| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

平城遷都祭2009前夜祭。

20090424-1.bmp

平城遷都祭2009が明日とあさっての2日間にわたって執り行われる。会場は世界遺産・平城宮跡。平城遷都祭2009公式ホームページによると今夜は前夜祭がもよおされるという。遷都祭はこれまでにも平城宮跡を会場にして何度もおこなわれて来た。しかし、夜間のイベントははじめてではないか。午後7時半から大極殿跡で出雲神楽がもよおされるのを知って平城宮跡へ出掛けた。演目は万九千立虫神社でもよおされる『国譲り』。御存知、大国主命の国譲り神話に題材をとった演目である。昨年、出雲を旅したとき、国譲りの舞台となったとされる稲佐の浜を訪れた。そして、国譲り神話について、自分勝手な妄想をめぐらせたものである。そのときの妄想は2008年5月17日の日記に記した。あれからもう1年になるのか。早いものである。演目ではまず高天原から2人の神が下りて来る。2人とも手には剣を携えている。彼らを迎えるのは出雲の支配者・大国主命と事代主命。こちらは扇と釣竿をぶら下げている。釣竿の先に引っかけられた魚の切り絵が平城宮跡を渡る夜風に靡いていささかユーモラスである。相手は剣を携えて侵略しようとしているのに暢気なものである。この時点で両者の勝負はあったようなものであろう。国譲りを受諾した大国主命と事代主命に対して高天原の神々は出雲の神々の繁栄を寿ぐ。まったくもって図々しい奴らだ。相手に剣を突きつけておいて彼らの繁栄を寿ぐも何もあったものではなかろう。これではヤクザの脅しのようなものではないか。大国主命と事代主命の退場後、いよいよ真打の登場である。徹底抗戦派の建御名方命は高天原の神々と戦い、敗れ去る。このシーンがもっとも勇壮で見応えがあった。太鼓、笛、そしてチャッパの軽快なリズムが心地良かった。前近代のダンスミュージックのようなものであろう。次回は本場・出雲で出雲神楽を拝見したいものである。
posted by 乾口達司 at 22:27| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

三碓の旧三碓小学校門柱。

20090423-1.bmp

三碓の添御県坐神社は1月25日の日記で紹介した。旧三碓小学校の門柱は参道入口横の公民館の敷地に立っている。「三碓小学校跡」の石碑の左手に立っているのが件の門柱である。この付近にかつて三碓小学校があったようである。三碓小学校の廃校後、門柱は市道追山下横断水路にかかる石橋として再利用されたそうだ。脇に立てかけられた説明版によると、昭和五十年代のはじめ、市道の拡張工事によって此の地に引き取られ、以来、当地に保存されているという。門柱や石材が別の用途に再利用される事例は各地に見られるだろう。普段、われわれが何気なく渡っている橋も、案外、由緒ある建物の門柱や石材の再利用によったものであるかも知れない。
タグ:三碓 学校
posted by 乾口達司 at 21:49| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

パスタ4

20090422-1.bmp

今夜はカルボナーラに挑戦した。前回、パスタ料理のことについて記したのは2009年2月5日の日記である。そのときはボンゴレを作った。まずはパスタを茹でておく。後でフライパンに投入することを考えて少し固めに茹で上げておくのがポイントである。茹で上がったパスタにオリーブオイルをふりかけておく。その一方、フライパンでウィンナーやシメジ、タマネギを炒める。火が通ったらホウレンソウを加える。100cc程度の牛乳を流し込み、さらにパスタを投入。水分が少なくなったのを見計らって火を止める。最後に塩コショウと溶き卵を混ぜ合わせて完成である。あいにく粉チーズを切らしていた。しかし、粉チーズがなくても充分に美味しかった。前回のボンゴレよりも簡単に作ることが出来た。
posted by 乾口達司 at 00:43| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

木津川市の相楽神社。

20090420-1.bmp

相楽神社(京都府木津川市相楽清水1)に立ち寄った。近鉄山田川駅を下車。線路を渡って山田川沿いを東へ7、8分歩くと対岸前方にこんもりとした鎮守の杜が見えて来る。相楽神社である。祭神は足仲彦命・気長足姫命・誉田別命。延喜式内社で古くは八幡宮と称したという。相楽神社には中世以来の宮座行事がよく残っている。なかでも、正月に執りおこなわれる一連の行事はつとに有名である。1月14日深夜には「豆焼」と「粥占」がおこなわれる。翌15日には「御田」が執りおこなわれる。2月1日は「餅花」の日である。「餅花」は「豆焼」や「御田」などとともに府の無形民俗文化財に指定されている。「餅花」の日に何度か訪れたことがある。当日は午後1時より拝殿にて神事が執り行われる。本殿に供物が奉納された後、たくさんの餅花が吊るされた拝殿において巫女が神楽を舞う。終了後、餅花は氏子らに分配されるため、拝殿から取り外される。餅花の造りは松葉形に削った竹串に数個ずつ刺し、さらにそれら一本一本をヒョウタン型に編んだワラに粘土を詰めた「ションマラ」につき刺している。上から1つ目の餅の表面には食紅で「×」マークがつけられている。2つ目には軽くマークがほどこされている。宮司に「×」マークの由来について訊ねてみた。「単なる飾りでしょうな」との回答だった。本殿(国重文)は丹塗りの三間社流造・檜皮葺。室町時代初期の建築と考えられている。組物は出三斗、中備は母屋と庇正面に蟇股、妻側に大斗花肘木を置く。母屋の蟇股は左右対称の図案的な彫刻で藤唐草の透彫り。母屋正面鴨居上の欄間彫刻は金網で保護されて拝見しづらい。虹梁大瓶束笈形、中備大斗花肘木よりなる見事な妻架構にも注目したい。本殿の南側には一間社春日造・檜皮葺の末社・若宮神社本殿(府指定重要文化財/室町後期)が位置している。
タグ:神社 行事
posted by 乾口達司 at 21:24| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

自家製梅酒。

20090419-1.bmp

今日は午前6時に起床した。仕事の研修会で朝から梅田まで出向いた。研修会はお昼過ぎに終わった。途中、某所で昼食をとり、自宅へ帰ってからは雑務をこなした。夕方、自宅から歩いて実家まで向かった。今日は一日良く動いたものだ。おかげでくたくたである。今夜は自家製の梅酒を呑みながらくつろいだ。梅酒作りに挑戦したのは昨年の5月後半であっただろうか。あるいは6月に入った頃だったか。きっかけはたまたま店先に青梅が並んでいるのを目にしたことによる。作り方はいたって簡単。消毒した青梅のホシの部分を一つずつ取り除き、氷砂糖と焼酎を保存ビンに流し込んで熟成させるだけである。保存ビンに入れてからかれこれ1年近くになる。そのせいだろう。いまではコクのある味わいに仕上がっている。梅酒はロックで呑むのが一番である。今夜もロックで堪能した。
タグ:梅酒
posted by 乾口達司 at 23:33| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

奈良町で一杯。

20090418-3.bmp

昨夜は奈良町で呑んだ。奈良町で呑もう。小学校の同窓生I嬢から召集を受けたのは一昨日のことだった。訪れたのはいつもの“seve”(奈良市西寺林町19-1)である。メンバーはI嬢+マリンバ奏者M嬢+ピアニストF嬢+私である。白からはじまり赤へ流れた。結局、ボトルを3本空けたのではなかったか。マスターおススメの“LA NINE”という赤が特に美味しかった。いつものようにくだらない話に興じた。I嬢たちに、先日、訪れたつやま自然のふしぎ館の素晴らしさをさかんに吹聴しておいた。店を出たのは午後11時半前のこと。F嬢は何とか終電に間に合ったようである。次回はお忍びで訪れよう。
posted by 乾口達司 at 22:27| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホルモンうどん。

20090418-2.bmp

美作市の長福寺。→こちら
湯郷温泉“かつらぎ”→こちら
鶴山公園とつやま自然のふしぎ館。→こちら
久米郡美咲町の亀甲駅。→こちら

今回の旅でもっとも印象に残った食べ物はホルモンうどんである。いわゆる鉄板の上で焼いた「焼きうどん」の一種である。具として牛のホルモンが入っているところにホルモンうどんの特長がある。津山市内には数多くの店舗が存在しているようである。近頃は津山ホルモンうどん研究会という組織が結成されてホルモンうどんを全国区にのし上げようと奮闘している。今回、立ち寄ったのは“たこ吉”(津山市小田中2191-1)である。 ホルモンと焼きうどんとが絶妙にマッチしている。こちらのタレは味噌をベースにした自家製であるとのこと。長ネギもふんだんに取り入れられており美味しい。大満足である。ビールのあてに欠かせない逸品である。今度は自宅でチャレンジしてみようと思った。
posted by 乾口達司 at 22:08| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久米郡美咲町の亀甲駅。

20090418-1.bmp

美作市の長福寺。→こちら
湯郷温泉“かつらぎ”→こちら
鶴山公園とつやま自然のふしぎ館。→こちら

JR亀甲駅は久米郡美咲町にある。駅そのものはどこにでもあるひなびた田舎の駅である。しかし、亀甲駅ならではの特長は御覧のとおり駅舎を巨大な亀に模したところにある。良く見ると、眼の部分には丸い時計がはめこまれている。まったくもって変な形の駅舎である。しかし、事前につやま自然のふしぎ館(津山科学教育博物館)の強烈な世界を堪能して来た私には亀甲駅の外観はさほどショッキングなものではなかった。むしろ「亀甲駅」という名称から亀をかたどった駅舎を作ることしか思い浮かばなかった企画者の発想の陳腐さに苦笑するしかなかった。どういった経緯で現在の駅舎が設計・建造されたのか、私は知らない。誰がこのような企画を提案したのかもまったくわからない。あるいは地元の有力者であろうか。しかし、亀甲駅という名前だから亀の形の駅舎で良いだろう、という安易な発想はいただけない。その提案に誰かストップをかけるものはいなかったのであろうか。そんなことに思いをめぐらせていると、眼の部分に時計をはめ込まれた亀の駅舎が何とも哀れなものに見えて来た。
タグ:亀甲駅
posted by 乾口達司 at 21:49| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

鶴山公園とつやま自然のふしぎ館。

20090416-1.bmp

美作市の長福寺。→こちら
湯郷温泉“かつらぎ”→こちら

鶴山公園(津山城跡)は西日本有数の桜の名所である。かねてより見物したいと思っていた。今回、念願が叶った。満開を過ぎて葉桜になりかけているものが多く見られた。しかし、それでも充分に満足である。鶴山公園といえば、もう一つ忘れてならないのはつやま自然のふしぎ館(津山科学教育博物館)である。こちらも見学したいと熱望していたスポットである。世界の珍奇動物や希少動物のほかにも化石や鉱石、貝類、蝶、カブトムシなどさまざまな標本22000点が所狭しと展示されている。魚をくわえ込んだまま窒息死してしまったオオサンショウウオや胎児のホルマリン漬け、目が一つしかない奇形のブタの標本なども展示されている。そればかりではない。驚くべきは当館の創立者である森本慶三氏の脳や肺、心臓といった内蔵のホルマリン漬けまで展示品として陳列されているのである。展示品を蒐集する主体までも展示品の一部として組み込まれているというメビウスの帯のような世界に激しい眩暈をおぼえた。ある意味、究極の博物館であるといって良かろう。これほどまでにジャンルが多岐にわたっていると、この人はいったい何を蒐集・展示したかったのか、頭を抱え込んでしまう。氏はクリスチャンで内村鑑三の弟子であったという。世界のあらゆる生き物を片っ端から蒐集した氏の頭の片隅にはひょっとすると旧約聖書に描かれた「ノアの箱舟」の逸話があったのかも知れない。実際、氏が蒐集した動物のなかには、いまでは絶滅の危機に瀕しているものも多いのである。館内も氏の多岐にわたる関心領域を表しているかのように複雑に入り組んでいる。さながら博物学の迷宮に迷い込んだかのようである。風呂屋のペンキ絵を思わせるキッチュなジオラマ風の背景画に彩られた薄暗い展示室を歩いてゆくと、自分がいったいどこにいるのか、次第にわからなくなる。ガラスの向こうには自分の背丈よりもはるかに巨大なヘラジカやジャコウウシ、ホッキョクグマ、ゾウアザラシなどの剥製が屹立してこちらを見下ろしている。自分がどこを歩いているのかわからないという不安と相俟って、その生々しい姿に恐怖さえおぼえたものだ。深夜、館内に一人取り残されたら、頭がおかしくなってしまうのではないか。そう感じさせるほど不気味な非日常的空間である。吐き気をもよおしそうになるのをこらえて何とか館内を一巡した。つやま自然のふしぎ館はおススメのスポットである。
タグ:博物館 津山
posted by 乾口達司 at 00:43| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

湯郷温泉“かつらぎ”

美作市の長福寺。→こちら

長福寺を後にして向かったのは美作三湯の一つ・湯郷温泉である。この日は湯郷温泉に宿泊した。宿泊したのは“かつらぎ”(美作市湯郷800)である。何年か前に改装されたのであろうか。和風モダンのオシャレな宿である。夕食は掘り炬燵式の食事処で鴨鍋を食した。午後9時からはロビーでピアノの生演奏が繰り広げられていた。演奏終了後、館内の一角に隠れ家風に設けられた梅酒バーSAMOURAIで各種の梅酒を呑んだ。奈良の梅酒が幾つか取り揃えられているのには驚いた。いつかまた訪れたい宿である。
タグ:温泉 美作 梅酒
posted by 乾口達司 at 23:43| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美作市の長福寺。

20090414-1.bmp

長福寺(美作市真神414)を訪れたのは夕方だった。国道374号線を北上。福本の交差点を右折して川沿いにしばらく進むと前方に丹塗の塔が見えて来る。長福寺が所蔵する三重塔(国重文)である。高さは約22メートル。弘安8年(1285)の建立で大工棟梁・藤原国右衛門尉の手による現存する岡山県内最古の木造建造物である。寺伝によると、長福寺は孝謙天皇の勅願によって鑑真を開基として開かれた。もとは真木山の山頂にあり、盛時には60あまりの坊が建っていた。しかし、その後、衰退。昭和3年、三重塔を残して現在の神田の地に移転して来たという。三重塔の移築はそれよりも遅れて昭和26年5月5日のことだった。本尊の木造十一面観世音菩薩立像(国重文)の拝観は残念ながら叶わなかった。
タグ:美作
posted by 乾口達司 at 23:21| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

もう一つの街へ。

先週のいまごろは名古屋の妹宅に滞在していた。帰宅したのは今週の月曜日だった。そして、早くももう一つの旅がはじまる。明日は早朝から出発。今回は桜前線と逆行するように西へと向かう。見知らぬ街でどんな出会いがあるのだろうか。桜はもう散っている頃だろうか。それともまだ咲きはじめたばかりだろうか。あたたかい陽射しがふりそそぐ春の恵みを満喫しながらもう一つの春を探しに僕は出掛けるよ。
タグ:
posted by 乾口達司 at 21:49| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

佐保川の夜桜。

20090409-1.bmp

佐保川の夜桜見物に出掛けた。近鉄奈良駅からぶらぶらと船橋商店街を北へ向かった。長慶橋のたもとから佐保川沿いに歩いてゆく。川の両岸にはたくさんの桜が植えられている。そのうちの何本かはライトアップされている。夜の闇にライトアップされた桜が浮かび上がる。川の水面にも桜が反射している。夜の桜は何とも艶かしい。その艶かしさに魅せられた大勢の見物客であたりは賑わっていた。
タグ:
posted by 乾口達司 at 23:49| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

名古屋で夕食。

20090408-1.bmp

名古屋へ1→こちら
名古屋へ2→こちら
名古屋で昼食。→こちら

名古屋滞在の最終日(4月6日)は夕刻に妹宅を後にした。往路と同様、復路も高速バスを利用した。バスの乗車時間まで少し間があった。奈良に到着するのは夜の9時過ぎになる。夕食をとってからバスに乗り込もう。そう思った。JR名古屋駅の上のJRセントラルタワーズ12階・13階のレストラン街をぶらついた。たまたま目に入ったラーメン屋に飛び込んだ。“江南”(名古屋市中村区名駅1-1-4JRセントラルタワーズ13F)である。塩柳麺と炙り叉焼を注文した。スープはあっさりした味で麺は細麺。これはかなり美味しい。あっさり味と細麺という組み合わせもあっていささか物足りなく感じないわけではない。しかし、連日連夜の暴飲暴食にくたびれた胃袋にはちょうど良い分量だった。今度は別の一品料理も食べてみたいものである。おかげで店でくつろいでしまった。バスの時間に遅れそうである。高速バスの乗車場所までは珍しく駆け足だった。
posted by 乾口達司 at 23:39| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

名古屋で昼食。

20090407-1.bmp

名古屋へ1→こちら
名古屋へ2→こちら

名古屋滞在中はさまざまなものを食べた。妹の家では妹一家とすき焼き・焼肉・たこ焼きを食べた。外食にも何度か出掛けた。“シャンテーコジマ”(名古屋市天白区中平1-701)はそのうちの一軒である。こちらの目玉は午後0時までのモーニング。モーニングを注文すると店員がたくさんのパンがのった皿を運んで来る。パンを平らげると追加のパンを注文することが出来る。すなわち、モーニングにはパン食べ放題のサービスが付いている。おかげでたらふく食べてしまった。シュンやユウもパンに必死にかぶりついていた。名古屋のモーニングは豪華である。話には聞いていた。しかし、パンの食べ放題まであるとは知らなかった。名古屋の食文化はなかなか奥深い。
タグ:名古屋 パン
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

名古屋へ2

20090406-2.bmp

名古屋へ1→こちら

名古屋には3日の夕刻から6日の午後まで滞在した。滞在中、周辺のショッピングセンターへ妹一家と偵察に出掛けたり、愛知万博の跡地を見学に行ったりした。5日はシュンと2人で猪高緑地を縦走した。名東区と長久手町の境界線上を南北に横たわる里山である。周囲は住宅地で埋め尽くされている。それだけにこのあたりでは貴重な緑地である。緑地内に一歩足を踏み入れるとそれまでの景色が一変する。先ほどまで住宅地であったのが嘘のように鬱蒼とした雑木林が続く。主軸となる遊歩道は丘陵の尾根筋を走っているのであろう。アップダウンも多い。想像以上に魅力的な緑地である。夏になったらカブトムシもたくさん獲れるだろうね。シュンはそういって喜んでいた。
タグ:名古屋 緑地
posted by 乾口達司 at 23:30| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋へ1

20090406-1.bmp

妹一家が名古屋に転居をした。新居拝見がてら名古屋へ向かったのは3日の午後だった。今回は奈良交通の高速バスを利用した。妹一家のマンションに到着したのは午後6時半頃だった。住居は先月まで住んでいた埼玉のアパートよりも敷地面積が格段に広い。眺望も素晴らしい。甥っ子のシュンは埼玉の親友たちと離れて孤独感を噛み締めているのかと思いきや、転居してまだ1週間足らずだというのにもう遊び友だちが出来たようだ。妹一家の住む地区は転勤族が多いという。そのせいであろう。新たに新居して来た家族や子どもたちをあたたかく迎え入れる体制が住民同士のあいだで出来上がっているようだ。良いところに新居を見つけたものである。写真はシュンが作った『恐竜と富士山』。ステンドグラス風の仕組みで作られている。窓から差し込む朝陽によって美しく輝いていた。
タグ:名古屋
posted by 乾口達司 at 23:13| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

サクラガサイタ。

20090402-1.bmp

サイタサイタサクラガサイタ。マダマダツボミモオオイケドマモナクマンカイニナルダロウ。モウスグキミノスムマチヘデカケテユクヨ。サイタサイタサクラガサイタ。
タグ:
posted by 乾口達司 at 23:58| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする