2021年04月23日

懐かしい人よ

お元気ですか?誕生日おめでとう。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月22日

河内長野市の塚穴古墳

FJ3140450001.jpg

喜神菜館の駐車場の脇に、土盛りがあった。立てかけられている説明版によると、塚穴古墳という名の古墳のようである。残念ながら、横穴式石室の内部には土が詰め込まれ、立ち入ることが出来なくなっている。大坂城築城の際、石室は石材として利用するために解体されようとしたものの、疫病が流行したため、元に戻されたという。いわば、一度、解体されかけた後、古墳の形に復元された「古墳」のようである。その意味ではなかなか珍しい古墳である。周囲の現代的な景観とのギャップもシュールである。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

河内長野で昼食

2021-04-18-18-22-52-173.jpg

久し振りの河内長野である。観心寺を散策する前に立ち寄ったのは“喜神菜館”河内長野店(河内長野市上原西19-27)。ランチメニューの石焼陳麻婆豆腐定食が美味しかった。河内長野に寄ったら、また行きたい。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月19日

観心寺のシャガ

FJ3140490001.jpg

観心寺の境内を散策していた折、シャガの群生を目撃。シャガは私の好きな花である。早速、撮影。霊宝館の前ではボタンも咲いていた。そういえば、もうすぐ5月である。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

観心寺・如意輪観音菩薩像御開帳

FJ3140470001.jpg

FJ3140480001.jpg

河内長野の観心寺へ。4月17日・18日は国宝の本尊・如意輪観音菩薩像の御開帳日である。20年振りくらいの拝観であろうか。COVID-19蔓延防止対策の一環として、今年は拝観時間と拝観人数の制限がおこなわれており、午前11時に到着した私が指定された如意輪観音菩薩像の拝観時間は午後1時半からの回であった。拝観までに2時間半ある。そのあいだに昼食を済ませ、境内を散策した。興味深かったのは、前回同様、やはり建掛塔である。これはまことに珍しい建造物である。ほかにも、星塚をぐるりとまわった。昨日の大雨のせいか、足元が悪かった。霊宝館の諸仏は見応えがあった。もちろん、如意輪観音菩薩像は素晴らしかった。予定では、観心寺の後は天野山金剛寺に足を運ぶ予定であった。しかし、金剛寺までまわると帰宅時間が遅くなる上、数年前、すでに拝観しているので、今回は見合わせた。帰宅途中から大雨に見舞われた。拝観時、雨にたたられなくて本当に良かった。
posted by 乾口達司 at 18:19| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月17日

土曜日出勤

本日は年に数回ある土曜日出勤。先日・前々日に頑張ったため、いつもよりも早めに仕事を終えられた。しかし、疲れた。珍しく、どこにも立ち寄らずに帰宅。今夜はこれからゆっくり酒を飲もう。
posted by 乾口達司 at 20:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月16日

丹後旅行(智恩寺)

FJ3140320001.jpg

FJ3140330001.jpg

日本三文殊のひとつである智恩寺にも参拝した。夕刻迫る閉門後に参拝したため、知恵の餅を売る四軒茶屋も閉店していた。翌朝、ふたたび参拝。昔は関心のなかった宝篋印塔や地蔵石仏に惹かれた。知恵の餅もいただいた。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月14日

丹後旅行(天橋立・飛龍観)

FJ3140310001.jpg

翌日は飛龍観(天橋立ビューランド)から天橋立を見下ろした。天橋立には何度も訪れている。しかし、飛龍観の側から眺めるのははじめてである。来訪者も少なく、ゆっくり眺めることが出来た。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月12日

広陵町で昼食

bbb.jpg

“金峰閣“(奈良県北葛城郡広陵町寺戸12-4)でランチ。私は天津飯セットをいただいた。美味しかった。ただ、その一言しかない。広陵町を訪れたら、また行こう。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

斑鳩町の中宮寺跡

aaa.jpg

外出のついでに、先年、整備が完了した斑鳩町の中宮寺跡にはじめて立ち寄る。現在、中宮寺は法隆寺東院に隣接した地にあるが、創建当時はここにあったという。広い敷地に基壇を設け、塔跡や金堂の跡地が礎石の配置によって示されている。良いお天気であった。上空を飛行機が飛ぶ。1時間ほどくつろいだ。
posted by 乾口達司 at 18:50| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

守山で昼食

yama.jpg

今年はじめての滋賀県へ。したがって、守山市付近におもむくといつも立ち寄る“山さんラーメン”(守山市古高町622-4)を訪れるのも、今年はじめてであった。相変わらず、美味しいラーメンをいただく。チャーハンも絶品。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月09日

丹後旅行(天橋立・笠松公園)

FJ3140170001.jpg

丹後半島でもっとも良く知られた名所といえば、天橋立である。丹後半島を訪れるたびに足を運んでいるところである。もちろん、今回も訪れた。初日は笠松公園から見下ろした。桜が咲いており、美しかった。私にしては珍しく記念写真も撮影した。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月08日

丹後旅行(大渋滞)

今回は車で丹後半島をまわった。したがって、奈良から車で出発したが、出発早々、城陽付近で大渋滞に巻き込まれた。浅知恵を働かせて別の道を進んだが、そこは行き止まりであった。結局、1時間ほど渋滞に巻き込まれ、ようやく京都縦貫道に乗ることが出来た。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月07日

丹後旅行(出発)

前日は早めに帰宅。旅支度をして就寝。いつもよりも早く起床し、出発する。行き先は丹後半島である。丹後半島まで足をのばすのは、35、6年振りであろうか。いつもの旅よりも楽しみである。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月06日

繁忙期突入

今日から繁忙期に入る。4月の下旬まで忙しい日が続く。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☔| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

無事帰宅

舞鶴・天橋立・丹後半島をめぐって来ました。久し振りに成相寺も参拝。仏師であった伯父の作品を見せていただきました。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

旅に出ます

探さないでください。
posted by 乾口達司 at 03:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

近鉄奈良で一杯

FJ3140090001.jpg

先日は珍しく近鉄奈良で吞んだ。訪れたのは“奈良の酒蔵全部呑み うまっしゅ”(奈良市東向中町11 八宝マルハチビル1階)。その名のとおり、奈良県にある酒蔵すべての日本酒が吞めるのがウリである。近々また訪れよう。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

佐保川と平城宮跡の桜

FJ3140110001.jpg

土曜日は所要を兼ねて外出。佐保川沿いと平城宮跡の桜を眺める。先週末に行った時よりも開花が進んでいて、満開近し、であった。平城宮跡の方が少し遅いかな?このぶんだと、今週いっぱいは持つだろうか。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

2021年3月のならシネマテーク『慶州(キョンジュ)』鑑賞

FJ3140100001.jpg

なら国際映画祭の主催による今月のならシネマテーク上映作品は『慶州(キョンジュ)』。COVID-19の流行阻止を目的とした緊急事態宣言の発出にともない、当初、予定されていた昨年3月の上映禁止から1年、ようやく公開されることとなった。一昨年、慶州を訪れたこともあり、会場となるホテル尾花へと足を運ぶ。かつては映画館であったとはいえ、現在はホテルであるため、上映室はホテルの一室を借りておこなわれている。したがって、自分よりも前に座っている観客の頭部が邪魔になって、上映中、字幕を読むのがつらかった。もう少しスクリーンを上にあげても良かったのではないか。『慶州(キョンジュ)』はまことに気持ちの悪い映画であった。決して好きな部類に入る映画ではないが、さまざまな記号が緻密に配置され、実に丹念に作り込まれていると思った。登場人物に感情移入をさせまいとする監督の強固な意志も明快である。ジョイスの『ユリシーズ』を連想させる主人公の彷徨が、エロスとタナトスの饗宴を喚起する。それにともない、映像からは何ともいいようのない不気味さ、いやらしさ、不可解さが生々しく伝わって来る。果たして、そこに生者はいるのか。主人公もふくめて彼らはすでにこの世の存在ではないのではないか。慶州という古都を死者の街として異化しようとする監督の意志が如実に伝わって来る作品である。最近、「聖地巡礼」を目論み、映画で街おこしをはかろうとする動きが見られるが、この作品で街おこしはとても無理だろう。何しろ、慶州は死者の街であり、生者を拒絶するトポスとしてとらえられているのだから。作中で繰り返し登場する観光案内所や古墳は懐かしかった。また行ってみたい、慶州。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月23日

2021年3月のならシネマテーク「慶州(キョンジュ)」(なら国際映画祭)

2021年3月のならシネマテーク「慶州(キョンジュ)」

愛を捨て、愛を亡くし、夢の淵へ・・・・・・。
2021年3月のならシネマテークは、韓国、古墳の街、慶州〈キョンジュ〉を舞台にした作品をお送りします。

慶州(キョンジュ)
韓国、古墳の街、慶州〈キョンジュ〉。この地を訪れた男・ヒョンと、そこに住む女・ユニ。韓国映画界を代表する名優、パク・ヘイルと、演技派に成長したスター、シン・ミナが演じる男と女が出逢ったとき、時を越えて消えたものがふたりを強く結びつける。そして、いつか見た、生と死の間に、その哀しみが熔けていくーー。監督は、今年のベルリン映画祭で最新作「福岡」が上映されたチャン・リュル。初期作品「キムチを売る女」がカンヌ映画祭で受賞して以来、発表した作品「春の夢」「群山」など常に世界の映画祭で注目を集めてきた。日本では知られざる、世界の名匠だ。本作「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」は、チャン・リュルがこれまでと違う次元に入ったターニングポイントとなる一作。ここからチャン・リュルの新しい世界がはじまる。映像で、人の心を書く、映画作家の美しい傑作である。

監督:チャン・リュル
韓国|2014年|145分|配給​A PEOPLE CINEMA|原題​Gyeongju

キャスト
パク・ヘイル|シン・ミナ|ユン・ジンソ

【日時】
3月26日(金)…11:00〜/14:00〜/17:00〜
3月27日(土)…11:00〜/14:00〜/17:00〜
3月28日(日)…11:00〜/14:00〜

【場所】
尾花座(ホテル尾花内)
(奈良市高畑町1110)
※シネマテーク用の駐車場はございません。

【アクセス】
近鉄奈良駅2、3番出口から徒歩11分

【作品】
「慶州」

【料金】
当日券 一般1,000円
奈良市民・奈良市内勤務・60歳以上・学生・*ハンディキャップ
(*の同伴の方一名様まで同額)割引として500円
上映一時間前より当日券販売(先着順)

各回入替制

前売り券:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01hwpbubwkb11.html
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☔| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月22日

散り際のシモクレン

FJ3140060001.jpg

某所でシモクレン(紫木蓮)を目にする。散り際だけに紫色の花弁が大きく反り返っている。どこかしら異様に感じられるのは、私だけだろうか。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☔| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

和泉中央で昼食

sanra.jpg

招待券をもらったため、久保惣まで出掛ける。ついでに久保惣の向かいにある“黒龍苑”(大阪府和泉市内田町4-2-5)で昼食。今回は酸辣湯麺を注文。美味しかった。食べているうちに汗が噴き出した。
posted by 乾口達司 at 19:03| 奈良 ☔| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

和歌山紀行(鯛と黒牛)

FJ3139480001.jpg

帰宅後、とれとれ市場で買い求めた鯛をつまみにしながら、やはり買い求めた黒牛を吞んだ。黒牛は美味い。鯛は刺身の形に調理をしてもらったので、食べやすかった。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“ハーブクラブ”でテイクアウト

cheese.jpg

カントリーカフェハーブクラブ”(奈良市水間町3020-3)のチーズケーキをいただいた。かれこれ十年ほど前、ここでランチをしたことがある。それ以来のご無沙汰である。チーズケーキはテイクアウトである。今回、はじめていただいたが、堅めの生地で美味しかった。チーズケーキはこういうどっしりした食感のものが好きである。もちろん、一度に食べきれなかったので、翌日もいただいた。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月18日

和歌山紀行(道成寺)

FJ3139470001.jpg

道成寺を訪れたのは、30年振りくらいだろうか。ご住職によるユーモラスな道成寺の絵解きも健在であった。素晴らしい話芸である。久し振りに堪能した。道成寺は仏像の宝庫でもある。もちろん、仏像群も堪能した。写真は安珍塚。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

和歌山紀行(とれとれ市場)

FJ3139440001.jpg

最終日はとれとれ市場に立ち寄る。食事コーナーで寿司などを食べた。まぐろの解体ショーは相変わらず面白い。鯛一匹を買い求めた。調理もしてもらえるので助かる。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月15日

京都でテイクアウト

misterg.jpg

昨日は所用で京都まで出掛ける。帰宅時、“ミスターギョーザ”(京都府京都市南区唐橋高田町42)へ立ち寄り、ギョーザをテイクアウト。帰宅後、特製のみそダレにつけていただいた。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月14日

京都大学大学院文学研究科附属文化遺産学・人文知連携センターシンポジウム『慶州・金冠塚が語りかけるもの』

20210320kumganchong2.jpg

京都大学大学院文学研究科附属文化遺産学・人文知連携センターシンポジウム
慶州・金冠塚が語りかけるもの

1921年10月、植民地支配下の朝鮮・慶州市街の一角で、後に「金冠塚」と命名される古墳から、金冠をはじめとする大量の遺物が発見されました。本シンポジウムでは、京都大学に遺されている当時の調査関連資料を紹介を兼ねて、金冠塚の発見が、当時の人々や現在にいたるまでの考古学的研究にどのような影響を与えてきたのかについて考えます。

日時:2021年3月20日(土)13時30分〜17時30分
     参加無料 定員200名(先着順)
オンライン開催
視聴するためには事前登録が必要です。下記URLよりお申し込みください。
http://bit.do/Ceschi20210320

プログラム
趣旨説明 吉井秀夫
(文学研究科附属文化遺産学・人文知連携センター長)
講演
「植民地慶州、古蹟調査と現地住民―「金冠塚遺物慶州留置運動」を中心に―」
荒木潤(韓国・慶北大学校人文学術院客員研究員)
「京都大学所蔵金冠塚関連資料について」
吉井秀夫
「金冠塚再発掘の成果と課題」
金大煥(韓国・国立中央博物館学芸研究士)
討論
吉井秀夫・荒木潤・金大煥

お問い合わせ:京都大学文学研究科附属文化遺産学・人文知連携センター京大文化遺産調査活用部門
Tel : (075)753-7691
主催:京都大学文学研究科附属文化遺産学・人文知連携センター
posted by 乾口達司 at 18:26| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK-BS『生中継 闇と炎の秘儀 お水取り 〜奈良・東大寺修二会〜』

NHK-BSの「生中継 闇と炎の秘儀 お水取り 〜奈良・東大寺修二会〜」を鑑賞中。COVID-19の流行防止のため、今年のお水取りは観覧不能である。その代わり、上記のライブ映像が放映されたわけである。所用があり、帰宅が遅くなった。したがって、途中から観覧することとなったが、こういう形で拝見する時代が来るとは思わなかった。昔、何度か堂内に入れていただき、最後まで観覧したことがあったが、堂内は確かに暗かった。ダッタンの際の炎に照らされたとき、一瞬だけ堂内は明るくなったものである。ライブ映像もそれくらいの暗さで撮影されていた。予約録画をしているので、見ていない前半部分は、後日、ゆっくり見直そう。

https://www.nhk.jp/p/ts/GGPV3P7ZV4/
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月13日

春雷

昨夜は帰宅途中から猛烈な風が吹きはじめた。雨も強まった。春の嵐、春雷である。春の訪れである。雨は今朝も続いた。散髪に出掛けた折もまだ雨であった。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☔| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月09日

野呂重雄『喪失―哲学のソナタ249章』

norosan.jpg

野呂重雄氏から著書をいただいた。『喪失―哲学のソナタ249章』(西田書店/2021年3月)である。野呂氏とはじめてお会いしてからかれこれ20年近くになるだろうか。ご高齢でありながら、いまなお執筆活動を続けておられることに敬服する。これが野呂氏の考える最新の「小説」であるかと思うと、なかなか興味深い。そのイメージを自分なりに表すと「タフォニ」か?これからゆっくり読ませていただこう。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

木蓮

実家の木蓮が花を咲かせている。今年は寒い冬だったのに、例年よりも開花が早いようだ。しかし、寒かったぶん、花がいつもよりも小さい。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月07日

風邪気味

例年どおり、この時期に風邪をひいた。そのせいで調子がよくない。今日はお家でごろごろ。
posted by 乾口達司 at 08:16| 奈良 ☀| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月05日

“サロンドロワイヤル”のチョコレートセット

FJ3139990001.jpg

バレンタインデーとして、遅ればせながら、チョコレートのセットをいただく。“サロンドロワイヤル”のチョコレート。美味しい。酒のつまみにも良い。ありがとう。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

確定申告書類作成完了

私にとっては、季節の風物詩というべき、確定申告。書類の作成を完了させた。ようやく提出の段階までこぎつけた。まったくやれやれ。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 | Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

もう三月

早くももう三月になった。今年は、コロナのせいで、東大寺二月堂のお水取りもなかなか拝見しづらくなる。もうすぐ春だ。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

某所で一杯

FJ3139960001.jpg

先日は某所で一杯。能勢の酒・秋鹿が出た。秋鹿をいただくのは久し振りである。大阪で一番美味しいお酒だと思う。古酒だったため、ぬる燗にしていただいた。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

リコール署名偽造事件

愛知県知事に対するリコール署名偽造事件は、これまで威勢の良いことを言い続けて来た当事者たちがこの期におよんで尻込みし、なかなか愉快である。そろそろ誰に責任をなすりつけるのか、決まった頃であろうか。普段、勇ましいことをいっている奴こそ、肝心なときになると、すぐに逃げてしまう。役に立たないね。昔から見られる日本の風景。あ、普段は飲み会を絶対に断らないのに、自分の都合が悪くなったらすぐに入院する奴も。
posted by 乾口達司 at 23:02| 奈良 ☁| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山紀行(千畳敷)

FJ3139420001.jpg

前回に引き続き、千畳敷へ。ここはいつ来ても面白い。海底から隆起した断層がさまざまな表情を見せる。大地の躍動を感じる瞬間。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

奈良国立博物館特別陳列『お水取り』

FJ3139980001.jpg

午後から奈良国立博物館へ。招待券をもらったため、特別陳列『お水取り』などを観覧する。「お水取り」展は毎年観覧しているが、展示の規模が縮小傾向にあるようだ。コロナで収益が低下したせいか?今回のお目当ては、先日、展示されたばかりの金峯山寺・仁王門の金剛力士立像。5メートルを超える一対の巨像に圧倒された。こちらの仁王像は、仁王門の修復工事が完了するまでのあいだ、奈良博で拝見出来るはずである。
posted by 乾口達司 at 17:23| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

スーパー銭湯

所用のついでに夕方から某スーパー銭湯へ。今年はじめてのスーパー銭湯である。時間をかけてゆっくりつかった。サウナにも入った。汗をかいて気持ちが良かった。のどが乾いた。これから飲む。
posted by 乾口達司 at 20:45| 奈良 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確定申告

確定申告の準備を続ける。おおよそ清書するところまでこぎつけた。来月のはじめには提出できるだろうか。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 | Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

いろいろ登場

しばらく放置していたら、いつの間にやら、総理大臣の息子とか、飲み会を断らない女とか、原稿すら読めず、側近に喋らせる惚けた幹事長とか、いろいろ出て来て面白くなって来た。あほばかり。
posted by 乾口達司 at 21:53| 奈良 ☁| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

新大宮でテイクアウト

su.jpg

先日は誕生日を口実に新大宮の“ラ・ポーズ”(奈良市芝辻町2-11-6 ホテル葉風泰夢1F)へ。帰宅後、買い求めたシュークリームを食べる。美味しかった。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

本当の誕生日

先日は誕生日。そろそろ人生の折り返し地点を迎えつつある。そう話すと、笑われた。いつまで生きるつもりなんだ、と。とりあえず、誕生日にお祝いのメールをくださった方、フライングでメールをくださった方、どちらもありがとう。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 | Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

花粉症の季節

今日は昼前からお出掛け。あたたかな一日だったが、花粉の飛散がひどい。花粉症の季節到来である。つらい一か月となりそうだ。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 | Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

大和文華館の梅

FJ3139930001.jpg

大和文華館の梅。蝋梅。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☔| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

誕生日

今年も誕生日を間違えられてしまった。
posted by 乾口達司 at 22:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

京都国立近代美術館『分離派建築会100年 建築は芸術か?』

FJ3139950001.jpg

招待券をもらったため、京都国立近代美術館へ。『分離派建築会100年 建築は芸術か?』を鑑賞する。分離派メンバーの作品で少し調べておきたいものがあったため、渡りに船であった。お目当ての図面まで見ることが出来て幸いであった。「建築は芸術か?」。この問い掛け自体は難しい。暖かな一日だった。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☔| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

地震

東日本大震災から間もなく10年を迎える昨夜、東日本を中心に大きな地震があったようだ。私は寝酒を飲んで早くも寝ていたため、地震が発生していたことにはまったく気づかなかった。一度、眠ってしまうと、朝まで起きないということもあり、地震発生の知らせを知ったのは今朝になってからである。原発も心配である。どうかみんな無事でありますように。
posted by 乾口達司 at 09:15| 奈良 ☀| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

和歌山紀行(ナギサビール)

FJ3139390001.jpg

活き造りをつまみながら、地元・白浜の地ビールであるナギサビールをいただく。もちろん、1本で済むわけがない。ナギサビールは、翌日、お土産としても買って帰った。今度、白浜におもむいたら、ナギサビールの工場を見学したいと思っている。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

休日出勤

世の中は公休日である。しかし、こちらはいつものように出勤。朝、最寄りの駅に着くと、人出が少ない。不思議に思っていたところ、ようやく今日が公休日であることを知ったのであった。こんな勘違いはいつものことである。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

和歌山紀行(活き造り)

FJ3139370001.jpg

2泊目の宿泊先はホテルシーモア。前回と同様である。ディナーで出て来たのは活き造り。残酷なような気がする。しかし、美味しかった。南無阿弥陀仏。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

『CATS』鑑賞

昨日は自宅でDVDの映画版『CATS』を鑑賞する。劇団四季の『CATS』ではなく、ロンドン公演版を映像化したものである。『CATS』って猫のやつやっけ?そう質問して呆れられた。私自身も質問している途中で我ながら愚問であることを自覚したものである。当たり前ではないか。犬が出て来ても困惑するだけだ。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月07日

和歌山紀行(白浜エネルギーランド)

FJ3139310001.jpg

今回、はじめて白浜エネルギーランドを訪れた。子どもの頃、しばしば白浜には遊びに行ったものである。しかし、その頃には白浜エネルギーランドはなかった。そういえば、子どもの頃に何度かおもむいたハマブランカはすでになくなっている。さびしい限りである。エネルギーランドは思いのほか楽しめた。
posted by 乾口達司 at 08:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

保険の見直し

先週、保険の見直しをおこなう。これは時間が相当かかった。説明が延々続いてくたびれたものである。そして、思いがけず、今日も窓口におもむくことになった。これは予定外だっただけに、やはり疲れた。窓口のお姉さんは実によくしゃべる。圧倒的である。今日は寝るまでゆっくりしよう。
posted by 乾口達司 at 18:55| 奈良 ☀| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月05日

和歌山紀行(橋杭岩)

FJ3139300001.jpg

橋杭岩は串本を訪れるたびに電車の車窓から眺めていた。しかし、その場で遊んだのは実に久し振りのことである。相変わらず、不思議な眺めである。古代の遺跡。そのようにも見える。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月02日

杉浦圭祐『異地』

FJ3139800001.jpg

先日、杉浦圭祐から第一句集『異地』(現代俳句協会/2021年1月)を頂戴した。まことに喜ばしい限りである。杉浦圭祐と知り合ったのは、私が大学院生のときであったと思う。したがって、知り合ってからかれこれ25年近くになる。以来、私が有志と担当していた雑誌に何度か寄稿していただいた。中上健次についての座談会にも参加していただいた。一方、杉浦圭祐の方もみずからが編集にたずさわっている俳句雑誌をたびたび送ってくれた。その律義さにはいつも感謝していたものである。ここ数日は何かと忙しく、頁をまだパラパラとめくっている程度ではあるが、『異地』という題名が杉浦圭祐の半生を的確にいい表していることは間違いない。たまたま開いたページにあった「用終えて明日が祭の街を去る」という一句には、故郷を離れた「異地」で生きざるを得ない杉浦圭祐の生きざまと哀感の一端が良く表されている。これからゆっくり拝見させていただくつもりである。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

FJ3139850001.jpg

FJ3139830001.jpg

昨日は所用で大阪府の河南町まで出掛ける。お天気が良く、暖かかった。山中では早くも梅が咲いていて、驚いた。先日まで猛烈に寒かったせいだろうか。しかし、良く考えれば、早くも2月である。梅が咲きはじめても不思議ではない季節である。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月30日

新春!けいはんな茂山狂言。

FJ3139810001.jpg

午後から木津川市のけいはんなプラザまで出掛ける。そして、『新春!けいはんな茂山狂言』を鑑賞する。演目は「柿山伏」と「濯ぎ川」。戦後、飯沢匡によって作られた新作の翻案狂言「濯ぎ川」ははじめて拝見したが、愉快な話であった。古典も良いが、狂言の場合、「濯ぎ川」のように西洋の作品からの翻案狂言は明治時代以来の「伝統」としてある。今後はこういった翻案狂言を積極的に鑑賞したいものである。
posted by 乾口達司 at 20:59| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

和歌山紀行(高池の虫喰岩)

FJ3139250001.jpg

高池の虫喰岩の存在を知ったのは、二十年近く前である。父親が和歌山県で民宿をいとなんでいたHから教えてもらったのである。以来、いつか行ってみたいと思っていた。それが今回の旅で実現したのであった。タフォニによって生じた無数の穴が不気味である。しかし、不気味さという点では、高池の虫喰岩におもむく途中に、偶然、見かけた浦神の虫喰岩の方が上回っていた。早速、Hに高池の虫喰岩を訪れたことを報告。しかし、Hは高池の虫喰岩のことを知らなかった。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

有光教一『朝鮮考古学七十五年』

FJ3136650003.jpg

有光教一の『朝鮮考古学七十五年』(昭和堂/2007年2月)を読んだのは、昨年の春先のことであった。もっとも興味深かったのは、考古学者として、当時、植民地にされていた朝鮮半島に渡り、終戦後、日本に帰国するまでの経緯を振り返った前半部分である。同僚が次々に帰国するなか、帰国を許されず、朝鮮の人々に対して文化財の整理・保存や発掘調査のやり方を指南するシーンからは、独立後の朝鮮半島において、有光の存在が如何に大きかったかがうかがえる。一昨年、キョンジュを訪れた折、朝鮮の人々によってはじめて発掘調査がおこなわれたという古墳を見学した。そこにも有光の姿があったようである。そんなことを思い返しながら、本書を読み進めた。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

某所で一杯。

FJ3139680001.jpg

パック寿司の饗宴。たまには良いものである。ごちそうになりました。お酒、美味しかった。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

交野市の星田妙見宮。

FJ3139570001.jpg

かねてより行ってみたかった交野市の星田妙見宮へ出掛ける。平安時代前期、隕石が落下したところであるという。そのせいか、山体がえぐられており、上空から見下ろすと、馬蹄形になっている。「本命星」と「元辰星」それぞれに見合った自分の霊符をいただいた。次回は「太上神仙鎮宅七十二霊符」をいただきたいものである。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

和歌山紀行(ホテル浦島・食事処海つばめ)

FJ3139190001.jpg

FJ3139200001.jpg

今回、ホテル浦島では館内の「食事処海つばめ」で夕食をとった。マグロのかま焼きをはじめ、海の幸、山の幸、その他をいただく。途中から飲みはじめた「店主おまかせ地酒6種盛」で、結構、酔いがまわった。良いお店である。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山紀行(ホテル浦島)

一日目はホテル浦島に宿泊。久し振りのホテル浦島である。忘帰洞や玄武洞といった洞窟温泉のほか、各種の温泉を堪能した。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

和歌山紀行(中定商店のマグロ無人販売所)

FJ3139150001.jpg

中定商店(那智勝浦町)の軒先には、マグロの無人販売所が設置されている。もちろん、新鮮なマグロである。私が買い求めた日は1パック200円という安価であった。早速、2パック買い求める。そして、この日の夜食用にいただいた。マグロの無人販売とは、さすが那智勝浦である。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

和歌山紀行(那智の滝)

FJ3139140001.jpg

熊野那智大社・青岸渡寺に立ち寄る。そして、境内から那智の滝を眺めた。さらに飛瀧神社へ。そこでも那智の滝を見上げた。相変わらず、豪快そのものである。前回、那智の滝を訪れた折には、那智の滝とJR那智駅とのあいだで工事中の箇所が何か所も見られた。2011年に起こった紀伊半島豪雨災害の復旧現場である。しかし、当時、工事中だった現場の大半はすでに復旧工事を終えているようであった。真新しい護岸ブロックなどが見られた。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

雪。

朝、起きると、雪が降っていた。出勤時にはうっすら積もっていたほどである。大阪に出ると、雪は雨に変わっていた。しかし、奈良では、午前中、雪が降り続いたという。奈良では珍しいくらいの降雪・積雪であった。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

緊急事態宣言発出?

先週は関東地方で緊急事態宣言が出された。そして、今週は関西で発出されるのであろうか。まったく迷惑な話である。イソジンを活用すれば大丈夫とわざわざ宣言していた男が、大阪は大丈夫とまで宣言していたみずからの数日前の発言を撤回し、非常事態宣言の発出を要請したという。このように無責任で無能な男を知事として支持しているものが一定数存在し、なおかつ、良く頑張っていると支援するマスコミまでいる地域である。COVID-19の蔓延は自業自得であろう。なぜ、その愚かさに気付かないのであろうか。昔もいまも変わらない日本人。自滅するか。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

初詣の大神神社。

FJ3139650001.jpg

相変わらず、寒い一日だったが、所用で外出。帰りに桜井市の大神神社へ立ち寄る。初詣である。思いのほか、混雑していなかった。
posted by 乾口達司 at 18:39| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

氷柱。

FJ3139630001.jpg

午後から奈良国立博物館へ。すぐ横を流れる水路に氷柱が出来ていた。寒い。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

鶴橋で一杯。

FJ3139520001.jpg

先日は鶴橋の“おいそ”(大阪市生野区鶴橋2-2-20)で会食。マッコリをのみながら、チゲやチャプチェをいただく。2階の座敷でくつろいだ。まだまだ食べたいものがある。また来よう。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

和歌山紀行(徐福公園と徐福寿司)

FJ3139130001.jpg

FJ3139230001.jpg

はじめて新宮を訪れた折、最後に訪れたのが徐福公園であった。こちらも十数年振りの訪問となった。いまから2千年以上も前、秦の始皇帝によって遣わされた徐福が新宮に渡来したのか、本当のところ、皆目不明である。江戸時代になってから捏造された怪しげな「伝説」ではないか。そんな野暮な考えもないではない。しかし、駅前の「徐福寿司」で買い求めた「さんま寿司」は今回も美味しかった。これだけは確かである。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

和歌山紀行(旧西村家住宅)

FJ3139120001.jpg

熊野速玉大社に参拝した後、旧西村家住宅(西村伊作記念館)へ。こちらは十数年振りの訪問である。5年かけて改修工事がなされたせいか、以前、訪問したときに比べて格段に美しくなっていた。伊作のアイデアが随所に取り入れられた内部の構造は相変わらず興味深かった。新宮にはいろいろな人がいる。決して陸の孤島であったわけではない。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

和歌山紀行(出発)

FJ3139090001.jpg

年末年始、所用ついでに和歌山へ。和歌山県ではCOVID-19の蔓延を抑えるための対策がしっかりとられている。やる気のないイソジンが知事を務めているところとは大違い。安心して出掛けられる近隣県である。出発の数日前、吊り革広告にこのような広告が出ていた。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

仕事始め。

昨日から仕事始め。身体が思うように動かず、正月、自分がいかに遊び呆けていたか、あらためて実感をした。その自覚があったため、機嫌も悪かった。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☔| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

ならまちで一杯。

FJ3139600001.jpg

午後、久し振りに“seve”(奈良市西寺林町19-1)へ。通常営業は18時からであるが、それ以前にお邪魔をした。例年は大晦日にうかがうことが多い。しかし、今年は大晦日にうかがえなかったため、今日の訪問と相成った。短い時間であったが、ワインをいただき、歓談。明日から仕事再開である。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

謹賀新年。

FJ3139500001.jpg

今年も宜しくお願いします。
posted by 乾口達司 at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

新年を迎えるにあたって。

COVID-19の蔓延により、今年は思いがけず遠出をすることが出来なかった。他の要因もあって、芳しくない日々も続いた。しかし、それも良い経験である。おかげで、本を読んだり、勉強をしたりする時間を持つことが出来た。年が明けたら、そろそろ論文の制作期間を設定しなければなるまい。来年は今年よりも良き一年でありたいと願う。来年も宜しくお願いします。
posted by 乾口達司 at 08:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

難波で一杯。

FJ3138960001.jpg

FJ3138990001.jpg

難波で会食。寒いので地上を出歩くことを避けるという意図もあって“ビアーズテーブル ケラケラ” (大阪市中央区難波2-1-13 なんばWALK1番街南通り)へ。2か月振りくらいだろうか。普段、他所ではなかなか飲めない珍しいビールをいただけるので、重宝しているお店である。今年の訪問はこれで最後かな。
posted by 乾口達司 at 03:00| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

クリスマスイヴの食事。

ck.jpg

ローストチキン、その他。もちろん、一度に食べきられる分量ではない。細かく切り分けられたチキンは、当然、今日の弁当箱にも入っている。
posted by 乾口達司 at 07:30| 奈良 ☁| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

すき焼き(ふるさと納税返礼品)

furu.jpg

ふるさと納税のお返しとして、牛肉の赤身とバラ肉1.8キロをいただきました。この一部ですき焼きを食べました。まだ残っているので、そのうち、もう一度、すき焼きでもしましょう。
posted by 乾口達司 at 08:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

奈良春日野国際フォーラム 甍〜I・RA・KA〜。

FJ3139080001.jpg

FJ3139060001.jpg

昨日は「奈良春日野国際フォーラム 甍〜I・RA・KA〜」で狂言教室の発表会。私は受付および撮影担当であった。受付では自主的に検温測定を担当した。しかし、貸し出された検温機は反応が鈍く、おでこの近くに当てても、一度目は何故か「Lo」と表示される。確かに寒い日であった。外来者のおでこも冷え切っていただろう。大人に比べて、比較的、体温が高いはずの若いミウ(大学生)でかろうじて35.1℃を測定したくらいである。しかし、さすがに「Lo」ばかりではまずかろう。撮影の方は順調であった。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

MBSドキュメンタリー映像'20「御幸森の子どもたち」

MBSドキュメンタリー映像'20「御幸森の子どもたち」
日時:2020年12月20(日)深夜0時50分〜
URL:https://www.mbs.jp/eizou/
posted by 乾口達司 at 18:25| 奈良 ☀| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

大阪市の鷺洲上公園。

FJ3139000001.jpg

FJ3139020001.jpg

鷺洲上公園の公孫樹も落ち葉が目立つようになって来た。枝に残ったままの葉にも元気がない。すべての葉が散るのも時間の問題であろう。本格的な冬到来である。公孫樹の美しかった鷺洲上公園もこれで見納めだろうか。
posted by 乾口達司 at 00:55| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛。

急に寒くなったせいか、腰が痛い。さいわい、激痛というほどではないが、身体の奥からうずくような感じである。気をつけなければ。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

寒い。

火曜日あたりから急に気温が下がり、寒くなった。外に出ると、霙混じりの小雪がちらついているほどであった。奈良では、春日若宮社のおんまつりがとりおこなわれる時期になると、急に寒くなるといわれている。そして、おんまつりが終わると、また暖かくなるともいわれている。今年はまさしくそのとおりのお天気となった。来週はもう少し暖かくなるかな。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

国立民族博物館特別展『先住民の宝』

FJ3138790001.jpg

15日までもよおされていた国立民族博物館特別展『先住民の宝』が終了した。その名のとおり、世界各地の先住民族が伝える展示品と彼らが置かれた現状について解説した企画展示である。アボリジニ、オラン・アスリ、タオ、アーディバーシー、マヤ、サン、ソマリ、サーミなどが展示の対象民族となっており、彼らの歩んだ歴史や現状、彼らの抵抗運動などが実際の展示品ともども詳しく説かれていた。まことに見応えのある企画展であった。しかし、残念なのは、アイヌの企画展示にかかわる部分が、他の展示コーナーとは異なり、他の先住民族について詳しく説かれていたような先住民族としての苦難の歴史や現状についての具体的な解説が見当たらなかったことである。展示品の脇に『ゴールデンカムイ』の原画が添えられており、原画を通して彼らの習俗や文化を学ぶことが出来るようにはなっていた。それはそれで良い。しかし、他の先住民族について紹介した部分の充実振りと比較して、この落差はいったい何だろうか。そのせいか、来館者からの質問に対して学芸員が書面で答える質問コーナーでもアイヌに関する質問はむしろ少なく、それ以外の先住民族について紹介したコーナーについての質問が多かった。アイヌの展示コーナーを目当てに訪れた人の質問も、アイヌ以外の先住民族について紹介した展示コーナーにかかわるものであったくらいである。そこでの収穫は、アイヌ文化の称揚を反日勢力による策謀ではないのか、アイヌを先住民族として規定することはおかしいのではないかという無知蒙昧なバカ極右からの質問について―専門家相手に良くもまあ平気でこんなバカげた質問をするものであると恐れ入る―学芸員が具体的な学説などをもちいてあしらっていたことである。バカ極右の質問はさらしものののように左端にまとめて掲示されており、なかなか愉快であった。しかし、こういうバカをあしらうのであれば、アイヌの過去・現在・未来についてもさらに踏み込んで解説しておくべきではなかっただろうか。『ゴールデンカムイ』の原画を添えたからといって、単に羅列的に展示しているだけでは、現在も続くアイヌに対する差別問題さえ顕在化して来ないではないか。いったいどうした、民博!
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

R・M・アルベレス『現代小説の歴史』

FJ3138840002.jpg

自宅に転がったまま読んでいなかったR・M・アルベレス『現代小説の歴史』(新潮社/1965年)を読みはじめた。読み終えるのに今年いっぱいかかるだろうか。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

実家のネリネ。

FJ3138900001.jpg

この季節なのに、実家でヒガンバナのようなものが咲いている。Hに訊ねると、ネリネではないかという。美しい花である。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

繁忙期。

繁忙期のため、昨日は久し振りの土曜日出勤。その後、酒を飲み、帰宅が夜遅くになった。そのせいか、今日は一日疲れがとれなかった。とれなかったにもかかわらず、所用で外出。仕事も今年はあと2週間を残すばかり。もう一踏ん張り。
posted by 乾口達司 at 18:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

法事。

FJ3138870001.jpg

先日は先人の法事に参列。数珠をいじくっていたら、突然、中通しが切れて、珠が床にちらばってしまった。縁起でもない。仏に叱られることばかりやらかしているからだろう。まったくもって申し訳ない。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 | Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月10日

皇帝ダリア。

FJ3138890001.jpg

庭植えの皇帝ダリアが咲いた。冬到来だなぁ。
posted by 乾口達司 at 07:39| 奈良 | Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

“飛天散華”のお弁当。

hiten.jpg

先日、“飛天散華”(奈良市三条大路1-1-47)のお弁当を注文。お店で食べたことは何度もあるが、テイクアウトははじめてである。美味しくいただいた。お腹もいっぱいになった。満足。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

龍谷ミュージアム企画展『ほとけと神々大集合−岡山・宗教美術の名宝−』

okayama.jpg

招待券をもらったため、先月末、龍谷ミュージアムの企画展『ほとけと神々大集合−岡山・宗教美術の名宝−』を観覧。有名どころの仏像や神像は出ていなかったが、いままで拝見したことのない仏像や神像も多く、じっくり見てまわった。
posted by 乾口達司 at 07:11| 奈良 ☀| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

リンゴのパウンドケーキ。

ein.jpg

リンゴ酒としてつけていたリンゴの切り身をどのようにつかうか、考える。そして、リンゴの切り身入りのバウンドケーキを作ってみた。写真はその出来上がり。切り身はアルコール度数が思いのほか高かった。砂糖を入れて甘く煮詰めてから使えば良かったか。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 | Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

散髪。

5か月ぶりの散髪。伸び放題の髪を切った。ザマミロ。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

シュトレン。

FJ3138810001.jpg

この季節になると、毎年買い求めるのが、シュトレンである。今年も購入。年末までに少しずつ食べていこう。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする